カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

UEEAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1stレグ観戦日記

 

 

こんにちは〜!

今年からUEFAチャンピオンズリーグを見てる

カワタツです。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

そして今月、

 

2020年2月から決勝トーナメントが

始まりました!

 

サッカー知識のない拙い記事ですが、

観戦記を書きたいと思います。

 

 

強豪同士の対決に絞ってDAZNで観戦しました。

 

 

 

 

 

2020年2月19日アトレティコ・マドリードVSリバプール

 

毎度の事ですが朝の5時からの試合でした。

 

「無事に起きれたし、

チャンピオンズリーグ見るか〜!」

 

と思ったら、

 

寒さのせいでPCが充電出来てない😅

 

 

僕はDAZNをPCで見てます。

 

PCを充電しながら再生するのは、

バッテリーに悪そう。

 

なるべくやりたくないんですよね〜。

そしてスペインのアトレティコ・マドリードと、

前回王者・イングランドリバプールの対戦。

どちらも基本ユニフォームは赤のチームでしたが、

この日は白赤と黒だったかな?

 

 

開始早々ホームのアトレティコが先制しました。

 

リバプールが前にボールを運べてない感もあり、

途中、アトレティコがディフェンスのミスをして失点したかと思いきや、

オフサイド

その後はリバプールがずっと攻めててゴールの予感があったんですが、

 

結局アトレティコ

1点を守り切って勝ちました。

 

しかしアトレティコからすれば、

 

勝ったとは言えど、

次のセカンドレグは前回王者のホーム。

 

リバプール相手じゃ、

1点じゃ足りない感じかな?」

 

勝敗はファーストレグとセカンドレグ

(両方のホームで一試合ずつやる)の、

点数を足した数で決められ、

同点の場合はアウェイゴール

大きい方の勝ちとなります。

 

リパブールがホームでもっと点を取る可能性は、

充分にあり得ますよね。

 

負けたけど、

まだリバプールが勝つ可能性は

充分にあるのかも。

 

あとチャンピオンズリーグはツイートせず、

じっくり見てしまいます。

逆に「早朝で眠いし、

無理やりにでもツイートした方がいいか」

と思いました😅

 

セカンドレグは3月12日の5時からの様です。

 

 

 

 

 

 

2月26日チェルシーVSバイエルン・ミュンヘン

 

そして翌週。

イングランドチェルシーと、

ドイツのバイエルン・ミュンヘンの、

またしても強豪対決です。

しかし前日、

またYouTubeのスーツさんの動画を見てたせいか、

あまり寝れませんでした😅

YouTubeで旅動画を見てる - カワタツブログ

 

しかし無事に起きれて良かったです。

アザールが移籍してから、

 

今のチェルシーは、

ジルーやカンテ位しか知ってる選手がいません。

 

監督も現役を引退して、

そんなに間がないランパード

 

「正直、強いの?」

 

っていう感じです。

ユニフォームは好きなんですけどね。

 

決勝トーナメントの強豪同士の対決だと、

ビルドアップを潰し合うのは、

当たり前みたいですね。

どの対戦でもそんな展開になります。

しかし、どちらもよくシュートまで行くので目が離せません。

バイエルンの方は、

ネガティブトランジション

(攻撃から守備への切り替え)

が早いから、

 

深い所でボールを奪われても、

致命傷にならない

 

感がありました。

チェルシージルーのポストプレーが効いている感じ。

 

 

とか、どうでも良い事を思いました。

 

途中ミュラーの惜しいヘッドがありましたが、

 

どちらも点がたくさん入りそうで

全く入らない展開。

 

すると、

 

 

バイエルン可愛い名前のニャブリ

続けて2点を取りました。

 

1点目で完全に均衡が崩れた感。

 

ホームで2点取られたチェルシーは痛い。

 

ジルーが「もう〜!」って顔をしてました。

その後も度々ニャブリが左サイドをブチ抜き

レヴァンドフスキが3点目を取りました。 

 

そのまま試合が終わり、

 

チェルシーアウェイゴールを3つも取られ、

次はアウェイで3点以上取らないといけない。

 

絶望的な状況になりました😅

セカンドレグはは3月19日の5時からですが、

この対決はほぼ勝敗が決してしまったので、

見るかは分かりません。

 

同時刻のバルセロナナポリを見るかも。

 

この日ビダルが退場して次は出場できず、

 

荒ぶるナポリの監督、

現役時代は狂犬と知られたガットゥーゾ

 

面白そうです。

 

 

 

 

 

 

2月27日レアル・マドリードVSマンチェスター・シティ

 

チェルシーバイエルンと続けて、

2日連続朝5時起き視聴になりました。

というのも、

 

レアルとシティの

決勝トーナメント一回戦最大のビッグマッチ。

 

「たくさんの人が見るのでは?盛り上がりそう」と思いましたが、

TLはそうでもなかったです(笑)

 

レアルの試合はグループリーグが、

フランスの強豪パリ・サンジェルマンと同組だった事もあり、

よく見ていたのですがモドリッチイスコを久々に見ました。

期待の若手ヴィニシウスも先発。

 

 

最初の10分は試合に集中できません😅

でも追っておかないとリアルタイムのツイートを読めない😅

 

珍しくレアルが前線から

ゴールキーパーにマンツーマンとか、

前からグイグイプレスに来るのを見ました。

ただ逆に攻撃に転じるのがイマイチな気もしました。

しかし後半途中までなかなか点が入らず、

 

「まさか、この組み合わせで、

このままスコアレスで終わる展開?」

 

と思いましたが、

 

 

イスコが押し込みました。

 

僕はシティ優勢と思ってたので、

意外でした。

このままホームのレアルが勝ちそうな雰囲気でしたが、

その後、

 

シティはスターリングを投入。

 

流れが変わりました。

 

 

デ・ブライネのクロスから、

ジェズスがヘッドを決めて追い付きました。

 

全く中の味方を見ずに

クロスを上げた様に見えて驚き。

 

さらに、そのすぐ後、

 

 

レアル、確かカゼミーロ?か誰かが

ペナルティエリア内でファウル。

 

マンチェスター・シティPKが与えられました。

蹴るのはデ・ブライネ

 

 

さらに、

 

 

なんとセルヒオ・ラモスが決定機を

ファウルで阻止、

一発レッドで退場!

 

セカンドレグには出場できません。

 

アウェイゴールを2つ取られたレアル

とっては痛すぎます。

 

 

2018年W杯前の決勝リバプール戦で、

結構ひどいファウルでモハメド・サラーを怪我させてますので…😅

 

後半残り20分位から一気にシティのペースになってきました。

その少し前まで「スコアレスで終わるかも」と思ってた位なのに。

そしてこのまま試合は終わり、

 

レアルは2ndレグ、アウェイで

2点差付けないと勝てない。

しかもセルヒオ・ラモス抜き。

 

厳しいですね。

まあ僕はどっちかというとシティ寄りなんで良いですが。

この組み合わせのセカンドレグは、

3月18日の5時から行われる様です。

 

 

 

 

 

と、そんな感じで観戦記をまとめてみましたが、

やはり拙いですかね〜?😅

 

まあ折角チャンピオンズリーグを見ているのだから、

日記程度の記事でも書かないと勿体ない。

 

そんな気分で書いてます。

検索はもっとサッカー詳しい人が書いた記事に集まるんだろうな〜。

 

セカンドレグ、チェルシー

レアルはかなりヤバい!

 

それでは今日はこの辺で!

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村