カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

Nulbarichライブ20190410@ZEPP OSAKA BAYSIDE

 

 

 

こんにちは〜。

これを書いている当日、3本目の記事です。

 

ちょっと疲れました…😅

 

それはともかく一応この記事の続きです↓

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

「ライブの事だけ知りたい!」

という人には興味が無いかもしれませんが…😅

 

今回の旅行はこのライブに行く事が決まって日程を決めました。

 

「4月10日の夜にライブ行くから、

昼間に伏見、翌日翌々日で奈良に行くか」

 

という感じ。

 

一応言っておきますと、このライブは、

 

2019年4月10日、

ZEPP OSAKA BAYSIDEでの、

Nulbarichのライブの事を書いています。

 

 

 

 

 

 

 

桜島に着くまで何してた?

 

丹羽橋から京阪特急で一気に京橋まで戻ってくると、

案外早く着けて時間が余りました😅

 

 

京橋駅前のカフェで時間を潰しました。

眠かったです。

 

ライブのある桜島は、

サマソニシャトルバスに乗ってた頃に何回か行きましたが、

何も無い所なのですぐ行くには早い。

 

「コーヒーだけでなくお酒も飲もうかな〜?」とか、

「予約してある難波のホテルに荷物置いてこようか?」とか思ってましたが、

時間が微妙で桜島に向かう事に。

 

環状線で京橋から西九条、乗り換えて桜島へ。

 

大阪駅を素通りする事って珍しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ZEPP OSAKA BAYSIDEに着いてからライブ開演までは?

 

桜島へ着くと、なかなか人が多かったです。 

 

 

よく考えたら、

 

ZEPP OSAKA BAYSIDEって、

ゼップなんですよねえ。

大箱。

 

当たり前の事を言ってる様ですが、

最近大阪にライブで来ても大きい箱に行くことがなく、

なんだか意外でした。

 

人多く、そして年齢層高い。

 

ZEPP OSAKA BAYSIDEはスタンディング時、

2801人収容できるそうです。

 

ちなみにNulbarichのライブはちょうど一年ぶり。

この時は広島で見ました。

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

「入るのに時間かかるかな〜?」と思ってましたが、

よく考えたら僕、

 

去年の12月にはチケット取ってて

整理番号が早かったんです。

 

ちょっと並んだだけで、

すぐ入れました🤗

 

お陰で Tシャツもゲット。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190418173701j:plain

 

服のブランド「DELUXE」とのコラボの様です。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190418174654j:image

 

「Too Much,Too Rich」。

単純に「とてもたくさんで、とても裕福」

という直訳で良い?

皮肉を効かせてる気がしないでも無いですが。

 

 

1時間弱くらい待ち時間がありましたが、

ビール飲んで待ってたら、すぐだった様に感じました。

 

 

グルーヴィーなR&Bがずっと流れてました。

しかし踊ってる人はあまりおらず、

「グルーヴを理解してるファンは、

あまりいないのかな?」という印象。

 

 

人が入ってくるとドリンク売り場に近付けない程に混雑してたので、

二杯目は断念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のNulbarichのライブは?

 

そしてライブが始まりました。

JQの喋りは今日は優しい感じだった気がします。

手拍子は前のライブでJQが、

 

「俺たちのライブにそんなのいらねーから」

 

と言ってたのでしませんでした。

すごくやりたくなるんですが、

 

全曲グルーヴがすごくて、

やるとしたら、

ずっと手を叩いていないといけないでしょう。

 

今回は大箱なのでレーザーの演出がありました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190418173159j:plain

 

「こんなに大箱が生えるバンドになったんだ」と実感。

2月に出た新作「Blank Emvelope」の曲が、

前作の軽快な明るさと違い、

とてもメロウで泣かせてきます。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

↑あまり良い出来の記事ではないんですが、

アルバムの紹介を書いてみたのでよろしければ。

 

このアルバムの楽曲が加わって、

ライブも幅が広がった感。

光の派手な演出に見合った実力を付けてきたのでは。

 

「Silent Wonderland」なんかは最近ずっと聴いてたので、

ルーヴィーで気持ちよく、泣けそう。

 

さらに去年もそうでしたが、ライブになるとロックな印象

ギターをCDに無い様に搔き鳴らしたりして。

 

てかやっぱりこのバンドのギターの音、

B’zっぽいですよね?

松本っぽいですよね?

 

あと 「KISS YOU BACK」が、

メタルっぽい音で始まったのには、

ビックリしました(笑)

 

2時間位、たっぷり演ったでしょうか。

最後は確か「Stop Us Dreaming」。

「僕らが夢見るのを止めるな」。

 

「Yeah,Yeah」の部分を会場全体で。

 

とてもグルーヴィーで、

心地よい空間にいさせてくれました。

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190418173143j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブが終わった後に思った事は?

 

終わった後、「とても良いライブを見たので、

もっと課金せねば」と思い、

 

f:id:tatsuyakawakami:20190418173711j:plain

 

キーホルダー付きオリジナルペットボトル水を買いました。

600円と高いですが、

 

「バンドにお金を落とせる。

それにしばらくホテル泊まりだから、

どうせ飲み物は買わないといけない」

 

と思えました。

ペットボトルは飲み干した後、残念ながら捨てましたが、

キーホルダーは使ってます😎

 

帰りは西九条から、

久々に阪神なんば線に乗ってて難波へ。

インスタにライブに行った写真を上げると、

意外な友達が同じライブに行ってた事が分かりました。

 

こういうのも音楽の楽しさでもある。

 

この日はもう満足し切った感があるのでご飯は牛丼で済ませ、

ホテルにチェックインして難波のスーパー銭湯

太平の湯に行きました。

 

 

 

「朝早かったし早く眠ろう」と思いましたが、

旅先のホテルは居るだけで楽しいもので、

ライブの余韻もあり、なかなか眠れませんでしたね😅

 

さて翌日は奈良に向かいます。

続き↓

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

今日はこの辺で!