カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

MUSEのライブビューイング@イオンシネマ岡山を見て思ったこと

 

 

 7月12日、岡山のイオンシネマMUSEのライブビューイングを見てきました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20180713235341j:plain

 

↑入場した時にもらったポストカード。

 

 

 

 

 

 

 

ライブビューイングって、どんなもの?

 

ライブビューイングって初めてでしたが要は、

 

映画館の大画面と大音量でライブ映像を見る。

 

という感じですね。

 

地元で交通費かからず映画館の料金だけで見れるリーズナブルさ

 

もいいんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

生のライブとの違いは?

 

ただ気になることがあって、

 

映画館とはいえライブを座って見るのは、

ちょっと物足りない。

 

やっぱりライブ映像見てると手を上に上げたり手拍子したり、

ヘドバンしたりモッシュ(はしないか)、ダイブも(MUSEではしないか)、

まあ立って、いろいろやってノリノリになりたいもんですよね。

座ってても手拍子とかは出来ますけど、この時はちょっと問題があって。

実は、

 

客が(多分)20人位しかいなかった…。

 

というわけで、もし立って見るのOKでも、この人数ではノリにくかったかもしれないなあ…😅

 

 

 

 

告知不足で客が少なかった?

 

というか普通に、

 

告知不足じゃない?

 

告知はTwitterとインスタの公式アカウントからだけ。

岡山でMUSEを好きな人が20人ってのは無いと思います。

サマソニ良く行く人は岡山に結構いると思うしなあ。

(いや、よく考えたらサマソニには2006年と2013年の2回しか来てないのか)

 

まあ他にどこの媒体で、地元で告知するかも難しい所でしょうけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブの内容は?

 

ライブに関しては半年前の横浜アリーナとほぼ同じ内容だったので過去記事参照でお願いします。

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

 

横浜アリーナでのライブの前はアルバム「DRONES」があまり好きな感じではなかったんですが、

横浜アリーナで見た後は僕の脳内で開花した様に良く思えました。

このライブビューイングでも、

 

「DEAD INSIDE」は宇宙的な壮大さを持ったメロディ

 

ですごくMUSEらしく、

 

「THE GLOBALIST」は激しい展開から一転、

これまた宇宙的な壮大さでなおかつ、

包み込む様な母性の様な優しさを持った曲。

 

ライブで見るべき曲ですね。

そして「MERCY」では「横浜アリーナの時はマシューがバカ殿みたいな赤いガウン着てたな〜」

とか思い出しました。

横浜アリーナの時と同様に、

 

客席を包み込む紙吹雪で爆発的に感動。

 

あと「DRONES」の曲では無いけれども、

 

「UPRISING」は盛り上がりますね!

 

 

しかしアゲアゲ曲も良いですがオッサンになってきたので、

「THE GLOBALIST」の様な美メロやマシューの美声が効いた曲の方が好きになってる気がします。

またライブがあれば「UNITED STATES OF EURASIA」とか「FEELIN GOOD」とか聞きたい。

 

 

 

 

 

 

結論

 

ライブビューイングも悪くないけど、

生のライブをものすごく見たくなった!!

 

もし今年も来日するなら東京でもどこでも行ってやるよ!

 

ってな気分(笑)

 

てか僕がこんな気分になったんだから、もっと告知して、

たくさんの人に見てもらったら大成功だっただろうに。

 

どうにか出来なかったのか?

 

今日はこんな感じです。

マジでMUSEまたすぐ来日しないかな〜?

それでは今日も読んでくれて、ありがとうございます。