カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

MUSEの過去のアルバムとライブを振り返ってみた

 

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20171102184818j:plain

 

 

 

連休ですね〜。

11月は3連休が2回もありますが、

僕は今日と日曜日は出勤、

(これは自動投稿)

明日は法事。

まあ、お金もないのでいいです。

 

で、11月に入って、

 

MUSE横浜アリーナでのライブ

 

があと10日ほどになってきました。

(お金がないのはこれが理由)

 

(後日追記)

行ってきました。

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでこの記事を書こうと思った?

 

この記事が結構読まれてるみたいなんで。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

 

STARS ONやサマソニもそうでしたがライブとか大きなイベント事って、

 

直前になると関連記事のアクセスが多くなる

 

んですよね。

 

どんな中身になるか調べたい

 

んでしょうね。

逆にライブの感想を後で書いてもすぐには大してアクセスがないです😅

 

というわけでライブがどうなるのか気になる人のために、

MUSEについて知ってることを、

過去のアルバムとライブを中心に書いてみようかと思います。

 

ちなみに過去にこんな記事も書いてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MUSEとの出会いはいつ?

 

僕のMUSEとの出会い。

同じくこのタイミングだった人も多いんじゃないでしょうか?

 

2006年のサマソニ

 

僕が行ったのは大阪ですがMUSEの出番はリンキンパークの前。

R.I.P.チェスター)

トリ前でした。

この時、4枚目の「BLACKHOLES AND REVELATIONS」を、

直前にちょっと聴いた程度で挑んだんですが、

 

ギターの轟音がすごい!

 

曲はあまり分からなかったんですけど、

 

腕を組んで立ってずっと見てしまう。

 

すごくインパクトのあるライブで、

さらにマシューの赤シャツが印象的でした。

 

そして、サマソニが終わった後、

当時出てた残り3枚のアルバム(ハラバルー以外)を全て購入。

幸いすべてブックオフにありました。

今思うと「新品じゃなくてごめんなさい」なんですが😅

アーティストにはお金を入れないとね〜😅

 

そして、ここからアルバムすべてをタイミングごとに軽く紹介します。

 

 

 

 

1st「SHOWBIZ」

 

Showbiz

Showbiz

 

 

ジャケットも素敵ですが実は中身もかなり神秘的ですばらしい1st。

今はライブでやることはないですが、

7曲目の「UNINTENDED」は世界が終わりそうな雰囲気。

2006年サマソニが終わった後このアルバムから聴いたんですが、

 

「何と美しい世界観に豪快で太いギター!

しかも全曲聴ける…!」

 

と思えた1stにして素晴らしいアルバムです。

ただ、この時はまだ

 

RADIOHEADのフォロワー」

 

と呼ばれてたそうです。

その独自の音楽性をまだ確立できてなかったんですね。

 

 

 

 

 

2nd「ORIGIN OF SYMMETRY」

 

Origin of Symmetry

Origin of Symmetry

 

 

シンセ使った曲が多い気が。

 

「NEW BORN」(ピアノから徐々に上がる)

「PLUG IN BABY」(アップテンポ)

「FEELIN GOOD」(カバー?花びらが舞うような美しさ)

 

などの名曲があり、

2曲目の「BLISS」はできればライブ映像で見ていただきたいです。

 

 

 

 

このDVDのライブが最高です!

 

youtu.be

 

YouTubeにもありました😅

グランストンベリーの雰囲気もすごいですよね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3rd 「ABSOLUTION」

 

 

Absolution

Absolution

 

 

このアルバムがMUSEの最高傑作じゃないですか?

「暗黒の中で煌めく美しさ」みたいなのを表現。

 

音的にちょっと暗くて、

精神が病んでる時に聴くのはやめた方が良いですが、

15曲も入ってるのにアルバム1枚通して素晴らしい。

 

昔はメタルっぽく激しい

「Stockholm sydrome」が好きでしたが、

今はグルーヴィーでソウルフルな

「Time is running out」が好きです。

 

 

 

 

 

 

4th 「BLACKHOLES AND REVELATIONS」

 

 

Black Holes & Revelations

Black Holes & Revelations

 

 

 

これも3rdに負けない名盤で、

 

一転して明るく壮大な1枚。

 

1〜7曲目までの流れが素晴らしく、

ライブで要所に必ずやる「KNIGHTS OF CYDNIA」も必聴!

 

重たいギターでファンクをやっている様な

「SUPER MASSSIVE BLACKHOLE」も好きです!

 

 

 

 

 

 

 

 

2007年の単独公演は?

 

その後、2007年の単独公演では、

 2006年のサマソニで一気にファンが付いたか凄まじい盛り上がり。

 

ドラムのドムがショッカーの戦闘員の格好をして登場

 

したのが懐かしいです。

 そして、

 

5th 「THE RESISTANCE」

 

 

ザ・レジスタンス(スペシャル・エディション)

ザ・レジスタンス(スペシャル・エディション)

 

 

 

はクイーンみたいな曲があったり、

長尺の曲が多かったですが宇宙的な壮大さがあります。

 

「United states of Eurasia」は

マシューのピアノが美しく、

全体的に壮大で、

ライブで聴くとすごく良かったんですけど、

やらなくなりましたねえ…。

 

「Uprising」もズコズコ打ち込んで盛り上がります。

 

「They」

「will not」

「forced us」

「They will stop」

「Declayned us」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年大阪城ホールのライブは?

 

そして、このアルバムの後の2010年、

大阪城ホールでの単独公演を観に行きました。

なんと、

 

メンバーが遅刻してくる

 

というハプニング(笑)

しかし一曲目の「UPRISING」でいきなり心を持っていかれました。

「遅刻なんて無かった」みたいなテンション。

光の演出がすごく、

さらにスクリーンでロボットが踊ったりとか映像が映し出されて、

その映像と光、そして音が相まって興奮が高まってきて、

今回も久々にそういうのが観れるのが楽しみです。

ちなみに僕はこの時、

 

友達2人+友達の友達+友達の友達の同僚

 

というメンバーで見てたんですが、

同僚さんが「KNIGHTS OF CYDNIA」で無茶苦茶テンション上がって、

5人で肩組んでグルグル回りました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

6th 「THE 2ND LAW」

 

ザ・セカンド・ロウ~熱力学第二法則【スペシャル・エディション】
 

 

 

このアルバムは6枚目にもかかわらず、良作。

 

「MADNESS」とか「PANIC STATION」とか、

マシューの歌が前に出た、

ソウルっぽい曲が多いですね。

 

ダブステップを取り入れた、

「THE 2ND LAW:UNSUSTAINABLE」も当時かなりハマりました。

KASABIANとかUKのバンドがダブステップを取り入れるのが、

トレンドになってた時期でもありました。

 

 

 

 

 

 

 

2013年のサマソニでのライブは?

 

そして、このアルバムの後のサマソニ2013で来日。

「THE 2ND LAW:UNSUSTAINABLE」で、

 

ロボットがステージを駆け回る

 

という派手な演出も。

しかしサマソニさん、2時間も時間をくれるとは。

たっぷり見れて嬉しかったですね〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7th 「DRONES」

 

Drones (+2lp)

Drones (+2lp)

 

 

一昨年出たこのアルバムはちょっと物足りない感がありましたが、

「PSYCHO」や「MERCY」など、

インパクトのある曲は多く、

なおかつこのアルバムから後のライブは見たことがないので、

このアルバムの曲を今回生で聴けるのはすごく楽しみです。

 

…と一旦は書いたんですが2017年11月のライブ以降、

このアルバムはすごく良いと思えてきました。

今は1曲目の「DEAD INSIDE」がグルーヴィーですごく好き。

10・11曲目の「AFTERMATH」と「THE GLOBALIST」は、

宇宙的壮大感を「United states of Eurasia」から更新しそうな曲で、

かなりライブ映えしました。

 

 

 

 

 

新作が来年出る?

 

なおかつ、

 

新作が来年あたりに出る

 

という話もありましたよね?

ライブで多分やりますね、間違いない。

 

(追記した時には既に出てます)

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

以前のさいたまスーパーアリーナで来日した時は、

大阪には来なかったのでスルー。

しかし、今回も東京オンリーだと知って、

 

「これはもう今回は行くしかない!」

 

という気持ちで、さらに奮発して15000円のSS席取りました。

 

 

 

 

このライブのタイトルはどういうこと?

 

発券したんですけど、

このライブのタイトルの

 

「日本版IRの未来」

 

って何?

 

 

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20171102184624j:plain

 

 

 

 

 

何度も見返して「なんか別のイベントのチケット買っちゃった?」

ってなるんですが…(笑)

 

 

 

 

ライブの見どころは?

 

では、ちょっとここまで要点、つまりは見どころを振り返ってみます。

 

・ドムはコスプレしてドラムを叩く?

(昔の話なのでしないかな?)

・映像と光を使った演出が楽しみ

・今回もロボットが駆け回る?

・「DRONES」の曲が楽しみ

・新曲やる?

・「日本版IRの未来」の意味は?

 

なんてとこでしょうか?

これがライブに行く人の助けになればありがたいです。

 

あとほんの10日ほどですね。

当日は楽しみましょう。

それでは、読んでくれてありがとうございます!