カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

面白おかしい旅行記の総集編!自分の県の観光地の評価は?宮田珠己「ニッポン47都道府県正直観光案内」を読んで

 
 
こんにちは〜。
ニュースを見てると、東京とか北海道とか、
 
すごく寒そうですね😱
 
岡山は「いつもより少し寒い」程度ですが、
僕はここしばらく引きこもっています。
もちろん寒いのもありますが、
最近はそんなに行きたい音楽イベントも無かったですしね。
 
積ん読がやたら溜まっているのと、
春の旅行に向けて貯金してるため、
あまり外に出てお金を使いたくなかったから。
というのが大きいでしょうか。
 
さて、というわけで…、
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は旅行の本についての記事です(強引?)
 
 
 
 
 

f:id:tatsuyakawakami:20190209183820j:plain

 
宮田珠己さんの、
「ニッポン47都道府県正直観光案内」
という本を読みました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「ニッポン47都道府県正直観光案内」とは?

 
47都道府県の観光地を、
マニアックなのもメジャーなのも、
1県ずつ正直に紹介する本。
 
宮田珠己さんの本は今までも記事にしましたので、
もしよろしければ。
 

2017年2月に読んだ本 〜戦国時代の本の楽しみと、待ちに待ったヘンテコ面白旅行記〜 - カワタツブログ

2018年5月に読んだ本 - カワタツブログ

 

いつも面白おかしい旅行記を書いてられるんですが、

今回は1都道府県ごとにまとめられた感じ。

 

今までの本に載ってたスポットもこの本に載ってるので、

今までの総集編な感じもします。

 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 
 

有名な観光地、東京でもぶった斬る?

 
「正直に」を強調したのは、
 
有名な観光地でも、
「大して面白くない」「すぐ終わる」
とぶった斬ってるからです😅
 
温泉とかも載ってますが視点がちょっと違ってて、
 
「旅館が迷路みたいになってて、
異次元に迷い込みそう」
 
とか、そういう視点。
 
また関東地方は東京でも、
 
「平地ばかりで平坦、つまりはダサい」
 
と(笑)
山が見えるから楽しい、カッコいい土地という理論。
箱根や秩父、栃木の山とかは良いらしいです。
 
 
 
 

旅に食は求めない?

 
さらに大阪の「食い倒れ」についても、
「美味しいものなら、
今の日本では、どこに行っても食べられる」とのこと。
 
そうなんですよね〜。
僕も旅行に食はあまり求めてなくて、
特に食べたい物が思い付かなければ、
コンビニでナッツとお酒買って、それで良い位です。
(旅行に行くと大抵よく歩くのでタンパク質を摂取する感じ)
 
讃岐うどん、信州そば、広島お好み焼き、
徳島ラーメンなど、
食がメインの観光で、
値段も程々のものなら食べますけどね。
 
 
 
 
 

 

 
 
 

地元岡山県のこの本での扱われ方は?

 
あと、やっぱり47都道府県を全部紹介されてると、
 
自分の住んでる県、
もしくは出身県がどう扱われてるか、
気になりますよね?
 
僕も地元岡山県がこの本でどう書かれるのか、気になりました。
まず鳥取県の項で、
 
鳥取県は岡山に下から突き上げられている」
 
なんて書き方をされてて、
「ん?突き上げるということは観光的にも突き上げてる?」
と期待しました。
しかし、岡山県の項は結構後ろの方でしたし、
いざ「とうとう岡山県!きたー!」という勢いで読むと、
 
 
 
 
 
うすーーーっ!!
 
 
 
 
薄かったです(笑)
 
岡山県の特徴をひとことで言い表すとすると「ふつう」です。
実はこの連載が始まった当初から、
岡山県で何をおすすめするか悩んでいました。
 
 
 
とありました。
吉備津神社倉敷美観地区、後楽園に蒜山など、
岡山県の観光地は「過剰さが足りない」と(笑)
 
カブトガニ博物館、オリエント美術館、
BIZEN中南米博物館(ここまで見てるとは意外)、
犬島、西大寺の裸祭りは良いらしいです。
オリエント美術館って岡山の中心部にあるのに行ったことない…。
 
 まあでも各県の強烈な観光地と比べると、
確かに全然大したことないですね😅
 
鹿児島のトカラ列島悪石島の祭りボゼなんて、
わけが分からな過ぎてすごく気になります。
(検索して見てください) 
これには岡山県が総出でかかっても全く勝ち目はなさそう。
 
 
 
 
 
 
 

この本を読むとマニアックな旅ができる?

 
とにかくこれを読むとマニアックなスポットもたくさん載ってるので、
普通とは違う旅行が出来そうです。
僕も春に奈良に行く予定なので、
この本の内容を少し組み込むつもり。
 
天理の「おやさとやかた」、気になる。
(これも検索してみてください)
 
「おやさとやかた」は他の本でも読んだんですが、
宮田さんの他の本で紹介されたスポットも載ってるので、
おさらいできるのも良いです。 
 
 
 
 
 
 

宮田珠己さんの本はどんな人にオススメ?

 
旅行が好きな人にはオススメ!
 
でも、
 
食べ物メインの旅行をする人には、
オススメできませんね〜。
 
僕もそんなに旅行に食べ物を求めないタイプですが、
 
宮田さんの本は食べ物要素がゼロ
 
なので。
 
あと、やはり自分の県の項を読んで楽しむのも、
良いかもしれません。
(自分の県が薄くても楽しい)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに宮田珠己さんが「東京近郊スペクタクルさんぽ」で紹介してて、
この本にも載ってる湘南モノレールは去年江ノ島に行った時、
乗りました。
 
 
 そんな感じです。
 
それでは、とても寒そうですが、
 
みなの者、自愛せよ。
 
失礼しました。
それでは、また!