カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

2019年7〜9月に読んだ本6冊

 

 

こんにちは〜。

最近旅行記事が大半でしたが、

その旅行の間にも読書はしていました。

そして今になって読んだ本が溜まってきたので、

今回は本を紹介する記事にしたいと思います。

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

上は前回の本紹介記事。

今回は、この記事から後に読んだ本の紹介です。

 

 

エッセイ、意外な歴史上の人物を紹介した本、

サッカー戦術本、ブログの収益を上げる本、

またエッセイ、シリーズ物の小説など、

 

6作品を紹介してます。

 

 

 

 

 

雑文御免/浅生鴨

 

 

 

6月に尾道の「紙片」という本屋で買ってきた浅生鴨さんの本。

 

「紙片」はどこにある?尾道をぶらりと歩く - カワタツブログ

 

浅生鴨さんの、

 

「雑誌やネットメディア、

SNSなどの各所へ書いてきたエッセイ、

ダジャレ、インチキ格言、回文」

 

などを集めた、

 

「おそらく最初で最後の無選別雑文集」

 

だそうです(笑)

 

1つの話が基本的に長くても2〜3ページ。

 

読みやすいです。

「もっと色々な本屋で買えてもいいのにな〜?」と思います。

ただ1つの話は短いですが、本一冊だと400ページ近くあるから、

少ししんどいかも?😅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平将門天慶の乱/乃至政彦

 

 

 

 

「『平将門』って歴史の教科書で、

名前を聞いた事がある!

乱を起こした人だよね!?

 

…でも具体的に平将門の乱って何だったの?」

 

平将門」という名前を聞いて、

普通の人が知ってるのって、

それ位のレベルですよね?

 

僕もその程度の認識だったので、

 

「もっと平将門について知りたい!」

 

と思って読みました。

最近この辺りの

 

「名前は聞いたことあるけど、

詳しくは知らない歴史上の人物」

 

が気になり「詳しく知りたい!」と思うんですよね。

 

読み終わらないと分からない感想を言ってしまうと、

 

興世王がとんでもない事を言って、

将門の運命を変えちゃう。

 

いやでも、そんなとんでもない逆転の発想しか、

 

「やっちまった」将門を救う手段はなかった

 

んでしょう。

あと将門、微妙な詰めの甘さ

もしくは運の悪さが後でとんでもない事件を招いてしまう。

いや逆に運の良さがかなり好転して、

将門を坂東を制圧する程にしただけだった?

 

とにかく平将門の事がよく分かって面白かったです。

 

 

 

 

 

 

ポジショナルプレーのすべて/結城康平

 

前回紹介した、

らいかーるとさんの「アナリシス・アイ」に続き、

サッカー戦術の本を読みました。

マンチェスター・シティのポジションの戦術について、

多く書かれてます。

監督のグァルディオラは、

チェスのプレイヤーと意見を交換したりして、

サッカーの戦術に取り入れたりしてるみたいですね。

話が難しくて分かった様な分からない様な内容で、

実際に試合の中でこの戦術を捉え切れるか難しいです😅

とりあえず、こういう戦術があるという事が分かりました。

サイドバックなど解説されています。

 

とりあえずマンチェスター・シティーの試合を見たいですね。

 

 

 

 

 

 

 

がんばらない練習/pha

 

前に何回か紹介したニートのphaさんの本。

phaさんの「知の整理術」は本を読まない人のための参考書にもなる?巻末の漫画の紹介も必見! - カワタツブログ

pha「ひきこもらない」は旅とサウナの本 - カワタツブログ

 

こないだ福井に行った時、

えちぜん鉄道で福井ーあわら湯のまち間を1.5往復する間に、

暇だったので大体読みました😅

越前福井浪漫麦酒と「へしこ」は相性が抜群?えちぜん鉄道の電車と駅は? - カワタツブログ

 

「風邪を引いてる時が好き」

「薬を飲むのが好き」

「人に会うと疲れてしまう」

「待ち合わせすると早く着き過ぎてしまう」

 

などphaさんの気をつけている事とか好きな事について書かれたエッセイです。

意外に恋愛の話もありました。

コレも気楽に読めます。

 

 

 

 

 

 

Google adsense マネタイズの教科書

 

「ブログに関する本も読んでみようか」と思い買ってみました。

 

もう少しブログの収益欲しい…😅

 

 

Googleアドセンスの広告で、

お金を稼ぐ方法を書いた本です。

ちょっと話が難しかったですが、

色々得る物があったと思います。

コレを読んでから色々取り入れて工夫しているんですが、

気付いてくれました?(笑)

 

知れば知るほど面白い日本の国宝

 

最近、奈良に行ったりして、

 【法隆寺】国宝の建造物や仏像だらけ!百済観音が神々しい! - カワタツブログ

 自然と世界遺産や国宝に見える機会が増えています。

そこで出会ったのが、この本。

 

「国宝自体に目を付けたら、

旅の幅が広がるのでは?」

 

と思い買ってみました。

近県だと兵庫県加古川市浄土寺なんかも国宝なんですね。

ちょっと駅から離れてますが行ってみたい。

奈良県にも、まだ色々ありそうで行くべき所が増えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

精霊の守り人・闇の守り人・夢の守り人・虚空の旅人/上橋菜穂子 

 

 

 

 

上に紹介した様な本が難しい本ばかりで、

「遊びの読書」として小説を読みたくなりました。

そして個人的に小説を読むなら、

 

現代が舞台でない、

想像するのが難しいもの

 

が好きです。

例えば、歴史、SF、ミステリー(コレは現代の物でも唯一アリ)、

そしてファンタジー

その範疇の小説で面白い物がないかと考えると、

NHKドラマもやっていた「精霊の守り人」シリーズが思い浮かび、

ブックオフで買ってきました。

 

主人公のバルサを中心とした人間関係と、

超常現象や別世界の話。

政治や戦争の話もリアルです。

面白くて一気に4作目まで読み進めてしまいました。

上には「精霊の守り人」の広告しか貼ってないんですが、

4作目まで一番下に広告貼っておいたんで、

良かったらココから買ってください(笑)

 

 

 

 終わりに

 

 いつもみたいに「まとめ」と付けようかと思いましたが、

特に重要な事や役立つ様な事は書いてないのでやめました。

 

次からは、また過去の旅行をネタにした記事を書きたいと思ってます。

少しやりたい事があるんです。

ガラケーの写真使うかもしれません😅

すいません😅

 

それでは今日はこの辺で!