カワタツブログ

たた見たもの。いろいろなもの。

岡山で初のSOLD OUT!金佑龍さんのライブで今回も酔っ払った

 

 

[:contents] 

 

 

金佑龍さんのライブはどんな感じだった?

 

昨日10/18に毎年岡山に来てくれる、

 

金佑龍(キム・ウリョン)

 

さんのライブに行ってきました。

場所も前と同じ、

 

Terry's wonder cycle & cafe。

 

岡山市の野田屋町にあるカフェです。

 

 

 

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20171029174712j:plain

 

 

 

 

 

 

バンド編成だとどんな感じ?

 

右のウリョンさんと、

真ん中ウッドベースのヤスさん、

ドラムのリッキーさん

 

のバンド編成で。

 

前の前くらいまではウリョンさん1人の弾き語りみたいな感じだったんですが、

前回から3人でのバンド編成で来てくれて、

やっぱりバンドだと音が太くて楽しいですね。

「外に音が漏れてるの大丈夫かな〜?」とも思うんですが。

ウリョンさん、「次からは前乗りして近所に挨拶する」って言ってましたし(笑)

 

 

 

 

 

 

「ハッピーアワー」とは?

 

あと、ウリョンさんのライブ、

 

ハッピーアワー

 

って時間帯があるんですが、

(最近普通に飲食店でもよくやってますが)

 

ビールや、たしかソフトドリンクも、

ウリョンさんが声かけると半額になる時間帯

 

があって。

しかも、前回ビールは300円だったはずですけど、

 

200円

 

に。

ありがたいし美味しい酒でしたけど、

飲むたびに「悪いな〜」って気分。

でも、しっかり酔っ払いました(笑)

 

それもあったし、

(ウリョンさんが、

「僕のライブはお酒飲んだ方が楽しい」って、

自分で言ってます)

みんな毎回見るお客さんばかりだし、

ノリもよくて大変盛り上がって楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウリョンさんのCDを買って写真を撮ってもらう 

 

https://www.instagram.com/p/BayvAnCHAH_/

金佑龍さんと京都界隈のライブ、今回も最高!そして、これから倉敷SWLABRに向かいます!夜はまだまだこれからだ!#金佑龍 #kimwooryong #kimwooryon

 

 

 

 

劇団「空晴れ」(からっぱれ)の、

サントラ(ウリョンさんが作った会場限定CD)を購入し、

サインももらって、

ウリョンさんと写真を撮ってもらう。

なんか僕、

ここ近年撮った自分の写真では、

とても良い部類の顔してる気が…(笑)

劇団の公演も機会があれば見に行きたいです。

 

あと、「ナイトクルージング」、

久々に聴いたらしみるなあ。

フィッシュマンズのカバー)

今回、岡山で初のSOLD OUTだったので、

毎回くらい行ってる僕も嬉しかったです。

 

弾き語りとか好きな人は、

是非ウリョンさんのライブを見に行って欲しいです!

 楽しいですよ!

 

前回撤収を手伝ったので今回も手伝いたかったんですが、

この後はルイダーの会だったので、

倉敷SWLABRへ移動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ余談、2人だけのルイダーの会

 

なんと今回は参加が山本と僕の2人だけで、

DJも2人だけ。

持って行った曲をほぼ全部かけたな…。

BECKの新作やceroの「大停電の夜に」は2回かけたか。

 

 

 

 

 

倉敷の朝方はカオス?

 

始発まで時間があったので、

「喜久味」へ。

ここはおそらく60や70歳くらいと思われる、

おばあちゃんと言って良いくらいの女性3人でやってる、

ラーメンとかうなぎとか何でもありの店で、

(うなぎは美味しいらしい)

僕らと同じような飲み帰りのお客さんで、

朝4時にもかかわらず、ごったがえしてました。

 すごいガラガラ声したニューハーフっぽいお姉さん(?)が、

デカい声で話してるのとか、

倉敷っぽくてカオスだった…(笑)

 

ラーメン食べて飲みの後だったんで、

美味しかったんですが、

久々に飲んで、

うまくアルコール摂取のペースが掴めなかったか、

後で吐いてしまった…。

もったいない。

 

 

 

 

 

 

終わりに

 

とまあ、この週末を振り返っての日記みたいな感じでした。

とはいえ、読書記事ばかりでは、

話のレパートリーしてつまらないので、

これも良いんじゃないかと思ってます。

 

それでは、今回も読んでくれてありがとうございます。