読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カワタツブログ

読書、歩く事、音楽など日常身の回りにある物を。

サマソニ2017で見たいアーティスト

今年もSUMMER SONICの出演アーティストが続々と発表されていますね。

少し前にこういう記事を書いたのですが、

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

大阪会場は変わることなく舞洲でしたね。

去年の舞洲はメインステージの遠さがかなり不便でしたが、

今年は解決してくれるのでしょうか?

取り敢えずそれは置いといて、

サマソニ関連の記事は需要があると思うので、

今回は今の所(2017年4月10日現在で)発表されているアーティストで、

僕が見たいアーティストを紹介したいと思います。

ジャンルは結構バラバラです。

 

※「見たいアーティスト」=「アルバムを何枚も聴いているアーティスト」

ではないので、悪しからず。

興味本位で見たいアーティストも入れていますので。

 

 

JUSITICE

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410173851j:plain

 

※アーティストの写真は全てサマソニホームページから拝借しました。

 

 

僕が今年のサマソニで1番見たいアーティストです。

かつての2000年代エレクトロ全盛期を代表する二人組で、

僕は未だに彼らのライブを見たことがないのです。

というわけでJUSTICEかダフトパンクが来れば、

今年のサマソニに行こうと決めていました。

(ただし、まだ1日だけか2日行くかは決めていません)

 

で、去年11月に出た最新作WOMANが、

R&Bを取り入れた様な歌もの多めのアルバムで、

6年(でしたっけ?)前とかにもかかわらず、

2ndアルバムからの流れから続き物だという感じが受け取れます。

 

 

WOMAN

WOMAN

 

 

 

そのアルバムから、

RANDYの動画を貼ってみます。

 


JUSTICE - RANDY (A live installation by Thomas Jumin)

 

冒頭のバリバリっとした昔のエレクトロを思わすイントロから、

ふわっとした空気感があってふわっとしたボーカルが入るのが、

今の流行りも取り入れているようでかなり良いですよね。

 

このアルバムについては去年出たアルバムをまとめた記事にも書いてますので、

良かったらこちらもどうぞ。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

PHOENIX

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410174011j:plain

 


Phoenix - Lisztomania

 

以前見た時はソニックでトリのトリで時間がめちゃめちゃ遅かったため、

最後まで見ることができませんでした。

なので今回は野外ステージで、

夕方か夜の時間あたりでライブを見てみたいですね。

ただ、実はこの「WOLFGANG AMADEUS〜」以外のアルバムを、

聴いてなかったりしますが…(笑)

他のアルバムを買おう買おうと思いつつも購入に至らず。

 

 

Wolfgang Amadeus Phoenix

Wolfgang Amadeus Phoenix

 

 

 

R3HAB

 


R3hab - Samurai (Go Hard) [Official Video]

 

東京オンリーで僕は見れないのですが、

昔重たくてバリバリしたエレクトロハウスが好きだった時に好きだった人で、

(というかEDMかな?(笑))

ライブ見れるなら見たいな〜と思うので紹介。

ズンズンバリバリと突き落とす様な感じの音なので、

ロック好きにも受け入れられる音なのではないでしようか?

EDMはそんなに好きじゃないんですが、

ロックフェスだとなぜか結構聴けるという不思議。

 

 

 

 

 

 

 

CIRCA WAVES

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410174059j:plain

 


Circa Waves - Get Away

 

ここ近年よくサマソニに出演してますよね。

軽快なロックバンドです。

僕もサマソニで2回見てるんですが、

とても良いライブをするので、

若手のロックバンドを見たい人にはオススメです。

このアルバム、良いですよ。

 

Young Chasers

Young Chasers

 

 

 と思ったら新しいアルバムが出てた。

知らなかった…(笑)

 

 

Different Creatures

Different Creatures

 

 

前よりさらにクールでキレキレですね!

サマソニ前に買うか、

ライブが終わってから買うか、

迷う所です。

 


Circa Waves - Stuck (Parr Street Studios 360 Session)

SUM41

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410174148j:plain

 

↑デリック、老けたなあ…。

 

昔ギターが抜けた位からあまり聴かなくなったんですが、

時間が空けばまた見たいバンドという感じですね。

というか、抜けたギターがまた戻ってきたという話も聞いた様な…どうでしたっけ?

それでアルバム「CHUCK」の曲が聴けたりしたら僕は嬉しいんですけどね。

というのも、このバンドは「DOES THIS LOOK INFECTED?」と、

「CHUCK」の二枚のアルバムだけが好きだったりするんですよね(笑)

メタルっぽくて重たいのに軽快なのが好きでした。

 

 

Does This Look Infected

Does This Look Infected

 

 

 

Chuck

Chuck

 

 

 


Sum 41 - Still Waiting [Lyrics & High Quality]

 

今のSUM41ってどんな感じなんですか…?

 

KUNGS

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410174306j:plain

 


Kungs vs Cookin’ on 3 Burners - This Girl

 

この人は若干アゲアゲな感じがあるんですが、

曲がふわっと抜ける感じがして、

アゲ過ぎなくて、なおかつエモーショナル感じがあるのが好きです。

ライブはどんな感じなのか気になります。

やっぱりスイッチ押すだけな感じなのか…?(笑)

外の暑い中やるよりかは屋内を希望。

 

 

Layers

Layers

 

 

 

 

 

 

 

Nulbarich

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410174344j:plain

 

正直あまり知らないのですが、

うちの店の大学生に教えてもらったバンド。

動画見たら良かったので、気になります。

 


Nulbarich - Lipstick (Official Music Video) [YouTube Ver.]

 

suchmos(東京オンリーで出ますが今回は割愛)みたいな、

ジャジーで黒人音楽を取り入れたようなバンドですね。

いやしかし、このPV、セクシーでいいですよね…(笑)

アルバムも欲しくなります。

アルバムのジャケットはジャミロクワイを意識した感じ?

 

 

Guess Who?

Guess Who?

 

 

 

PENNYWISE

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410174430j:plain

 

久々に名前を聞きました(笑)

激っ速メロコアバンドですね。

暑い中にはいいんじゃないでしょうか?

ただし、多分おっさんばかりでしょうな(笑)

 


Pennywise - Unknown Road - 01 - Unknown Road

 

「Full circle」と「Unknown road」が好きです。

あ、ここで買わなくても、

ブックオフで500円で多分ありますよ(笑)

ていうか、今年のラインナップ、

500円で見つかりそうなアーティストばっかりって言われてますよね。 

 

Full Circle

Full Circle

 
Unknown Road

Unknown Road

 

 

 

ピコ太郎

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410173600j:plain

 

 なんかオチみたいになりましたが、

もはや動画なんて貼らなくていいですよね…(笑)

見れるなら期待してますが、

何分持つんだろう…?(笑)

ただ、海外の人にも受けてるから、

出演する他のアーティストとコラボって何曲もやる感じですかね?

 

 

あとがき

 

今年も見たいアーティストは多いですね。

しかし、実はソニックマニアの方も豪華で、

僕の好きなKASABIANも来るので、

そちらも迷うところです。

でも、JUSTICEを外で聴きたいので、

KASABIANサマソニ大阪にも追加されないかなあ?とも思うところです。

 

また、無名なアーティストも、

動画を見て予習したりして、

(毎年やってますので)

良いアーティストがいたらブログ記事にして紹介するかもしれません。

 

では、長くなりましたが、

この辺で失礼したいと思います。

ここまで読んでくれてありがとうございます!