カワタツブログ

たた見たもの。いろいろなもの。

呉座勇一「応仁の乱」で描かれたのはカオスで地味な大乱?

最近かなり売れているという本、

 

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱」

 

 

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

 

 

 

読み終わりました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20170405233715j:plain

 
応仁の乱って、
 
室町幕府の8代将軍義政の嫁の日野富子が義政の子を擁立し、
義政の弟の義視(よしみ)と将軍の後継者争いをし、
それを細川勝元山名宗全がそれぞれを支持して東軍西軍に別れて戦い、
京都を中心に10年以上の大乱が続いた」
 
っていうのが教科書に載ってる内容だと思うんですけど、
この本読んでわかったことは、
 
そんな数行の説明で語れるもんじゃない。
 
ということ。
マジで本一冊できるほどの内容があります。
なぜなら、
 
奈良の寺社同士の争いとか、畠山氏とかの後継者とかの小さな争いが、
何重にも、いや、何十重にも重なって、
ハッキリ言ってわけのわからない、
 
カオスな戦乱
 
になっている。
そんな感じです。
実際、この本に出てくる登場人物が多過ぎて、誰が誰だかわからない…。
…けど、それでも話の流れがよく分かって面白いんですけどね。
 
てか実際、小さい事件の火種になった話とか遡ると、
10年間どころじゃ済まないんですよね。
3代将軍足利義満の所からこの本は始まりますしね。
根が深い戦乱だったということになりますか。
 
 
 

 

 

 

 
あと、例えば桶狭間の戦いでは織田信長とか、
その辺の戦国時代の大戦と比べると、
 
突出した英雄みたいな人が全く出てこない。
 
将軍家の足利義昭・義視(よしみ)も、
東軍・西軍両総帥の細川勝元山名宗全も、
突出した才能を持った人物とまでは言えない。
主人公的な扱いの興福寺の僧、
経覚(きょうがく)や、
尋尊(じんそん、と読むのですが、
平仮名にすると、
なんだか「ジョンソン」みたいな外人っぽい名前になりますね…(笑))も、
観察・書記者としては有能そうですが、
戦闘も政治もそうではなさそうな。
 
唯一、畠山義就(はたけやまよしひろ)がめっぽう戦闘に強そうですが、
まあ、英雄というほどじゃないですよね。
なんとなくですが、吉川元春くらいかな?
 
さらには、
 
勝者も敗者もいない。
京都と奈良が燃えただけ。
 
というのも、地味ですがこの乱の特徴ですね。
 
後は、応仁の乱までは各地の守護を監視するために、
守護を京に集め、
領地には守護代を置いていたのですが、
乱後に室町幕府勢力が弱まり、
守護を拘束する力も弱り、
守護がみんな領地に帰っていって、
朝倉孝景など戦国大名が現れて、
さらには明応の政変足利義材(よしき)が京都から締め出されて、
さらに幕府の力が弱まり、
群雄割拠の戦国時代が出現した。
ということが強調されています。
 
歴史的に有名な人とかがいないので、
読むのに時間がかかりましたが、
早く続きが読みたくなるほどに面白かったです。
歴史好きで本を読むのが好きな人にはかなりオススメの本です!
 
 ちょっと言葉にできない面白さがあって、
文字数はそんなに書けてないんですが、
良かったら読んでみてください。
 
歴史の本といえば、
この本が面白かったので、
 
それでは、読んでくれてありがとうございます!