読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カワタツブログ

読書、歩く事、音楽など日常身の回りにある物を。

2017年2月に読んだ本 〜戦国時代の本の楽しみと、待ちに待ったヘンテコ面白旅行記〜

こんにちは。

今月も読んだ本の感想を。

今回はなんだか中途半端な感じがするんですけどね…(笑)

 

 

カラー版徹底図解戦国時代 一族の存亡を賭け、目指すは天下

小和田哲男 総図解よくわかる戦国時代

 

Amazonの広告がないので画像だけ…(笑)

 f:id:tatsuyakawakami:20170203131003j:plain

 

f:id:tatsuyakawakami:20170203131035j:plain

 

どちらもこの記事を書くために図書館で借りた本ですが、

 

wondertrip.jp

 

面白そうだったのでそのまま通して読みました。

というのも、武田信玄上杉謙信から織田信長が現れてから、

秀吉の天下統一、関ヶ原大坂の陣という流れは何度も目にしますが、

その少し前の、応仁の乱から、北条早雲が一国の大名となったり、

毛利元就が出てくる辺りまでがよくわかっていなくて。

「直虎」の時代の辺りでもありますしね。

絵付きで詳しく書いてあって面白かったです。

 

ただ、下の方の本は、2冊続けて同じ様な内容の本だったため、

途中で読むのをやめました…(笑)

簡単な方から難しい方にいったのが、

いけなかったかもしれませんね。

歴史の本ってほぼ小説しか読んでませんでしたが、

こういう本を改めて読むと面白いので、

これから読んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

宮田珠己「私なりに絶景 ニッポンわがまま観光記 」 

 

 

私なりに絶景 ニッポンわがまま観光記

私なりに絶景 ニッポンわがまま観光記

 

 

 

宮田珠己さんの本、待ってました!

 

という感じで(笑)

この人の旅行記は人と全く違ったマニアックな観光地(と言えない様な所も)を回って、

しかもそれが面白おかしく書いてあるので、

電車の中とかで読むと吹き出しそうで、

なかなか危険(笑)

今回もマニアックなとこばかりですが行ってみたい所も多かったです。

京都の二条陣屋(忍者屋敷の様な仕掛けがたくさんあるらしい)や、

徳島の山中を65分も走るモノレール

(といっても多分トロッコみたいなやつかな、

前に鉄腕ダッシュでやってた農作業用みたいな)

に行ってみたい乗ってみたい。

他にも石仏とか狭い洞窟とか。

 

あと「かー18〜20」の写真のコメントが、

 

ちょっ、ふざけんな!(笑)

 

とかつい突っ込んでしまうもので、

本買うか書店で立ち読みして見てみてください(笑)

 

人生の甘さもしっかり味わおう

 

あと良いことも言っていて、

 

「人生はそんな甘いもんじゃないよと、

何でもかんでも否定してはいけない。

もちろん人生は甘いもんじゃないけれども、

甘いものも幾分かは混じっているのだ。

その幾分かの甘い成分を楽しく味わおうではないか」

 

というところ。

そう、みんな難しく考え過ぎてる。

やりたいことやればそれでいいんだ。

 

「もらえるものは病気以外もらっておけばいいんだ」

 

と某ドラマの真田M氏の名セリフを、

この流れに関係あるかはわからないけど、

思い出しました。

 

はあ〜旅行したい。

ヘンテコなのも名所もどっちでもいいから、とにかく旅行に行きたい。

 

 

 

 

 

 

 

終わりに、これだけしか読めてなくてすいません

 

実は今月はこれだけなんですよね…(笑)

坂口恭平総理のTwitterのまとめ本「発光」が大分ぶ厚くて、

読むのに時間がかかっています。

 

発光

発光

 

 

 

しかも、さらにもう一冊、

少し前に恭平総理の本が出て、

 

けものになること

けものになること

 

 

これも買ってあって、さらにその前にもう一冊買ってある本があるのですが、

普段図書館で本を借りる貧乏人の僕には珍しく、

積ん読」をやっている状態になりますね。

どちらも分厚いので、

来月の記事で3冊紹介できるかどうか。

こうご期待!

 

それでは、今日はこの辺で失礼します!