カワタツブログ

たた見たもの。いろいろなもの。

エヴァンゲリオンと僕

 

 

 

 

 

 

 

昨日、この映像が出回ってましたね。

本編に無い場面もあったりして、

見てて嬉しかったです。

さらには、昨日のミュージックステーションの、

宇多田ヒカルの「桜流しも素晴らしくて。

 


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 桜流し

 

さらには庵野秀明監督のシン・ゴジラ

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

で、「君の名は。」で久々に映画のアニメを見た事により、

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

なんだかエヴァを見たくなって、

「Q」をもう一回見てみた所です。

 

 

 

 

最後の方のカヲル君がアレになる所、

グロいですけど、何回も見てたら、

「美しい」ですね。

一回位しか見てない人はあそこのカットだけでもいいんで見てみてください。

衝撃的だったとは思いますが、

ちょっと我慢すれば「美しい」と思えるはずなので。

 

 

 

 

 

しかし、庵野秀明監督が「シン・ゴジラ」をやっちゃったので、

 

エヴァの新作はいつになるんだろう?」

 

って感じですよね。

僕のなんとなく予想では二年後の2018年。

お願いですのでこの予想を裏切ってください…(笑)

 

中1か中2の頃にエヴァがリアルタイムでやってて、

あの10分間位静止する話(カヲル君がアレされる所)は、

リアルタイムで見ました。


f:id:tatsuyakawakami:20160923172703j:plain


テレビが壊れたのかと思いました。

で、大学生の時、

近くのレンタルビデオ屋(という言葉もなんだか懐かしい)が、

火曜日が一本100円でその時にテレビ版を全部見たんですが、

その時初めてエヴァをよく理解したわけです。

 

で、さらに2007年でしたっけ?

「序」ヤシマ作戦の映像の綺麗さに、

「これがエヴァなのか」と思っていながら見たら、

まさかの続きがあって感激し、

(しかも新キャラまで)

「破」でグロくて衝撃のシーンに、

命がある喜びみたいなのを味わされたり、

で、「Q」の果てしない世界観に、

付いていけてるのかいけてないのか、

よくわからないけど衝撃を受けたり。

 

まあ、何が言いたいのかよく分からなくなってきましたが、

このタイミングでエヴァを見てる人は今結構いるんじゃないか、

という事と、

 

「早く次回作見たいなあ〜」

 

って事ですかね。

 

すいません、好きなので、

 

エヴァについて書きたかった!」

 

という衝動だけで書き始めたら、

中途半端にしかなりませんでした…。

もう、これで終わりです。

 

しかし、台風が過ぎて、

めっきり秋の気温になりましたね。

これから風邪を引く人も多いんじゃないでしょうか?

お体にお気を付けて。

それでは…。