読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カワタツブログ

読書、歩く事、音楽など日常身の回りにある物を。

「気仙沼ミラクルガール」と「バリ3探偵圏内ちゃん 忌女板小町殺人事件」について

 

 

 

 

 

 

 

図書館でジャケ買いならぬ、ジャケ借りしました。

読みたい本が無い時にはこういうのも良かろうかと。

図書館だからリスクはほぼ0ですからね。

 

f:id:tatsuyakawakami:20160917140707j:plain

 

気仙沼ミラクルガール」

 

実在するアイドルグループ、SCK GIRLSをモデルにしたもので、

実際にあった出来事が作中に盛り込まれています。

 

45歳の中年保険の営業マン、

サトケンさんが主人公の元バンドマン(デスメタル)の30歳男のリューを、

ほぼ強引に誘って曲を作らせ、

気仙沼の中高生の女の子を集めてアイドルグループを立ち上げ、

(もう一人の主人公の女の子、

詩織の精神的な成長を描いた話でもあると思っています)

ネットで叩かれたりしながらも活動を続け、

地元の人達に支えてもらって被災地の希望となる、という話です。

 

しかし、テレビとかではなかなか伝わらない、

被災地の半年後のリアルさが描かれてもいて、

主人公の詩織は津波で通っていた高校が無くなって、

歩いて20分もかかる高校に行かなければならなくなって、

それが原因なのもあって不登校になったり、

仲の良い友達と集まったら、

その友達は大概みんな家族を失っていたりして。

テレビで見るよりよっぽど生々しい感じがありました。

 

スイスイと読み進める事が出来て、結末にはなんと言ったらいいか…。

でも、ステージに立つ事でいろいろな事を乗り越えて、

登場人物が前向きになって成長していくのが微笑ましかったですね。

 

 

気仙沼ミラクルガール

気仙沼ミラクルガール

 

 

 

 

「バリ3探偵圏内ちゃん 忌女板小町殺人事件」

 

f:id:tatsuyakawakami:20160919171744j:plain

 

なんかアニメ絵が表紙の物を読むのは恥ずかしいですけどね(笑)

以前にこのシリーズの一作目を読んだんですが、

 

 

バリ3探偵 圏内ちゃん (新潮文庫nex)

バリ3探偵 圏内ちゃん (新潮文庫nex)

 

 

主人公の圏内ちゃんという女の子は、

 

携帯の電波が弱くなると体調が悪くなる

 

という体質の持ち主で、

結婚しているんですが夫との会話もメールでやる、

というかなり変わった設定で、

それもあって面白そうで読んでみたんですが、

このシリーズ一冊目は「うん、まあまあかな…」

っていう位の面白さだったんですが(笑)、

いや、こういうシリーズ物って、

少し前に紹介した河野裕さんの階段島シリーズみたいに、

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

二冊目三冊目まで続けて読まないと面白さが分からない様ですね。

この「忌女板小町殺人事件」では、

意外な所から真相が見えてきたり、

ビ◯チな女刑事とかいろいろ個性的な人達が出てきたり、

(刑事やってて七股とかそういう事出来るの?とかツッコミたいですけど、

まあ小説だからいいか)

なかなか面白かったです。

 

ただ、なぜ「忌女板小町殺人事件」という副題が付いているのか、

よく分からない…。

 

 

バリ3探偵 圏内ちゃん 忌女板小町殺人事件 (新潮文庫nex)

バリ3探偵 圏内ちゃん 忌女板小町殺人事件 (新潮文庫nex)

 

 

今日本屋に行ったらこのシリーズの新しい本も出ていて、

 

 

バリ3探偵 圏内ちゃん: 凸撃忌女即身仏事件 (新潮文庫nex)

バリ3探偵 圏内ちゃん: 凸撃忌女即身仏事件 (新潮文庫nex)

 

 

これは買って読みたいなあ、と思いました。

(新しい本は図書館では予約が多くてすぐに読めないので)

「忌女板小町」の方の最後の方で、

 

「なぜ圏内ちゃんは、

電波が弱い所では体調が悪くなったりするのか?」

 

という事に次の本辺りで触れられそうな気配があったので、

この「凸撃忌女即身仏事件」で触れられているのでしょうか…?

にしても、このタイトル、

被害者がミイラだったりするんでしょうか?

忌になるなあ〜(「忌女」とか何度も打ったので、

PCが勝手にこういう変換をしました)

 

 

 

 

 

 

あと、どうでも良いんですが、

「圏内」という言葉を聞くと、

七尾旅人の「圏内の歌」

を思い出してしまって。

貼っておきます。

 


FUKUKOU LIVE vol.01 - 七尾旅人『圏内の歌』

 

一番目に紹介した「気仙沼ミラクルガール」の前後に聴いてもらえれば、

より良いかと思います。

震災の、福島の事について書かれた曲なので。

CDはこの「リトルメロディ」に入っています。

 

 

リトルメロディ

リトルメロディ

 

 

あと、七尾旅人に関して言えば、

これからの季節、この「Rollin' Rollin'」も良いですけどね。

すいません、完全に脱線(笑)

 


七尾旅人×やけのはら - Rollin' Rollin'

 

 CDはこれです(笑)

でも、本当に秋にゆっくり聴くにはすごく良いですよ〜!

 

ビリオン・ヴォイシズ

ビリオン・ヴォイシズ

 

 

あとは、少し前の岡山YEBISU YA PROでの、

ライブの事を書いた記事を貼っておきますので、 

よろしければ。

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

最近ネタがあまり無くてそんなに記事を書けてないのですが、

本を一冊読んだだけで記事を書くより、

二冊分をまとめて紹介した方が検索での効率も良いし、

(片方の本を検索して来てくれた人が両方の本の紹介を読んでくれる)

記事に分厚さが出るのが良いかと思いまして。

これからはマイペースに良いと思う記事を書いていきたいと思います。

 

台風がどうなるか心配ですね。

岡山はいつも通り何も無い気がしますが、

(本当に岡山はいつも肩透かしなんです…(笑))

気を付けなければ、と。

皆さんもお気をつけ下さい。

 

三連休も終わりですね。

それでは。