読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カワタツブログ

読書、歩く事、音楽など日常身の回りにある物を。

「47都道府県県庁所在都市 西日本編」を読んで

岡山 歴史 読書

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ暑いですが、

(一体いつになったら涼しくなるんでしょうね)

「読書の秋」という事で、

読書に集中しています。

 

f:id:tatsuyakawakami:20160907220625j:plain

 

 写真ばかりの本かと思いきや、

思ったより読むのに時間がかかりましたが、

この手の本は好きなので面白かったです。

 

西日本の各県庁所在都市について現代までの歴史を通じて、

上空から俯瞰した写真を1940年代位の古地図と、

現代の物と並べて載せてあり、

各県の成り立ちを江戸時代の藩、

明治時代の廃藩置県の県制から説明してあり、

さらに同じ県内のライバル都市(岡山だったら倉敷や津山)

についても説明してあります。

 

面白いのは自分のよく知ってる中四国や関西の都市だけと思ったが、

よく知らない九州の都市の部分を読んでも面白かったです。

あと、上空からの写真を見てどこの都市も、

「ここは埋め立てたな」という所がわかるのが面白かったです。

(海岸線が不自然にカクカクしている)

 

個人的に面白かった点を上げてみると、

滋賀県大津市の人は京都まで15分、大阪まで一時間で行けるため、

京都や大阪に通勤する人が多く、

その人達は「滋賀府民と呼ばれていたとか。

新快速、すごく速いですもんね〜。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20160907223119j:plain

 

 

大学生時代は帰省の時に使ってたんですが、

最近はこんなカッコイイ車両なんですね。

 

あと堅田にある浮御堂に行ってみたいです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20160907223358j:plain

 

滋賀県は大学生の時に住んでましたが、

滋賀の寺社仏閣はノーマークでしたので。

(まあ、京都の寺社をクリアしてからの上級編って感じはありますよね)

 

あと、以前の記事の本に書いてある通り、

徳島県は全国でも上から、数えた方が早い大都市だったと。

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

徳島ってまだ行った事ないんで、

近々行ってみたいです。

朝は高松でうどんを食べて、

昼は徳島でラーメンを食べる、

最高ですね。

 

長崎は明治期には九州一の大都市だったそうです。

まあ、坂本龍馬海援隊がありましたし、

開国してからはさぞ賑やかだったんでしょうね。

薩摩や長州が戊辰戦争に使った武器を長崎で調達したりとか。

長崎は中学の修学旅行で行ったんですが、

今行ったら昔より遥かにいろいろな事が分かるだろう、

と思うので行ってみたいです。

 

その次に九州で栄えてたのは、

第三海軍鎮守府のあった佐世保

九州は大陸に近いのもあって、

日露戦争の時には栄えた様ですね。

 

地元岡山については流石に知ってる事ばかりでしたが。

廃藩置県の後、

 

備中=深津県

美作=北条県

 

という名前だったのは県民の皆さんは知ってますか?

全然聞いた事ない地名ですよね〜。

 

 

デジタル鳥瞰 47都道府県庁所在都市 西日本編 (The New Fifties)

デジタル鳥瞰 47都道府県庁所在都市 西日本編 (The New Fifties)

 

 

東日本の方は読むかどうか迷う所です。

縁のある都市がそんなに無いので。

東日本の方はこちらをどうぞ。

 

デジタル鳥瞰 47都道府県庁所在都市 東日本編 (The New Fifties)

デジタル鳥瞰 47都道府県庁所在都市 東日本編 (The New Fifties)

 

 

 

 

 

 

 

こういう本は好きで結構読んでます。

 

 

https://www.instagram.com/p/9TuUPjRODa/

「日本の道路がわかる事典」、読了。

国道、高速道路、橋、トンネル、商店街等等、

いろいろな道路に関するマメ知識的な事が書いてあって面白かった。

今までなんとなく気になってたような事に、

いろいろと答えを見つけ出せた本だった。

#本 #図書館の本#道路

 

 

知れば知るほどおもしろい 日本の道路がわかる事典

知れば知るほどおもしろい 日本の道路がわかる事典

 

 

https://www.instagram.com/p/vuYWiCROHn/

「岡山『地理・地名・地図』の謎」読了。

いろいろ岡山について書かれているけど、

特に「岡山県南部の平野は大体海で、

今の陸地は江戸時代に干拓されて出来た」というのが面白い。

「児島」「水島」など「島」が付く地名が多いのは、

実際にそこが島だったかららしい。

 

 

岡山「地理・地名・地図」の謎 (じっぴコンパクト新書)

岡山「地理・地名・地図」の謎 (じっぴコンパクト新書)

 

 

この本、岡山県以外の本もあります。

 

 

 

おそらく47都道府県全部あると思いますので、

地元の物を読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

https://www.instagram.com/p/uFXk-eROHN/

最近読書も順調でした。

「日本史の謎は「地形」で解ける」三部作読了。

昔の日本は川が洪水で溢れて水浸しになることが多く、

今ある平地は治水と干拓によって出来たというものだという。

日本の土地の成り立ちがよく分かったし、

他にも地形から歴史の謎を究明する内容が多くて面白かった。

 

 

日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)

日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)

 

 

 

日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】 (PHP文庫)

日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】 (PHP文庫)

 
日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】 (PHP文庫)

日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】 (PHP文庫)

 

 

インスタから貼り付けたら楽で良かったです。

 

 

 

自分で決めた事があるんですが、

これからブログを書く余裕があっても、

良いネタが無ければ書かない様にします。

前回の様な微妙な記事を書く時間を、

読書に回した方がネタが早く出来て効率が良いと思うので。

 

ただ、前回の記事、案外スターを付けてもらえてるので、

一応載せますが…(笑)

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

それでは、おやすみなさい。