カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

なんでコンビニバイトだけで生活できるの?普通の人が怖い、村田沙耶香「コンビニ人間」とは?

 

 

 


 

 

f:id:tatsuyakawakami:20160831224514j:plain

 

 

 

 

 

普段読まない種類の本ですが、直木賞を取った話題の本なので読みました。

あと主人公が36歳コンビニアルバイトの女性で、

僕自身が34歳のフリーターなので気になり、そういう観点からの感想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隠した方がいいのに何で「私はコンビニアルバイトです」と言っちゃうの?

 

いきなりですが共感出来ない所。

 

なぜ堂々と「自分はコンビニアルバイト」と言っちゃうの?

 

一般の人はそれを受け入れられないと分かっているのに。

 

「自分はバイトだ」なんて正直に言う事に、

メリットなんてないと思っています。

 

嘘を付くのはよくないですが、

 

この世の中、ただバイトというだけで、

余計な事を言ったり攻撃してくる人が、

たくさんいるのです。

 

ウソをついても、どうにかこういうやつをやり過ごすのが、

自己防衛として当たり前の事なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

普通の人とは遊ぶな。集まりには絶対行くな

 

あと、この物語の周りにいる「普通の人々」

 

めちゃめちゃ怖いですよね…(笑)

 

就職や結婚をしてない人をすごく差別する様な。

 

実際はそんなもんだとは思います。

ちなみに僕がどうしているかというと、

 

そんな普通の人とは、

なるべく深い付き合いをしない様にする。

 

これに限ります…(笑)

もうずっとフリーターなんで、そういう目で人を見てくる人間は分かるんです。

あと主人公の女性は学生の頃の友達の集まりによく参加しているシーンがありましたが、

 

僕なら絶対にそんな集まりには行きません!

 

同窓会とか絶対に参加しません。

 

昔話に花を咲かせる事に興味がないのもありますが、

(ちなみに小中学校とかでは楽しかった記憶って全然無いんです…。

つい最近、一件同窓会の誘いを断りました…)

大抵それだけでは話が持たなくて、

仕事や家族の話になり、

それで僕がフリーターだとバレるかもしれないので…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

なんでコンビニのバイトやってるだけで生きていけるの?(いろいろな意味で)

 

あと、これとは別に、

 

「なんか変だな?」

 

と思う箇所が。

自分の経験だとフリーターしてたら、

何かしら趣味が出てくるもんじゃないんですか?

 

僕は行きたいフェスやライブに全部行きたくて、

その日に必ず休みを取るために、

フリーターをやってる感じです

 

他にも趣味がいろいろあって、(読書、歴史、サッカー観戦等)

それで就職できないんです。

 

なので「コンビニの仕事一本しか興味が無い」

というのが信じられません。

 

ちなみに僕は今のイタリアンレストランのチェーンのバイトは、

もう9年やってるんで、かなり飽きがきています…(笑)

料理の仕事なので

 

貯金して開業したい!

 

と考えてますが、それを考えるとコンビニの仕事をずっと何年もやるのは嫌ですね。

 

 

 

 

 

 

 

普通でなくとも、生きていければいいじゃない

 

しかし主人公の気持ちがいくらかは分からないでもないです。

 

なぜ自分は普通じゃない?

なぜ 就職する事が正しい?

 

と大学を卒業する頃からすごく考えてます。

「長い間たくさんの給料がもらえてボーナスがもらえる」という事ですよね?

確かに老後や子供や老いた親の面倒を見るという観点で考えれば、

たくさんのお金が必要だとは思いますが、

(「実際老後にお金を残せるだけの貯金をしている人ばかりでもないじゃない?」

とも言いたくはなります)

僕は住んでるのが岡山で地方都市ですが、10万もらえれば生活出来るので。

 

取り敢えずバイトでも毎日どうにか食っていければ、

別に何も悪く言われる事はないんじゃないか?

 

と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方までのコンビニバイトだけで生活できるの?

 

あと本の話に戻りますがまた「変だな?」と思うんですけど、

 

この本の舞台、東京都とかその辺ですよね?

 

主人公の女の人は多分夕方には家にいる感じだと思うんですが、

 

時給で働く人間が毎日夕方までのシフトの稼ぎで、

東京とか家賃が高い大都市で生活出来るの?

 

とか思ってしまいます。

岡山と東京で賃金に違いはあるかもしれませんが、

 

僕なら昼のシフトだけで、

生活出来るだけのお金は稼げないですね〜。

 

あと全然関係ないですけど、

表紙の右上に魔貫光殺法が出てるのは何でしょう?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

本の内容と関係ある事ない事がごちゃ混ぜになってしまいましたが、

 まとめると、

 

  • なんで自分がコンビニバイトだと言っちゃうのかわからない
  • バイトしかしてない人は普通の人と関わっちゃダメ!
  • なんで趣味がなくてコンビニバイトだけで生きていけるの?
  • 普通でなくても生きていければいいじゃん
  • 夕方までのコンビニバイトだけで生活できるのおかしくない?

 

となりました。

フリーターへの指南みたいになりましたが…(笑)

 

ちょっとリアリティが足りない

 

感ありましたね。

言ってみれば、

 

 

あまり本を読まない人は面白いと思うかもしれないが、

よく本を読む人には面白くない

 

そういう本だと僕は思います。

 

残念ながら二度読む本ではないので、

ヤフオクに出させて頂きます。

 

(結構良い値段で売れました!(笑))

 

知り合いで欲しい人いたら譲りたいですが、この記事はSNSに拡散したくないので。

 

こんな感想でももし読んでみたいと思う人がいれば、

こちらから買って頂くとありがたいです(笑)↓

 

 

 

 

 

 

 

最後に自分はフリーターですが、お金を貯めて出店したいと思っていますし、

何よりブログで頑張って稼いでみたいと思っています。

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

こんな記事も書きました。

とにかく、この本の主人公の女性とは違って、

 

年長フリーターでも人生は終わりじゃない!

 

ことを証明したい。

いやでも本音を言うと、

 

もっと気楽に生きたい!

 

というだけかもしれません(笑)

ベストセラーの記事を書いたから、たくさんの人に読まれないかな〜?(笑)

 

取り敢えず、坂本慎太郎の「まともがわからない」

がこの記事にピッタリなので貼っておきます(笑)

レコード欲しいなあ〜もうないかな(笑)

 


まともがわからない

 

長くなりましたが今日はこれぐらいにしたいと思います。

おやすみなさい。