カワタツブログ

たた見たもの。いろいろなもの。

青春の一冊 宮城谷昌光「太公望」

 

 

 

今日は少し早く帰れたので、

ブログを書く余裕が出来ました。

 

で、今週のお題「青春の一冊」ということで書いてみます。

まあ、全三巻あるので、

「一冊」ではありませんが…(笑)

 

 

太公望〈上〉 (文春文庫)

太公望〈上〉 (文春文庫)

 
太公望〈中〉 (文春文庫)

太公望〈中〉 (文春文庫)

 
太公望〈下〉 (文春文庫)

太公望〈下〉 (文春文庫)

 

 

 

↑ 昔読んだ時の表紙の方がカッコ良かったなあ…(笑)

拾ってきた画像ですが、

これでした。

 

f:id:tatsuyakawakami:20160412011038j:plain

 

 

宮城谷昌光さんの本ですが、
僕が最初に読んだ歴史小説でもあります。
意外にも、中国の物が先でした…(笑)

 

高校生の時なので、

ジャンプでやってた封神演技からここに辿り着きましたね。
ちなみに、漫画の方も大好きです。

 

 

封神演義 1 (集英社文庫 ふ 26-7)

封神演義 1 (集英社文庫 ふ 26-7)

 

 

余談ですが、僕は他にもこういうの多いです。

司馬遼太郎の「燃えよ剣」も、

るろうに剣心」の単行本のおまけページみたいな箇所に、

「影響されてる」と書かれてたから読んだんだな…(笑)

 

 

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)

燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)

 
燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)

燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)

 

 

 

るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

 
るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 (巻之1) (ジャンプ・コミックス)

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 (巻之1) (ジャンプ・コミックス)

 

 

 

それはさておき、ストーリーは、

たしか、ですが、

商(殷周秦漢の「殷」)という国に、

自分の部族を滅ぼされた「望」が、

「周」という新しい国の宰相になって、

商を倒すという話だったかな、たしかね。

 

やっぱり、うろ覚えなんですよねえ…(笑)

もう一度読み返したいですが、

家のどこにも見当たらないんですよね…(笑)

ただ、分厚い単行本が上中下巻ある割には、

すごい勢いで読み終えたのを覚えています。

 

たしか一冊1800円くらいしたと思うんですが、

母にねだって買ってもらいました。

「難しい本」だというのが強みでしたね…(笑)

 

 

 

 

 

 

面白い小説って、

どんなに冊数があっても、

一気に読めるんですよね。

僕にとっては司馬遼太郎竜馬がゆく」(全7巻)や、

池波正太郎真田太平記」(全12巻)がそうでした。

 

 

 

竜馬がゆく 1 (文春文庫 し 1-9)

竜馬がゆく 1 (文春文庫 し 1-9)

 

 

 

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

 

 

 

 

しかし、内容が思い出せないのが悔しいです。

その意味でも、また読み返したい。

どちらにせよ、日本の歴史小説は一通り読んだので、

次はやはり中国の物にいくべきなのかもしれません。

 

とりあえず、めちゃめちゃ面白いのだけは保証します。

封神演義と同じく、

妲己が出てきた様な気がします…(笑)

 

明日か明後日、また余裕があれば、

また青春の一冊として、

村上春樹の「ノルウェイの森」について書きたいと思います。

 

それでは皆様、

今日はこの曲で、おやすみなさい。

 

 

 


アンバランスなKissをして 高橋ひろ 歌詞つき

 

他の読書のブログ

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com