読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カワタツブログ

読書、歩く事、音楽など日常身の回りにある物を。

翔ぶが如くの途中経過と、図書館について

 

https://www.instagram.com/p/BDs6aHDROLy/

地元の駅のすぐ近くにあった夜桜を。(桜じゃなかったら恥ずかしいなあ…(笑)) #夜桜 #桜 #東岡山

 

こういう光景が至る所で見れる様になってきましたね。

良いですね。

 

で、前にも書いたと思いますが、

今、司馬遼太郎の「翔ぶが如く」を読んでいます。

この日記の最後の方に少し書いてもいます。

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

 

翔ぶが如く〈4〉 (文春文庫)

翔ぶが如く〈4〉 (文春文庫)

 

 今、四巻を読んでいます。

いつもの様に全部読み終えてから、

インスタに感想を載せるのでは、

なんだか長くなりそうでしんどいので、

途中経過でも書いていこうと思いました。

 

この話は西郷隆盛大久保利通

人斬り半次郎として名を馳せた桐野利秋

警視庁を作った川路利良(作中では「としなが」、

wikipediaで調べたら「としよし」と読む事になっている)

など薩摩出身の人逹を中心に、

明治政府の事を中心に書いてあります。

 

今は征韓論(武力を持たない韓国を攻めようという論)

による推進派と反対派の対立から、

推進派の西郷どんが、

 

「もはや今の明治政府ではやる事のない自分を大将にして、

革命が終わり不要になった不平士族を率いて、

韓国に攻め入り戦場で死にたい」

 

という考え方に対し、

大久保ら反対派が、

 

「たとえ韓国を取っても、

その後欧米列強が干渉してきて、

取った領土を返す事になったり、

何の意味も無く損害しかない」

 

という考え方で対決するという物で、

反対派はヨーロッパに外遊した事があり、

推進派は無いという事もあり、

いろいろと裏側で攻防があった上で、

反対派が勝利し、

西郷どんは鹿児島に帰ってしまいます。

 

これが原因で後に西南戦争が起こるのですが、

それより先に佐賀の乱が起こり、

西郷と同じく下野した江藤新平が、

佐賀で不平士族を集めて乱を起こすのですが、

薩摩が同時に立ってくれるという希望的観測を持った挙兵でしたが、

西郷ら薩摩は立たずで、

乱は全ての権力を掌握した大久保利通に鎮圧され、

江藤新平は梟首というもはやこの時期には無かった極刑にさせられます。

 

「新政府に逆らう者は許さない、

たとえ親友の西郷であっても」

 

という大久保の見せしめの行為なのですが、

取り敢えず読んでるのはここまでです。

 

しかし、あらかたの説明をし終わるまで、

こんなに文字数を使いました…(笑)

これは司馬さんが全十巻もの長編にするのもわかる…(笑)

しかし、「征韓論」って言葉、

歴史の教科書ではほんの数行で片付けられてると思うんですが、

こういう風に細かく書かれていると、

流れが分かりやすくて面白いです。 

 

しかし、余談ですが、

「あさが来た」でお馴染みの五代友厚も元薩摩藩士なので、

出てきそうなんですが、出てこないですね…(笑)

昨日の最終回の最後、

本当に素敵でしたね…!

 

 

 

 

で、僕は基本的に図書館でこういう本を借りてきて読んでるのですが、

たまにCDも借りたりします。

よく行く西川沿いの幸町図書館は、

何でかものすごくCDも充実しているんです。

奇妙礼太郎とか、

瀧見憲司さんのミックスCDとかある…(笑)

少し前には、

 

 

Greatest Hits 3

Greatest Hits 3

 

 

 

A Time 2 Love

A Time 2 Love

 

 

の二枚を借りてきました。

僕もこういうのが分かる歳になった様です…(笑)

とにかく岡山市立幸町図書館のAVコーナー、

最近の日本のロックや、

洋邦問わずヒップホップやテクノまで、

結構広く借りられるので、

岡山市民にはオススメです。

 

 

しかし、今日、これだけの量が書けて良かった。

最近、あまり体調が良く無くて、

久々の休みの今日は、

昼過ぎてから少し寝てました。

やっぱり体が動かないと、

やりたい事も出来無くて辛いですね。

 

で、今日は最後に、

今注目されているらしい、

KINGの曲で終わります。

グループにこの名前付けるってすごいなあ…(笑)

あと、このファミコンの画面みたいな動画、

良いですね。

 


KING - The Greatest

 

それでは皆様、

残り少ないですが、

良い週末を。