カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

前作「屍人荘」を超えた?超常現象とロジカルを織り交ぜた、今村昌弘「魔眼の匣の殺人」を読んで

 

 

こんにちは〜。

今回も本の紹介です。

 

「前も本だったのに、また本?」

 

と思ってくれる方がいたらありがたいんですが、

前回紹介した承久の乱

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

これは読み終わってから記事にするまで、

大分時間が空いちゃったんですよね。

旅行記事を先に書きたかったのもあって。

 

それに今日紹介する本、

青春18きっぷ夜の相生ー東岡山の電車に乗っている間、

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

田舎路線で外に何も見えなくて退屈。

しかし逆にすごく読書がはかどりました。

その勢いで「魔眼の匣」を一気に読み終えたのもあります。

あ、いや単純にこの本がすごく面白かったというのも、

もちろんあります。

 

さて、今日紹介するのは、この本。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190315142023j:plain

 

今村昌弘さんの「魔眼の匣の殺人」。

 

 

 

 

 

 

 

異色だった「屍人荘の殺人」を超える事はできた?

 

前作「屍人荘の殺人」も読みましたが、

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

この小説の肝である○○○が異色

しかも上手く使えてるので、

 

この作品以上の物を続けて書けるの?

 

という疑問が湧きました。

この作品を読んだ誰もがそう思ったんじゃないでしょうか?

ところが…、

 

魔眼の匣の殺人、面白い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「魔眼の匣の殺人」はどんなミステリー?

 

今回は前回の○○○みたいな超常現象も混ぜつつ、

シンプルでしっかりしたミステリーになってる気がします。

「え?まさか?」みたいな出来事が続くにもかかわらず、

中身は結構ロジカル

そして登場人物の感情もしっかり表現されていて面白い。

 

個人的には久々の小説だったのもあって、

確か5日位で読み終わっちゃいました。

勿体無い😅

でも、それ位面白いという事。

 

これ以上の説明は必要ないですね。

是非読んでみてください!

 

 

 

 

 

 

 

「屍人荘の殺人」が映画になる?

 

出演は神木隆之介浜辺美波中村倫也

 

実写にしたら結構内容が変わりそうな気もするのですが、

見てみたいですね。

 

 

 

 

 

面白いミステリーを教えて!

 

しかし、なんだかミステリーを読みたい気分になりました。

 

もし現代のミステリーで、

面白い小説があったら教えて欲しいです!

 

「魔眼の匣の殺人」みたいな、

クローズドサークルだとなお良いですね〜。

大好きです、クローズドサークル

 

逆にヤクザが出てきたりするのは勘弁してください😅

どんな小説でも、ヤクザが出てくると、

ものすごく嫌な気分になるんです。

 

注文多いですか?😅

 

それでは今日はこの辺で失礼します!