カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

【西ノ京】西塔の彫刻がすごい!大陸文化を感じさせる派手な朱塗り!薬師寺を歩いて

 

 

 

 

こんにちは〜。

今回も仕事の合間を縫って、

疲れを押して書いてます(笑)

 

今回はこの記事の続きです。

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

「筒井」と聞いて思い浮かぶのは?

 

法隆寺からバスで近鉄の筒井駅前までやってきました。

20〜30分位だったでしょうか。

 

 

筒井といえば大和の大名・筒井順慶

風野真智雄さんの「くノ一秘録シリーズ」では、

ゾンビ大名にされてました。

 

 

 

 

この記事の本筋とは全然関係ないですけど、

面白いですよ!

 

信長の野望天翔記では弱小大名でしたが、

 

筒井順慶で天下統一まで行った事があります。

 

…まあどうでも良い事は置いといて、

この旅初の近鉄に乗りました。

 

 

奈良盆地の、のどかな車窓を見て思う事がありました。

 

 

 

 

 

 

薬師寺の建物は?

 

そして近鉄西ノ京駅へ到着。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420140047j:plain

 

駅を東から出るとが迎えてくれました。

ここから少し歩くと薬師寺

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420140038j:plain

 

朱色に縁取られた陸風の建物。

中国とか韓国にこういう古い建物、多そうですよね。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420140029j:plain

 

この時点で北を向いています。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420140020j:plain

 

外人の女性が1人歩いていました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420140451j:plain

 

この門の中の建物、玄裝三蔵院伽藍の中はまた後で。

このまま北を向いて歩くと唐招提寺方面。

しかし薬師寺のメインの建物は南側にある様で、

南に行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白鳳伽藍の内部は?

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420140439j:plain

 

南下して参拝の入り口へ。

この中を白鳳伽藍(はくほうがらん)というみたいです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420140429j:plain

 

鐘楼。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420140419j:plain

 

これは大講堂

 

 薬師寺の中にいる間、

ただ何も考えずカメラを構えながら歩いてる感じになりました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420141029j:plain

 

これは中を入ってきた東僧坊

お寺の方が修学旅行生に何やら説明していました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420141021j:plain

 

これは食堂

法隆寺にあったのと同じで「じきどう」と読み、

僧の食堂として使うのも同じです。

 

後で中に入ったんですが、

壁に大きな絵画がたくさん貼られています。

神々しくて優しい雰囲気でした。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420141013j:plain

 

これは今の食堂を逆に見た所にある大講堂。

「この記事、建物ごとにまとめた方がいい?」と思いましたが、

僕の頭がこんがらがってくるので😅

また後で時間があれば修正します。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420141003j:plain

 

これも大講堂を横から撮った物。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420141306j:plain

 

これは金堂を裏から撮ったもの。

順番が無茶苦茶に思われるかもしれませんが、

西ノ京駅から歩いて東僧坊から入って歩くと、

こういう写真の撮り方の順番になるはず。

この時点で、

 

東僧坊

→食堂と大講堂の間

大講堂の東側

 

という順番で歩いてきています。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420141256j:plain

f:id:tatsuyakawakami:20190420141248j:plain

 

白鳳伽藍の南東にある東回廊を北から南に歩きます。

 

奈良時代の僧や役人になった気分で歩けます。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420141240j:plain

 

「この建物だけ朱塗りじゃないな〜」と思ったら、

鎌倉時代に再建された様。

いや充分古めかしくて良い感じなんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南門から北に歩くと?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420141721j:plain

 

南門に来ました。

この南側に駐車場があるので、

車で来ると、ここから入る様です。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420141711j:plain

 

南門には力士像が。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420141701j:plain

 

東大寺金剛力士像に比べれば、かわいい感じ。

でも、リアルな力強があります。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420141651j:plain

 

立派な金堂を正面から。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420142715j:plain

 

こっちは西塔

中にあるたくさんの仏教徒を描いた石像彫刻が、

不気味なまでのオーラを放っている様で印象的でした。

 

https://www.sankei.com/smp/photo/story/news/150511/sty1505110011-s.html

 

↑この記事の写真の彫刻で、大きくは写ってないですが見てみてください。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420142705j:plain

 

西塔から金堂を。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420142656j:plain

 

東塔は大規模な改修中。

平成21年から令和2年まで11年かけて改修されるらしいです。

ここから金堂、大講堂の内部を抜けて、

さらに先程の東僧坊を抜け、

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190420142646j:plain

 

最初に見た玄奘三蔵院伽藍の中へ。

たくさんの書道の書というか、そういうのがたくさん貼ってありましたね。

 

 ここで薬師寺の敷地を西に出て、

道を北に向かい唐招提寺へ向かいました。

 

 

 

 

薬師寺の境内を歩いて思った事は?

 

薬師寺赤・白・緑の建築大陸文化の流入を感じさせるもの。

さらに奈良時代の空気が感じ取れました。

しかし寺の敷地がすごく広くて歩き疲れました😅

奈良は京都と違って大都市にならなかったので、

奈良の寺は京都の寺と違ってとても広い😅

法隆寺駅から法隆寺までバスに乗らなかったのを「失敗」と言ったのは、

「歩かずに体力を温存すべきだった」という意味です😅

 

しかも、この後もこんな失敗をたくさんします…😅

 

この記事を書く前は薬師寺と次の唐招提寺を、

1つの記事にしようと思ってました。

しかし薬師寺だけで結構文字数を稼いだので、

唐招提寺の事は次の記事に書きます。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

それでは今日はこの辺で!