カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

相沢沙呼「medium[メディウム]霊媒探偵城塚翡翠」どんでん返しの驚きと切なさが入り混じった読後感がすごい!

 

 

 

こんにちは〜。

今日は小説の紹介です。

そして久々に1記事で1冊の紹介。

 

それだけ、この小説が僕の中で大当たりでした。

 

f:id:tatsuyakawakami:20191013175612j:plain

 

相沢沙呼さんの、

「medium[メディウム]霊媒探偵城塚翡翠

 

「すべてが、伏線。」

 

この帯の文句の意味を最後に思い知る。

 

表紙を書いている遠田志帆さんの絵がとても好きで、

綾辻行人さんの「Another」の表紙とか)

そしてその時小説を読みたい気分。

面白そうなミステリーなので買ってみました。

 

内容としては、作家の香月史郎が、

霊媒師の城塚翡翠に出会い、

翡翠霊媒の力を使い、香月が論理的に推理

 

「○○ではないから、××ではない」

という様な論理的な推理が繰り返され真相にたどり着く。

2人で協力して事件を解決していく話。

4本の短編に別れていて、

 最後に女性をたくさん刺殺して、

死体遺棄する連続殺人鬼と対決する展開です。

 

これだけ書くと至ってよくある様な普通のミステリーなんですが、

 

最後にとんでもないどんでん返しがある。

 

今までの話、この小説の世界が、

くるっと裏返しにされる様な展開が待っています。

このどんでん返しが見事過ぎて、

僕はこの小説の最後の1/4位を一気に夜更かしして読み進めてしまいました。

そして、どんでん返しの後、

とても切ない気持ちになる感情も。

 

世界が引っくり返った驚きと

切なさが入り混じった、

独特の読後感

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本屋大賞とか賞を取って欲しい。

そう思う位の大当たりミステリーでした。

 

 

 

 

 

すごく論理的で難しいですが、

出来るだけたくさんの人に読んでもらいたい。

 

どんでん返しの驚きと、

切ない読後感を同時に味わって欲しい。

 

そういう気分でこの記事を書きました。

 

「 #翡翠ちゃんかわいい 」

 

というハッシュタグTwitterで出回ってましたが、

 

この切なさからくる同じ感情だと思います。

共感できます。

 

もっと面白い現代のミステリーを読みたいですが、

なかなか出てこないですよね〜。

 

今村昌弘さん「屍人荘の殺人」は少し色物でしたが、

個人的にはとても面白かったです。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

「medium」はコレと対照的に正統派って感じです。

どちらも名作。

 

 

あと作者の相沢沙呼さんが男性だったの、

とても意外😅

 

ペンネームとはいえ、最後が「こ」で終わりますし。

でも、よく考えたらHな描写も結構あったな(笑)

 

 

ではまた面白い小説を探していきたいと思います。

今日はこの辺で!