カワタツブログ

たた見たもの。いろいろなもの。

「島原の乱 キリシタン信仰と武装蜂起」を読んで

また本のレビューばっかりになってますが…

 

こういう本を読みました。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20170927162628j:plain

 

「こんな本ばっかし読んでんのか」

とか思われそうですが、

歴史のライティングの仕事の、

この記事を書くために読んだのです。

 

 

 

wondertrip.jp

 

 

 

 

書く前に一冊の本を読まなければいけなかったので、

なかなか疲れましたけどね。

 

しかし、今まで島原の乱って、

 

島原・天草でキリシタン達が立ち上がり、

天草四郎を担いで領主と戦ったが、

最後は幕府に鎮圧された

 

くらいの知識しか、

みなさんも、この本を読む前の僕も、

なかったのではないでしょうか?

 

この本では、

 

キリシタンがどのように立ち上がって、

どこで、どのように領主と戦い、

また蜂起した原因は何だったのか?

天草四郎とは誰?

またどのように鎮圧された?

 

という様なことが書かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この本を読んだら、

宗教というものがよくわかるんですけど、

キリシタンにしても仏教にしても、

 

神(仏)にすがる

 

という点では同じですよね。

救いを求めて祈るあまり、

他教の像とか寺社なんかを壊したりするんですよ。

 

しかも、一般の武士や農民だけじゃなく、

大名がこういう破壊行為を行ったりする例もあるんですよね。

 

またキリシタンにならない領民は、

雲仙岳の地獄(マグマ)に落とされたりとか。

こわいこわい。

 

あと、この乱の原因は、

飢饉のときに領主が重税を課して、

それを払えなかったものの母親や妻子を、

水籠というものに入れて、

拷問にかけたそうです。

 

それによるものと、

さらにキリシタン迫害が加わって、

住民の怒りが爆発したものとか。

 

とはいえ、この本については、

上のリンクの記事に一冊まるごと要約してますので、

それかこの本自体を読んでいただきたいです(笑)

 

雑に済ませましたが、

上の記事に大体のことは書きましたので、

是非。

 

それでは、最後まで読んでくれて、

ありがとうございます!