カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

小前亮「西郷隆盛」は読みやすくて、大河ドラマ「西郷どん」の予習に最適?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大河ドラマ「西郷どん」が始まったけど…

 

こんにちは。

大河ドラマで「西郷どん」が始まりましたね。

 

 

 

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20180116221925j:plain

 

 

 

 

 

 

個人的には「そこ削って大丈夫?」的な所があって、

意図的に削ることにで脚本家の都合の良いように、

西郷隆盛像を脚色してる感があるんですが…。

あと上の画像の様に、

「元気で人に好かれる西郷どん」が描かれてる感じがして、

「いや、大河ドラマで描かれるべきはそこ?」と不安です。

 

いやしかし、配役が豪華なので見れそうな気も。

渡辺謙さんの島津斉彬がかっこいいですよね〜。

あと、鈴木亮平さんは好きです!

とにかく「真田丸」も「直虎」もおもしろかったので、

逆に今回はそこまで期待せずに見るつもりです…(酷)

 

 

 

 

 

 

 

小前亮西郷隆盛」は読みやすい小説?

 

で、何で「西郷どん」の話をしたかというと、

今日紹介する本のタイトルがそのまま、

 

西郷隆盛

 

なんです。

 

 

 

 

 f:id:tatsuyakawakami:20180117093353j:plain

 

 

 

 

 

小前亮さんの「西郷隆盛」。

 

分厚い本の割に文字数は少なめで読みやすく、

上下巻合わせて1週間ほどで読めたでしょうか。

 

上巻は西郷が島津斉彬に見出されて出世し、

薩長同盟からの第二次長州征伐まで、

 

下巻は大政奉還江戸開城

征韓論西南戦争などの内容。

 

しかし、何でもシンプルに作るのが1番難しいもので、

これだけライトだと逆に細かくまとめて書くの大変だったでしょうね。

でも、この作品にはおもしろさや盛り上がりもしっかりありましたし、

 

大河ドラマ「西郷どん」の予習に良いかもしれません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「西郷どん」の予習に司馬遼太郎翔ぶが如く」を読むのはオススメしない

 

同じ西郷隆盛大久保利通を描いた、

司馬遼太郎の「翔ぶが如く明治維新後の話ですし、

読むのに半年かかるので、

今から読んでも後半の展開には間に合わなそう。

 

「西郷どん」の予習に、

翔ぶが如く」はオススメしません!

 

しかし、征韓論の論争や西南戦争のことを、

詳しく知りたい人にはオススメ。

ただこの本で西郷どんは、

「西郷、アホちゃう?」くらいの勢いで書かれているんですけどね😅

 司馬さんは西郷どんがそんなに好きではなかったのかな?

司馬史観っておもしろいけど極端なんですよね。

僕もそうですけど、好きな人は惑わされそう。

 

 

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

訛りがなく標準語で書かれていて読みやすい

 

西郷隆盛」の話に戻りますが、

登場人物に鹿児島弁などの訛りがなく標準語

会話されているので読みやすいかもしれません。

 

西郷も大久保も、坂本龍馬も標準語。

 

「方言がないと物足りない!リアリティがない!」

っていう人もいるかもしれませんけど、とりあえず読みやすいです。

 

この本を読んだ後、池波さんや海音寺さんの本を読むのもいいかも。

 

 

西郷隆盛 新装版 (角川文庫)

西郷隆盛 新装版 (角川文庫)

 

 

 

 

新装版 西郷隆盛 一 (角川文庫)

新装版 西郷隆盛 一 (角川文庫)

 

 

 

「西郷どん」がもう始まったので微妙かもしれませんけどね。

しかし、西郷隆盛ほどメジャーな人物なら、

大河が終わった後でも楽しめるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥羽伏見の戦いの場面がバッチリ!

 

あと、鳥羽伏見の戦いの辺りは、この本を参考にした感じがありましたが、

どうなんでしょう?

 

 

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BRuIBg4lJwn/

野口武彦さんの「鳥羽伏見の戦い」、戦場の臨場感、迫力があって、読んでてすごく興奮した。歴史の本をもっと読みたい。#鳥羽伏見の戦い #幕末 #日本史 #歴史 #本

 

 

 

 

 

 

 

開戦の際の「押し通るぞ!」とかそんなやり取りは、

「ああ、小説にしたらこんな感じなのか!わかりやすい!

うまく自分のものにできてるな!」という感。

上の本もすごく面白いので、良かったら読んでみてください。

 

 

 

 

 

西郷隆盛<上>: 維新への道

西郷隆盛<上>: 維新への道

 
西郷隆盛<下>: 志士の夢

西郷隆盛<下>: 志士の夢

 

 

 

 

 

 

 

難しい本は小説と並行して読むべし!

 

これで最近買った本の中で、小説は全部読み切ってしまったんですが、

 

難しい内容の本と小説を並行して読むことで、

どちらもグイグイ読み進められたと思います。

 

小説&小説の時もありましたけどね。

まだ積ん読はあるんですが、

何か小説を図書館で借りてこようかな〜?

 

あと、はてなのアイコンを前に削除してしまって、

そこから設定できないんですけど、

どうすればいいか、わかる方教えてください…。

 

それでは今日はこの辺で失礼します!