カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

日本はもう先進国じゃないから、これからは日本だけじゃやっていけない!堀江貴文「君はどこへでもいける」

 

 

 

 

ホリエモンこと堀江貴文さんの本を読みました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20170618112851j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホリエモンって金の亡者?

 

正直に言うとホリエモンって、

 

金の亡者

 

みたいな人と思ってましたが最近印象が変わってきました。

 

自分がやりたいことを、

持ってるお金を有効に使って最大限やってる人

 

そんなイメージに。

 

ホリエモンが書いてる本も本屋で目立ち、なおかつ面白そうなものが多く、

(タイトル付けが上手いのもあるかも)

この本を読んでみました。

 

まず印象的だったのは、

 

日本はもう先進国じゃない

 

ということ。

一人当たりのGDPでいうと日本は今、

 

世界で27位。

 

ちょっとこの数字「日本は先進国」と言うには微妙なラインですよね。

 

上の方かもしれないけど、

 「先を走ってる国」っていう感じはしない数字。

 

実際、中国はもちろんのことシンガポールにも負けて、

タイや韓国にも追いつかれそうな状況らしいですね。

 

でもショックとは感じず納得してしまう

 

のは僕だけ?

地方都市(岡山)に住んでるから、そう見えるのかな?

地方とはいえど、

 

駅前がイオンと飲み屋街しか栄えてないのが先進国?

 

とも思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

Jリーグの外国人枠はいらない?

 

あと気になったのが、

 

Jリーグは外国人枠を撤廃すべき

 

ということ。

2017年の外国人枠のルールは、

 

 

2017明治安田生命J1・J2・J3リーグ戦試合実施要項
  • 第 14 条〔外国籍選手〕

    (1) 試合にエントリーすることができる外国籍選手は、1チーム3名以内とする。ただし、アジアサッカー連盟(AFC)加盟国の国籍を有する選手については、1名に限り追加でエントリーすることができる。
    (2) 登録することができる外国籍選手は、1チーム5名以内とする。
    (3) Jリーグが別途「Jリーグ提携国」として定める国の国籍を有する選手は、前2項との関係においては、外国籍選手ではないものとみなす。

 

ということ。

例外もありますが、

 

1チームに5人は寂しくない?

 

と僕はずっと昔から思ってます。

ずっと昔にサカつくをやってた時から…(笑)

 

 

J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう ! '04

J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう ! '04

 

 

 

外国人枠を撤廃し、

国内リーグの競争を激しくすれば、

Jリーグは間違いなく強くなる。

 

ホリエモンはこの本で言っています。

日本人選手の活躍は少なくなるかもしれませんが、

競争の激しい状況でも出てきた日本人選手はすごく良い選手でしょうし、

イングランドプレミアリーグも外国人枠を撤廃して上手くいったらしいですから。

それに単純にいろいろな国の選手がいた方が見てて面白い。

僕は昔から「東南アジアの選手をもっと取れば面白いのに」と思ってるんですよね。

セリエAインテルみたいに、

自国の選手を入れない自国外の選手中心のチーム

とかあれば面白いと思いません?

 

 

 

 

Jリーグのレベルが低いから代表に呼ばれない?

 

ハリルホジッチJリーグで活躍する小林悠斉藤学を呼ばずに、

試合には出てないけどイタリアやドイツのチームに所属してる、

本田や宇佐美を呼ぶのは、

 

やはりJリーグのレベルが低いからなんだろうなあ…

 

と、この本を読んで納得してしまいました。

(それでも試合に出てる選手を使って欲しいですけどね)

 

(しかし、やっぱりJリーグのレベルの低さは、E-1選手権で露呈しましたね。

今は所属チームで調子の出てきた本田や香川の方が良いと思います。

(2018年1月7日追記))

 

W杯2ヶ月前にハリルホジッチが解任されるという事件から、

Twitterでいろいろな人の意見を見てきたんですけど、

「日本のサッカー選手にはとにかく戦術への理解が足りない」

というのが分かってきたんですけどね。(2018年4月20日追記)

 

取り敢えず、

 

日本人は「日本人だけ」「日本国内だけ」という考えに縛られ過ぎ。

ものの見方が古い、窮屈。

 

ということになり、すごく納得。

サッカー選手だけに限らず、他の分野でも、

 

これからは優秀な外国人の力を借りていかないと。

 

という話も。

1つの仕事の考え方だけだと物の見方が窮屈になるので、

他の仕事をしている人の考え方もたまには聞いて取り入れないといけない。

と僕はいつも思ってるんですが、

これと同じで、

 

日本の考え方しか知らないと、

世界のことが分からず視野が狭くなるんだろうな。

 

と思います。

 

 

 

 

 

東京の次の大都市は福岡?

 

単純に地理的に中国やアジアに近いということが、

これから福岡が発展する要因なんだそう。

福岡からは東京に行くより、韓国に行く方が近いらしいですからね。

岡山も、もっとどうにか福岡に接近すれば、

(といっても、新幹線で1時間位なので特に何かをしなくていいのかも)

アジアからの観光客が増えて、お金がたくさん入ってくるかも?

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山にもアジアからの観光客を呼びこんだ方が良い?

 

現在、岡山にも中国や韓国からのお客さんがかなり多くて、

うちの店にもよく来るし、後楽園に行く人が多いみたいです。

飲食店やるなら岡山駅から後楽園までの道の途中に、

英語・中国語・韓国語のメニューとかアジア方面のお客さんに優しいお店を作ったら、

ウケるかもしれないな〜?と思いました。

 

他にもたくさんのことが書かれているんですけど、

書ききれないので、以上です!

 

 

 

 

君はどこにでも行ける

君はどこにでも行ける

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

まとめると、

 

  • 日本はもう先進国ではないのでアジアから観光客を呼ばないとお金が回らない
  • 「日本人だけ」の考え方から脱却して優秀な外国人を呼び込む
  • これからは福岡が発展する
  • 岡山もアジアの観光客をたくさん呼び込もう

 

というのがこの記事のまとめになりますかね。

 

落合陽一さんの本も面白かったですが、

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

最先端な考え方をしてる人の本って面白くて、他の本も読んでみたいです。

 

それでは今日はこの辺で。

読んでくれてありがとうございます!