カワタツブログ

たた見たもの。いろいろなもの。

日本はもう先進国じゃないから、これからは日本だけじゃやっていけない!堀江貴文「君はどこへでもいける」

ホリエモンこと堀江貴文さんの本ですが、

面白いです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20170618112851j:plain

 

 

ホリエモンって金の亡者?

 

この人、正直少し前まで

 

金の亡者

 

みたいな人だと思ってたんですが、

最近見方が変わってきました。

 

自分がやりたいことを、

持ってるお金を使って、

最大限やっている人

 

そんなイメージに変わってきました。

 

で、ホリエモンが出してる本も、

本屋で目立つ、面白そうなものが多く、

(タイトル付けが上手いというのもあるかも)

この本を読んでみました。

 

で、この本を読んで印象的だったことを書いてみます。

まずは、

 

日本はもう先進国じゃない

 

ということ。

というのも、一人当たりのGDPでいうと、

日本は今、

 

世界で27位。

 

ちょっとこの数字、

微妙なラインですよね。

上の方ではあるかもしれないけど、

 

「先を走ってる国」っていう感じはしない数字。

 

実際、中国はもちろんのこと、

シンガポールなんかにも負けて、

タイや韓国にも追いつかれているらしいですね。

 

でも、ショックじゃなくて、

納得してしまう

 

のは僕だけですか?

地方に住んでるからそう見えるのかな?

地方とはいえど、

 

駅前がイオンと飲み屋街しか栄えてないのが先進国?

 

なんて気がするんです。

 

 

 

 

 

 

 

Jリーグの外国人枠は邪魔で、日本人特有の古い考え

 

あと、気になったのが、

 

Jリーグは外国人枠を撤廃すべき

 

ということ。

外国人枠を撤廃して、

国内リーグの競争を激しいものにすれば、

Jリーグは間違いなく強くなる、とのこと。

日本人選手の活躍は少なくなるかもしれませんが、

そんな状況でも出てきた日本人選手はすごい選手でしょうし、

イングランドプレミアリーグも外国人枠を撤廃して、

上手くいったらしいですから。

ハリルホジッチJリーグで活躍する小林悠斉藤学を呼ばずに、

試合には出てないけどイタリアやドイツのチームに所属してる、

本田や宇佐美を呼ぶのは、

やはりJリーグのレベルが低いからなんだろうなあ…、

とこの本を読んで納得してしまいました。

(しかしそれでも試合に出てる選手を使って欲しいとは思います)

 

取り敢えず、

 

日本人は「日本人だけ」「日本国内だけ」という考えに縛られ過ぎ。

ものの見方が古い、窮屈。

 

ということになりますか。

う〜ん、すごく納得。

サッカー選手だけに限らず、

他のいろいろな分野でも、

これからは優秀な外国人の力を借りていかないといけない。

という話もありました。

 

 

東京の次の大都市は福岡

 

やっぱり、地理的に中国やアジアに近いってのが、

これから福岡が発展する要因なんだそうです。

福岡って東京に行くより韓国の方が近いらしいですからね。

岡山ももっとどうにか福岡に接近すれば、

(といっても、新幹線で1時間くらいのはずなので、

特に特別な何かをしなくてもいいかもしれませんが)

アジアからの観光客が増えて、

お金がたくさん入ってくるかも?

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山にもアジアからの観光客が多いので

 

てか、岡山にもアジアからのお客さん、

かなり多いですけどね。

うちの店にもよく来るし、

後楽園に行く人が多いみたいです。

飲食店やるなら、

岡山駅から後楽園までの道の途中に、

英語・中国語・韓国語のメニューとか、

取り敢えずアジア方面のお客さんに優しいお店を作ったら、

ウケるかもしれないな〜とか思いました。

 

他にもたくさんのことが書かれているんですけど、

書ききれないので、以上です!

 

 

君はどこにでも行ける

君はどこにでも行ける

 

 

まとめ

 

 

まとめると、

 

  • 日本はもう先進国ではないので、アジアから観光客を呼ばないとお金が回らない
  • 「日本人だけ」の考え方から脱却して、優秀な外国人を呼び込む
  • これからは福岡が発展する
  • 岡山もアジアの観光客をたくさん呼び込もう

 

というのがこの記事の趣旨になりますかね。

 

落合陽一さんの本も面白かったですが、

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

こういう最先端な考え方をしてる人の本って、

面白いですね。

他の本も読んでみたいです。

 

それでは今日はこの辺で。

読んでくれてありがとうございます!