カワタツブログ

たた見たもの。いろいろなもの。

KASABIANの新作が変わらずすごく良いので、ソニックマニアに期待

 

ソニックマニアのチケット買いました!

 

f:id:tatsuyakawakami:20170618112816j:plain

 

余談ですが、セブンチケットでチケットを買うと、

店頭発券手数料108円がかからないんですね。

 

でもって、チケットを写して載せるって「どうかな?」と思ったんですが、

まあこれは整理番号もブロック分けもないんで、

いいんじゃないかと思って載せました。

 

で、以前この記事で触れましたが、

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

ソニマニに行くのはKASABIANが観たいから

 

ソニックマニアに行くと決めたのは、

 この理由が大きいのです。

というのも、先月出たKASABIANの新作、

ずっと聴いています。

 

KASABIANの新作「FOR CRYING OUT LOUD」とは?

 

https://www.instagram.com/p/BT79-foFvba/

KASABIANの新作「FOR CRYING OUT LOUD」をLPで購入。

初見では「ジャケット微妙だな〜」とか思ったんですが、

家で見るとシンプルな色合いでいいですね。

内容は1枚サラッと流すように聴けて、

前半は案外そのままロック、しかし全体にフワフワしてる感じがあって、

後半にはジャズっぽいハウスの曲があったり。

まだまだ聴いてみないと掴めないアルバムの様。

そしてサマソニ大阪にも来て(切実)。

#kasabian #レコード #forcryingoutloud #サマソニ大阪 #サマソニ

 

最近、どんなCDも大抵3回くらい聴くと、

大体の形が掴めて飽きちゃうんですが、

なぜかこれは何回聴いても新鮮に感じます。

以前のKASABIANより、ちょっとだけ違うくらいなんですが…。

 

いやしかし、完成度の高さは感じます。

全英1位取るだけはあるな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪しげなグルーヴ感が特徴  

 

KASABIANの特徴って、

これだと思います。

ようやく最近になってそれが分かるようになってきました。

というのも、最近はソウルでもハウスでもヒップホップでも、

グルーヴのあるものなら何でも聴けるようになってきたので。

 

1stの頃から変わってない

 

よくよく考えたら、

CLUB FOOTなど初期の曲もグルーヴ感に浸るのが好きだったと、

昔からそうだった気がします。

 


Kasabian - Club Foot HQ

 

要は、

 

根本的にはこの頃から変わっていない

 

ってことなんですよ。

4枚目のアルバムの時にダブステップを取り入れた曲なんかもありましたが、

それ以降もライブでやるような曲なんかは、

グルーヴのあるロックっていう感じそのままですからね。

「FOR CRYING OUT LOUD」の8曲目、

「Are you looking for action?」はもろにアシッドハウスですが、

でもこれは「グルーヴのあるロック」の範疇じゃないかとも言えますよね。

 

結論

 

まあ要するに、

 

この昔からの変わらなさが僕を、

KASABIANのファンであることをやめさせない

 

とかそんな結論になるでしょうか。

いやでもマジで、

今でも「迷わず新作を買う!」と思わせてくれるロックバンドって、

ほとんどいないですよ。

新作を買う時も大抵動画を見てチェックして、

買うか買わないかを決めてますし。

僕、お金ないから良いかどうかをしっかり見極めてから買いたいんですよ。

 

ソニマニでのライブはどんなものになる?

 

「ライブはどんなセトリになるのかな〜?

一発目は2014年のサマソニで観たように、

「Bunblebee」から始まって欲しいなあ〜」

とか今想像しています。

願わくばJusticeと時間がかぶったりしませんように…。

ただこの場合、Justiceはサマソニ大阪で観れるので、

KASABIANを優先しますが。

 

とにかく期待しちゃいますね。

いつもとは違う深夜枠でのライブなのにも期待。

 

あと、昔こんな記事も書いてました。

改題してますけど。

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

それでは、今日はこんなものにします。

読んでくれてありがとうございます!