カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

HOOBASTANK「『The Reason』 15th Anniversary Japan Tour」のライブを見て思ったこと

 

 

 

 

こんにちは。

 

つい先日、2018年10月18日に梅田TRADでの

 

HOOBASTANK

 

のライブに行ってきました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20181019180024j:plain

 

 

サマソニとか行く人には懐かしい名前?

正直言って「昔好きだったバンド」なんですが、

今年出た新しいアルバムが案外な方向で良く、すごく気になったので行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はどんなライブ?

 

今回のライブはこのバンドで一番売れた2ndアルバム、

 

「The Reason」

 

を全曲やるセットでした。

 

 

 

 

 

 

 

「The reason」はどんなアルバム?

 

いきなり重くて速い曲「Same direction」から始まり、

全体的にもそんな曲が多いです。

 

www.youtube.com

 

アサヒスーパードライのCMの曲だったJust one」

 

が有名ですが、

 

 

www.youtube.com

 

「The reason」というバラードも良い。

 

www.youtube.com

 

ONE OK ROCKとか好きな人はハマるかもしれませんね。

僕も15年位前、このアルバムを聴いてHOOBASTANKを知ったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はちょっと辛口に書いた?

 

ただ今回のライブ、ちょっと言いたいことがたくさんあります。

ファンの方すいません、

 

今回のレポートはちょっと辛口です。

 

 そこの所をご承知願います。

「今回のライブが最高だったからダメ出しなんて聞きたくない〜!」

っていう人は見ない方が良いと思います。

 

 

 

 

会場の梅田TRADはどんな状況?

 

その日は朝からバスに乗って大阪に到着、

天王寺から阪堺電車に乗ったり岸和田に行ったりして昼間を過ごし、

梅田の堂山町近辺、会場の梅田TRAD付近のバーで1人飲みしてました。

(この辺りの記事はまた後日書きます)

 

会場に着くとビックリ。

 

f:id:tatsuyakawakami:20181019180647j:plain

 

 

人がパンパンだ…!

 

すごくギュウギュウに詰める感じでした。

チケット売り切れたはずなのに当日券売ってたのは謎。

もっと大きな会場でもいけたのでは?

前の来日でお客さん入らなかったのかな?

僕はHOOBASTANKを見るのは2012年のサマソニ以来だったので、

わかりませんが。

6年ぶりHOOBASTANK

ともかく人が詰まり過ぎて汗ダラダラかく位暑かったです。

会場の外は寒いのに、しかも大分後ろで見てたのに。

コインロッカーも全て塞がってました。

 

 

 

 

 

前半「The reason」の曲を聴いて思った事は?

 

 オープニングアクトのSunrise in my attachecase?は,

割りとグルーヴある感じのロックでまだ若いバンド。

意外に日本人でした。

 

そしてHOOBASTANKのライブ。
最初は意外にも3rdアルバムの曲「First of me」から。
この曲やった事にちょっと期待を持ったんですけど、
その後は事前に言ってた通り「The Reason」をCDの曲順通りに、
「Same Direction」「Out of Control」と。
 
ライブでやる曲の順番が分かってるのは、
正直言って少しつまらなかった。
 
そして上の2曲はやはりメンバーが40代半ばになって、どうしても体力が落ちるので、
激しい曲はしんどそう。
特にダグラス(ボーカル)とクリス(ドラム)。
40代のおっさん達が20代の時のテンションで演奏するのは難しいのか…。
僕も一緒に歳を取ったので分からなくもない。
しかし、
 
「『The Reason』をストレートに、
曲順通りやる事なんてない!」
 
と思ったのは僕だけでしょうか?
 
今の体力に合わせて、ちょっとテンポを落としてみるとか、
ちょっとアレンジしてみるとかしても良かったのでは?
 
このライブまで練習してない曲も結構あったでしょうに。
「Just One」等は激しく速い曲なのに、なぜかすごいテンションでしたが(特にクリスが)。
 
 
 
 
 

後半、アンコール後の曲は?

 
しかし「『The Reason』の曲やり終えた後が楽しみだな〜」と思ってたら、
やり終えてアンコール後の「Pieces」がすごいテンションで。
やっぱりやる側も、
 
「この後ようやく『The reason』以外の曲がやれるぜ!」
 
と思ってたんでしょうか?
 
その後「Don't look away」などは、
シューゲイザーなファンクみたいですごく良かった。
でも新曲からは「Don't look away」と、「More beautiful」の2曲のみ。
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 
僕は「Push pull」の1〜5曲目の流れがファンクっぽくて、すごく好きです。
「Push pull」の曲、今のメンバーの体力と感性で、
昔とそんなに違わないHOOBASTANKらしい曲なので、
 
「The Reason」の微妙な曲を聴くより、
「Push pull」の曲をもっと聞きたかったです。
 
 
 
あと他のアルバムでは「Fight or flight」から「This is gonna hurt」や「No distination」、
あと「My turn」も聞きたかった!
3rdも僕は結構好きなんだぜ。
「If I were you」とかも久々に聞きたかった!
 
次はすべてのアルバムから、
満遍なくやるセットで来て欲しいです!
 
変な冠は要らないから。
僕は「The reason」はCDだけでも良い。
ライブでやらなくても構わない。
 
 
 
 
 

今回のライブの採点は?どんなシーンがあった?

 
今回のライブ、アンコール後で大分取り返した感じでしたが、
個人的には50点という感じでしょうか。
ちょっと今回のライブで7500円は高かったな。
 

 とは言え客のカップルをステージに上げて彼氏の方が指輪を捧げて、

プロポーズさせる所は良かったです。

その後ダグラスが、

 

「今夜彼らは激しいセックスするぜ!」

 

とかゲスな事言ってたのも良かった(笑)

あ、あと「『The reason』の後、良いアルバムが作れなくて苦しかったんだ…」

とも言ってました。

それは昔から来日する度にライブに行ってた身としては自分の事の様に苦しかった事。

 

こんな感じです。

また思い出した事あれば、ちょいちょい追記していこうと思います。

昼間に岸和田に行った記事もまた。

 

それでは今日はこの辺で!

 

 
 
 
 

 

 

 

 

 

CHAIは音の太いバンド!意外な有名人も来た?STARS ON 18

 

 

 

今年も終わりました。

結構時間が経ってしまいましたが、

簡単にSTARS ON 18の事を書いておこうと思います。

STARS ONは岡山県井原市美星町で毎年10月に行われているフェス。

詳しくはこちらの記事を見てください。

夜は冷えるので厚着を!自然、音楽、星空を楽しめる岡山県美星町のフェス・STARS ONとは? - カワタツブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

台風直撃か?と思ったのに

 

今年は「台風直撃か?」と思わせて当日は少し曇った程度で収まりました。

雨も全く降らなくて、

 

「何か持ってるなあ、このフェス」

 

と思わされました。

というのも、

 

10年間で雨が降ったのって1回だけだと思うので。

 

星も少し見えました。

開催の3日前は「中止が濃厚」と確信するほどな状況だったので意外。

でも良かったです!

 

 

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20181007232736j:plain

 

 

 

 

チケットが値上がりして売り切れなかったのはアリ?

 

今年はチケットが売り切れなくて若干ですが会場のスペースに余裕が。

食べ物も去年までは夜までに売り切れる店舗もありましたが、

今年はそんな事もなく。

その分チケットが千円値上げされてましたが毎年チケットが余裕で売り切れるなら、

 

値上げしても行きたい人だけに来てもらうのもアリ

 

だと思います。

 

あとリストバンドも

 

蓄光(光を当てると、しばらくボンヤリと光る)

 

する素材になってました。

これも多分値上げした成果。

去年までは紙素材のをノリでくっつけるだけのものでしたので。

 

 

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20181008151430j:plain

 

 

 

 

今年はお酒の売り子の女の子も。

座っているのに手元まで持ってきてくれるのが良くて、

2本ほど買ってしまいました(笑)

 

 

 

 

有名人もいた?

 

あとビックリしましたがモデルの萬波ユカが来てました。

いろはす」とかのCMに出てる人なんですけど、ご存知ですか?

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20181011173826j:plain

 

 

 

 

この人が岡山の田舎のフェスにいたんですよね〜。

実物はテレビで見るより背が高かったです。

STARS ONは岡山以外でも評価が高いみたいなんですが、

東京のモデルの人が来る位地名度が上がったんですかね?

 

 

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20181008151352j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブはどうだった?

 

CHAIは思いの外ベースが太くて、

意外にバシバシしたエレクトロポップみたいなバンドでした。

人力ドラムンベースみたいな曲もあって意外と好きな音。

ただ終わった後、動画を見たんですけど、なんかちょっとキツいものがある…😅

 

 

 

www.youtube.com

 

 

最近PassCodeとかPerfumeとか、

かわいい女の子の動画を見過ぎたせいだと思います😅

 

PassCode「Tonight」は天を貫くラブソング? - カワタツブログ

のっちがすごく美人になってない?Perfume「FUTURE POP」に遅れてハマった! - カワタツブログ

 

 

YOUR SONG IS GOODは相変わらず最高。

迷ってましたが新しい7インチシングル買います。

来月のエビスヤも行きます。

しかし友達何人か、ハウスみたいな方面に行ってしまったのが、

納得出来ないという人も。

 

向井秀徳は最後YUIの「チェリー」歌ったのが意外でしたが、

YUIはレーベルの後輩だそう)

すごく盛り上がりました。

 

電気グルーヴも楽しかった。

夜になってからステージ上に蛾がたくさんいたんですが、

手で捕まえたりして(笑)

シャングリラと富士山。

 

 

 

 

終わった後に思ったことは?

 

いや〜今年も楽しかったです。

なかなか会えない友達にもたくさん会えましたし、

(東京に住んでる友達にも会えるって、すごい)

 

個人的にはSTARS ONは同窓会(笑)

 

ただ昼間が暑かったので、

日焼けして腕が2・3日くらいヒリヒリしました…😅

 

またSTARS ONの前はSTARS ON関連の記事にアクセスが多かったんですが、

昨日今日辺りで大分減ってきましたね…😅

この記事はおそらく来年のSTARS ONの前によく読まれそうな気がします。

 

さて今月後半から来月前半まで予定が多くて、

出費が多くて困ってます😅

旅行はライブのついでに2回ほど行く予定。

スケジュールもハードで一個一個ブログを書くことを考えればしんどいですが、

頑張ります😅

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「モディリアーニにお願い」3巻を読んで

 

 

 

こんにちは。

台風、うちの辺りは被害がほぼ無かったです。

東京の方は電車が止まって大変だったみたいですね?

僕は日月とたまたま休みだったので「電車が止まる」とか、

「出勤できるか?」とか気にしなくて良く気楽でした🤗

 

 

 

 

 

そして今日は漫画の話です。

 

モディリアーニにお願い」の3巻を読みました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20181001214852j:plain

 

 

 

 

この漫画については以前も記事にしましたが、

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

何冊かまとめて紹介したので、この漫画だけの記事を書きたかったんです。

 

 東北の美大に通う3人組の話。

 

ガラス専攻の千葉

洋画の藤本

日本画の本吉


この3人の創作に打ち込む楽しさと辛さ

それを通じて人間的に成長する姿を、

眩しく優しく描いてあります。


舞台が東北なので震災の話も。

読んでて辛い所ですが失ったものを乗り越えるつらさ・強さも感じ取れます。

 

3巻では3人で合作をしたり、

全く人が来ない展覧会で千葉がバイトをする話、

本吉が死んだお父さんの友達と会う話や、

準レギュラーな長髪の先生の話も。

 

 どれも印象的ですが特に合作の話が良かった。

 

僕はこの合作の話をビッグコミックで読んで、

この漫画を買おうと決めたんです。

 

とにかく優しい話。

そして優しい気持ちになれるので、

是非読んでもらいたいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回色文字が多くて逆に見辛かったですかね?😅

 

余談ですが今週日曜日、岡山県美星町であるSTARS ONというフェスに行く予定。

 

しかしこの日に台風が直撃し、

中止になりそうな気配がプンプンしてきました。

 

もちろん中止になって欲しくはないですが中止になっても良い覚悟をしとかねば。

 

という感じです。

思ったより文字数少なくなりましたが、

モディリアーニにお願い」是非読んでくださいね!

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年8・9月に読んだ本

 

 

 

 

こんにちは。

皆さん、台風の被害はいかがでしたか?

この記事を書いている現在、激しい風雨がようやく収まった頃なんですが、

岡山県はまた大きな川が氾濫してヒヤヒヤ。

うちも窓ガラスが割れそうな強風が吹いて慌てて窓のシャッターを締めました。

 

さて、それはともかく今日は本の話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

出会い系サイトで70人で実際に会ってその人に合いそうな写真をすすめまくった1年間のこと/花田菜々子

 

 

 

主人公というか作者の女性は、

 

ヴィレッジバンガードの店長さん。

 

本に詳しい主人公の女性が出会い系サイトでいろいろな人に出会い、

その人に合った本を紹介していく話。

 

この本はタイトルだけですごく読みたくなって中身も読みやすいしGOOD!

 

「いろいろな人に会う事は面白いし、

何かが生まれるんだな」

 

と気付かせてくれたり、また本の紹介の仕方なんかも勉強になりました。

また出会い系サイトで会う人達に本を紹介することで成長していく作者の方を見れて、

物語として面白かったです。

 

しかし次に予約してる人がいて早く読まざるを得ず困った。

「武王の門」と並行してたし、サクッと読める本でよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陽炎の旗/北川謙三

 

 

 

以前記事にした、

 

「武王の門」の続編。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 舞台は「武王の門」の20年後の世界。

 

そして、

 

主人公は足利直冬の息子(足利尊氏の孫)の来海頼冬。

 

足利義満が出てくる話と聞いてたので、てっきり頼冬が義満になる話かと思いきや、

違いました(笑)

「武王の門」に出てきた都竹月王丸も出てきます。

 

しかし今回は史実に基づいた話ではなくフィクションの様ですね。

防府の戦い、検索しても出てこなかったので。

 

「宿命」を強調したい意図が見えた話。

「武王の門」とやたら関連付けた人々が出てきて、

彼らが対峙する宿命を心地良く思いました。

 

個人的には斯波家の家臣の大野武峰が好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道誉なり上下巻/北方謙三

 

 

 

 

 

 

これまた室町時代の近江(滋賀県)の大名・

 

佐々木道誉(どうよ)

 

の話。

 

道誉は面の皮が厚く図太く用意周到な印象の策士。

 

しかし実は、

 

道誉の視点で足利尊氏の物語を描いてるのでは?

 

とも思わされました。

というのも、足利尊氏が第二の主人公という位によく出てくるし、

心理や行動、性格の描写も多数。

 

 

しかし観応の擾乱の話になり直義が逃げ込んだ尊氏の館を、高師直が軍勢で取り囲んだ時、

 

 

「御所巻」だーー!!!

 

ってテンション上がっちゃいました(笑)

詳しくは亀田俊和さんの「観応の擾乱」を読んでみて下さい。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

 

 

「滅びの歌を歌う少年」は室町時代トム・ヨーク

 

また道誉が育てている「滅びの歌を歌う少年」は、

ずっと聞いていると斬りたくなる程、人の心を滅入らせる歌声。

 

RADIOHEADトム・ヨークみたいな声?

 


Radiohead - Pyramid Song

 

今の日本にもそういうシンガーはいるし、

 

室町時代にもいた。

 

そして死が現代よりも身近な室町時代で、

この歌を聴くと、より滅入る。

 

足利尊氏がこの子供の歌を聴いて「思わず斬りたくなった」という場面もあったし。

室町時代にも鬱ソングを歌うシンガーはいたんですね。

 

 

 

 

 

 

ダジャレもある?と思うのは自分だけ?

 

あと「斯波がしばしば」とか、

 

「どう思う、道誉?」(「どうよ、どうよ?」的な意味になる)

 

とかダジャレに聞こえたのは僕だけでしょうか?

 

これも「武王の門」や他の北方さんの小説の話がクロスオーバーしてて、

武王の門の懷良親王菊池武光がチラチラ名前が出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

8・9月で読んだ本を振り返って

 

今回2ヶ月分に渡ったのは、

8月の武王の門の記事を独立した1つの記事にし、

それ以外に8月に読んだ本は花田菜々子さんの本だけ。

1つの記事にするには文字数が足らなかったからです。

 

とにかく北方謙三さんの室町時代の小説はハマりそう。

ただ現在は別の時代の歴史小説投資信託の本を読んでて、

次回はそちらの話をまとめようと思います。

 

 それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MUSEの新作アルバムのジャケットって、これなん?

 

 

こんにちは。

あいにく台風の日曜日ですが皆さんいかがお過ごしですか?

少しご無沙汰しておりました。

最近スケジュールがちょっとハードだったんです…😅

 

 

 

先日MUSEの新作が11/9発売と発表されましたね〜。

 

 

しかし、ビックリしたんですけど、

 

ジャケットがめちゃめちゃゴチャゴチャしてる…!!

 

 

 

 

 

 

 

【ヤフオク】日本郵便で香水は送れない

 

 

 

こんにちは。

僕の部屋には昔からあるガラクタを入れておく箱があるんですが、ふと思い立ち,

 

全部ヤフオクに1円スタートで出してみよう!

 

と思い、やってみました。

すると

 

1円とはいえ落札件数が結構多くて。

 

靴の紐、使いかけの香水、使ってない印鑑ケース、iPodの充電器とか、

意外と全部売れました。

 

売れた後は郵便局で発送するんですが梱包して持っていくと、

 

香水は郵便局で送れない

 

ことが分かりました。

 

香水は揮発性があって発火しやすい

 

ので陸送にしても空輸にしても日本郵便では取り扱えないそうです。

 

じゃあその代わりに何で送ったかというと、

検索して発見したサイトによれば、

 

torisedo.com

 

 

 

ヤマト運輸の宅急便コンパクト

 

で送ればいいことが分かりました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20180921170342j:plain

 

コンビニで上の写真の様な専用の梱包箱を買い、

それに香水を梱包してまたコンビニで送りました。

どう梱包したかというと、いわゆるプチプチとか緩衝材に香水を包み、

ビニール袋の口をきつく縛って、

(香水が漏れないようにするため)

梱包箱に入れました。

 

しかし郵便局の定形外郵便で送れば205円で済むはずだったのですが、

(重さ的にはそれぐらいの値段)

宅急便コンパクトだと梱包箱65円+送料602円で667円もかかり、

205-667

=-462円の赤字。

 

ヤフオクでは追加料金取れませんからね〜😅

日本郵便で送れないもの、これからは気をつけて損しない様にしたいと思います。

 

郵便物として差し出すことができないもの - 日本郵便

 

とはいえ、香水とか発火性の高いもの以外は特に気を付ける必要はありませんかね。

 

あと、

 

「お前、香水なんて持ってるんだな?」

 

と思われた人もいるかもしれませんが、

大学生の時、オシャレに気を使ってて買ってみた事があったんです。

 

でも匂いのキツい香水を買ってしまい、

付けると頭痛がする様になってしまいました😅

 

それから香水は買ってません。

 

 

今回は結構物を送る時の落とし穴になるかと思って記事にしてみました。

まあ上のリンクの記事とかがあれば僕の記事は要らないかもしれませんが…😅

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表町のカフェ・「ヒバリ照ラス」のDJイベントに行ってきた

 

 

 

 

こんにちは。

今回は日記みたいなもんです。

先週の日曜日で結構前になりますが😅、

友達がDJしてたカフェでのイベントに行ってきました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20180921104205j:plain

 

岡山市の表町商店街のヒバリ照ラスというカフェ。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20180921104158j:plain

 

ほぼ7インチのみのマニアックなイベント。

お酒も岡山のお店が出店してて柑橘系やマスカットのカクテル

手作りジンジャーエールが入ったジントニックもあり、

お酒が美味しいのと音楽聴いて楽しいので酔いました(笑)

 

f:id:tatsuyakawakami:20180921104152j:plain

 

 

完全に店の外でやってて表町商店街を通る人も音楽に一瞬足を止めたり。

(商店街に向けてしっかり音を出してる)

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20180921104145j:plain

 

 これはヒバリ照ラスの外の天井(表町商店街のアーケード)の風船。

インスタ映えしますよね〜(笑)

 

f:id:tatsuyakawakami:20180921105032j:plain

 

 

DJしてた人達と仲良くなって、ヒバリ照ラスからすぐ近くの、

宝来軒という中華料理屋に行きました。

このエビチャーハン茶碗2杯分はあると思うんですが、

これでなんと550円

安い!

量多かったですが自転車で来てたんで案外いけましたね。

 

味も油っこくなくて、あっさりしてて美味しかったです!

 

「次はDJしてくれ!」と言われて「是非やらせてください!」と言っちゃったんですが、

よく考えたら僕、7inchとかはあまり持ってないので逆に不安です…😅

12inchも使えるようですが、果たして。

ただ友達にレコードの集め方を教わったので僕も(お金があれば)集めてみたい。

しかし久々に音楽のイベントへの嗅覚が働いた気がします。

こういう音楽のイベントにたくさん行って酔いたい(笑)

 

それでは今日はこの辺で!