カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

【永平寺】巨大で古い寺院建築に迷いそう?修行僧が修行する雰囲気を感じてみて!

 

 

 

こんにちは〜。

前回は東尋坊からバスで永平寺まで行った所までを書きました。

 

東尋坊記事)

 

今日は永平寺を周ります。

 

 

永平寺の巨大な寺院建築

七堂伽藍で迷いそうになりながら、

有名な天井絵を見て、

修行僧が修行する雰囲気を感じ取ってきました。

あと最後に福井県の総まとめみたいな食事をしました。

 

そして、ここで福井旅行最後の記事

福井県の観光全体のまとめもここでやります。 

 

まずはバスが永平寺に着いた所から。

 

 

 

 

永平寺までの参道は?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185025j:plain

 

バスが永平寺門前に到着。

 

ここは福井県の観光名所で、

一番人がいました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185038j:plain

 

参道は石畳の道。

入場券はこの横の自販機で買えました。

 

大人500円、

小・中学生200円。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185051j:plain

 

背の高い木の多い入り口。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185105j:plain

 

木陰が多く涼しくて良かったです。

 

木陰のせいか山の中のせいか、

永平寺はここまでの名所の中で一番涼しかった様な気がします。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185118j:plain

 

また苔むした石垣。

時代を感じる。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185132j:plain

 

永平寺鎌倉時代道元が開いた座禅修行の道場。

 

 

 

 

 

 

傘松閣絵天井の間の天井絵はどんなもの?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185146j:plain

 

内部はとても広いです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185159j:plain

 

天井に絵がたくさん。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185209j:plain

 

全部、花の絵だった気がします。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185233j:plain

 

傘松閣絵天井の間。

 

昭和5(1930)年当時の著名な画家144名による、

230枚の色彩画。

 

 

 

 

七堂伽藍とは?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185246j:plain

 

ここからは七堂伽藍。

とても広くて迷路みたいに迷いそうでした😅

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185258j:plain

 

この建物は…額縁には「覚王○殿」とありますが、

仏殿だったかな?

 

七堂伽藍は座禅を組んだ人間の体の部分を、

表しているそうです。

 

一番北にある法堂(はっとう)が頭、

東司(とうす)が左足、の様に。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185310j:plain

 

いやしかしとても古いです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185322j:plain

 

どこをどう撮ったのか覚えてません。

広いんです。

 

決して最後の記事で疲れてるから、

サボってるわけじゃない…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観光客のすぐ横で修行僧が読経をしている?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185338j:plain

 

面白いのは、とてもたくさんの観光客がいるのに、

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185350j:plain

 

そのすぐ横の部屋で修行僧が読経をしたりしている。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185412j:plain

 

もちろん読経や座禅の邪魔をしてはいけません。

なるべく静かに。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185429j:plain

 

修行僧を撮るのもNGです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185441j:plain

 

結構若いお坊さんがいるのにもビックリです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185454j:plain

 

しかし若くして仏門に入る決意があるのはすごいですね。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185507j:plain

 

しかし越前の木はどこも背が高い…。

僕が昨日熊に襲われた辺りも高い木が多かった。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185520j:plain

 

ああいや…熊には襲われていません。

 

とにかく永平寺、とても荘厳で厳格な雰囲気がありました。

 

内容薄い?😅

 

この空気、言葉に表せないけど、とても良かった。

インパクトがあった。

 

 

 

 

永平寺の門前で何を食べた?福井最後の食事?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185533j:plain

 

永平寺を見終わってから、

次の福井駅行き特急バスまで時間があるので、

福井県最後の食事を取る事にしました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185554j:plain

 

 

越前そば

ソースカツ丼

胡麻豆腐と、

 

福井名物ばかりのセット。

 

福井の最後の食事を惜しむかの様に…。

 

胡麻豆腐はプリンみたいな食感。

越前そばは今回は柚子胡椒を効かせて食べました。

ソースカツ丼はヨーロッパ軒のより甘みがありました。

どれも美味しかったです。

 

永平寺そば亭一休、バスを降りた時に割引券をもらったから選んだ店なのに、

とても良かった。

ちなみに、福井駅行きバスのチケットも、

このお店、一休で買えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後まっすぐ岡山に帰った?

 

そして13時台のバスで福井駅へ。

お腹もいっぱいだし、

お土産も東尋坊永平寺でしっかり買ったので、

思い残す事はない。

 

永平寺から福井駅までの特急バスは、

所要時間30分。

720円です。

 

ブルーノメンデス。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185606j:plain

 

到着してすぐ敦賀行きの普通電車に乗りました。

 

さらば福井。

 

この後、敦賀駅売店があったのを確認して、

姫路行き新快速に乗りました。

 

敦賀→姫路→東岡山と、

まっすぐ岡山に帰りました。

 

特筆すべき事はないですが、

姫路で駅そば食べるのではなく、

おにぎりを買って上郡過ぎてガラガラになった車内で食べるのが、

結構良いのに気付いたくらいでしょうか。

 

以上です。

 

 

 

 

永平寺まとめ

 

  1. 永平寺鎌倉時代道元が建立。
  2. 傘松閣絵天井の間には昭和初期の著名な画家144名による230枚の色彩画が飾られている。
  3.  七堂伽藍は座禅を組んだ人間を表している。
  4. 観光客のすぐ横で修行僧が読経する。
  5. 修行僧を撮るのはNG。
  6. 永平寺そば亭一休の福井名物セットが美味しい。

 

どうでしょう?

割と内容ありそうなまとまり方をしたんですが、

スカスカではない?😅

 

続きまして福井県のまとめ、いきます。

 

 

 

 

 

福井県観光まとめ

 

  1. 敦賀まで新快速に乗る時は前4両に乗る。
  2. 丸岡城は日本最古の城で中が素晴らしいが一筆啓上の館も!
  3. 福井城址の堀の中に立つ福井県庁は意外とかっこいい
  4. ソースカツ丼はイメージ通りの味だが美味しい。
  5. 一乗谷朝倉氏遺跡は交通の弁が悪いが室町〜戦国時代の街並みが味わえる
  6. 越前大野は盆地でとても暑いが、大野城の登山道は木陰が多く涼しく歩ける
  7. へしことビールの相性は抜群
  8. あわらグランドホテルは部屋の古さを気にしなければ最高!
  9. 東尋坊の柱状節理と日本海と夏の空、景色がとても良かった。
  10. 永平寺の巨大な寺院建築。天井絵。修行僧が修行してる雰囲気を感じ取れた。

 

 

福井旅行、

暑さと公共交通機関の少なさが、

なかなか過酷でした。

 

が、

 

見所多くて、とても楽しかったです!

 

北陸新幹線が福井、敦賀芦原温泉に通ったら、

観光爆発してほしい!(笑)

 

2年後を期待してます。

 

現在2019年8月10日23時。

旅行から帰って書き終わるまで8日かかりました。

 

さて次の旅ですが、

サマソニが台風で中止になるかどうか怖いです😅

無事開催されたら楽しみますが、

中止になった場合は予約してる新幹線と宿をキャンセルせずに、

どこかに出かけて楽しもうと思ってます。

 

それではここで失礼します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【東尋坊】名前の由来はどこから?柱状節理の崖と、青い夏の空と海がとても良い景色!

 

 

こんにちは〜。

前回はあわらグランドホテルに泊まり、

早朝散歩してから東尋坊行きのバスに乗った所まで書きました。

 

とうとう2泊3日の旅の最終日です。

 

この日は東尋坊永平寺に寄り、

岡山まで帰りました。

 

 

東尋坊の景色の写真を載せて、

東尋坊」の名前の由来と、

柱状節理について少しだけ説明してます。

また永平寺に直行するバスと、

三国港を経由してえちぜん鉄道に乗って永平寺口まで行くルート、

どちらが良いか少し考えを述べています。

 

 

 

 

 あわら湯のまち駅から東尋坊までのバスは?

 

バスが芦原温泉を出発する時、少し寂しかったです。

あわら湯のまちから東尋坊までは25分位

だったでしょうか。

 

15分程走ると日本海が見えてきました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809184634j:plain

 

島の多い瀬戸内海育ちなので、

水平線の見える日本海は広く感じます。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809184646j:plain

 

 

本当は海水浴もしたいんですが、

一人旅ばかりしてると難しいですね😅

海水浴は連れが欲しいです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809184700j:plain

 

バスが雄島のバス停に止まりました。

 

赤い橋と鳥居がとても素敵。

 

降りたかったですが時間が無くて断念。

名所2ヶ所と6時間の電車移動が、

この後待っていますのでね…。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809184712j:plain

 

東尋坊バス停に到着。

まず帰りのバスをチェック。

 

乗ってきたバスと逆のルートを通るバスが、

永平寺まで行く事が判明。

 

の付いたバスが永平寺まで行くバス。

 

 

 

 

 

 

東尋坊の景色は?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809184752j:plain

 

そして東尋坊の崖へ。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809184810j:plain

 

崖も良いですが、青い海が良い。

この時朝8時半だったでしょうか。

それでも結構暑かったけど、

夏旅にして良かったです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809184822j:plain

 

重たい荷物を持っていたので、

あまり足場の悪い所には行かない様にしました😅

少し残念😅

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809184834j:plain

 

遊覧船にも乗りたかったですが、

所要時間30分。

 

時間があればなあ〜。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809184846j:plain

 

しかし崖もすごい。

タモリさんが喜びそうです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809184902j:plain

 

良い天気にも恵まれて良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東尋坊」の名前の由来は?

 

東尋坊」という名前、

「お坊さんとか僧の名前みたいだな?」

 

と思ってくれた人います?

 

www.net24.ne.jp

 

このサイトによると、

 

昔、平泉寺(勝山の白山平泉寺?)に、

東尋坊というとても力が強くて乱暴な僧がいました。

平泉寺の僧達は困り果て、

東尋坊を海辺見物に誘い出すことに。

岸壁から海を見下ろせる場所で酒盛りを始め、

東尋坊も酔って横になり、ウトウトし始めました。

そこで、

 

僧達は東尋坊を崖から突き落とし、

東尋坊は崖の下へ落ちて行きました。

 

すると、

 

青かった空が黒く染まり、

豪雨と雷が大地を震わせました。

 

以来、

 

毎年東尋坊が突き落とされた、

4月5日には天候が荒れ、

 

福井東光寺の長老瑞雲が作った詩を海に沈める事で収まったそうです。

東尋坊が落とされた崖がこの辺りだったんですね。

 

ちょっと要約にしては長いかもしれませんが、

これが東尋坊の名前の由来だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

柱状節理って何のこと?どうやってできた?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809184914j:plain

 

柱状節理を真近で。

 

「柱状節理って何?」と聞かれると、

僕もブラタモリを見て知った程度でよく分かりません😅

 

matome.naver.jp

 

ここを読んで見てください。

 

柱状節理とは岩石中に発達した、

五角形ないし六角形の柱状の割れ目。

 

柱状節理がどう出来るのかは難しいですね😅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和を感じさせる東尋坊タワーからの眺めは?

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809184926j:plain

 

続いては東尋坊タワーに登りました。

東尋坊タワー昭和感を感じさせる古いタワーで、

エレベーターの辺りから焦げ臭い匂いがして、

ちょっと怖かったです😅

ともかく地上14階海抜100m地上55mの、

東尋坊タワーをエレベーターで登りました。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809184938j:plain

 

海と空だけでとても青々しい。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809184949j:plain

 

先程の雄島を眺める。

 

 

 

 

 

バスまでの時間潰しをする?

 

しかし参りました。

個人的には東尋坊はもう見終えたのに、

 

バスの時間の関係で、

1時間待たないといけません😅

 

暑いので外で崖をずっと見るのは無理ですね〜😅

 

とりあえず最終日なのでお土産をこの辺りのお店で買い込みました。

海老やタコのせんべい

へしこ羽二重餅など。

 

あとは、

 

どこかお店に入って時間潰そうかな〜?

 

と思いました。

海のある町は海鮮が美味しそうですが、

値段が高くてスルーしてしまいます。

イカ焼きが一本800円はちょっと。

食べたいけど〜😅

 

 

 

 

ジャズが流れる良い雰囲気のお店に入った?

 

それで入ったのがこのお店。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185000j:plain

 

「ダウンビート」という喫茶店で、

コーヒーフロートを頂きました。

 

 

https://www.instagram.com/p/B0pGVFKlTD2/

ジャズが流れて海の見える喫茶店。年配の女性が1人でやってらっしゃるお店。すごく落ち着いた。さあバスに乗ろう。#東尋坊 #ダウンビート#コーヒーフロート#越前 #福井#福井県 #tk旅

 

 

とても良い雰囲気の良いお店でした。

 

 

 

 

 

 

永平寺まで直行バスを選んだ理由は?

 

そしてバスに乗りました。

 

 

永平寺まで直行。

1時間ではなく1時間45分でしたが…😅

 

三国港までバスで行き、

そこからえちぜん鉄道あわら三国線で福井口まで、

永平寺勝山線で永平寺口駅まで、

バスで永平寺、というルートも面白そうでした。

 

しかし乗り換えなしで直行する、

早さと楽さを選んで永平寺に直行しました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190809185014j:plain

 

丸岡藩砲台跡地という標識を見かけて撮りましたが、

うまくいかず😅

 

ここから丸岡城は大分遠いんですが、

丸岡藩の領地だったんですね〜。

東尋坊丸岡城のある坂井市みたいですし、どちらも広いんだな。

 

バスはあわら湯のまち駅

JR芦原温泉駅丸岡城

永平寺口駅などを通過し永平寺へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

  1. あわら湯のまち駅から東尋坊まではバスで25分ほど。
  2. 東尋坊は崖と青い海、青い空のコントラストが映えてとても良い景色。
  3. 東尋坊の名前の由来は白山平泉寺の乱暴な僧。怨念が嵐を呼んだ。
  4. 柱状節理の崖。
  5. 30分の遊覧船もある。
  6. 東尋坊タワーからの眺めは絶景
  7. ダウンビートはジャズの流れるとても良い雰囲気の喫茶店
  8. 東尋坊から1時間45分で永平寺に直行するバスがある。
  9. あわら湯のまち、芦原温泉駅丸岡城も経由する。

 

この辺りが大事な所でしょうか。

さて次が福井旅行最後の記事。

続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【あわらグランドホテル】部屋は古いけど温泉が多く宿泊料金がリーズナブル!

 

 

 

こんにちは〜。

前回は忘れ物を取りに福井駅まで往復した時の事を書きました。

今日は2日目に泊まった、

あわらグランドホテルの事を書きます。

なかなかクセが強かったのです。

 

awaragrandhotel.jp

 

 

このホテルのメリットデメリットをまとめました。

 

結果的に、

とても満足のいくホテルでした!

 

芦原温泉を散歩した事も書いてます。

 

 

 

 

 

 あわらグランドホテルはどんな宿?

 

あわらグランドホテルは、

えちぜん鉄道あわら湯のまち駅から徒歩5分くらい。

僕は歩くのが速いので普通の人は10分位かかるかも?

 

チェックインして部屋に荷物を置いてから、

電車で福井駅まで戻ってコインロッカーの荷物を回収。

ようやく、あわら湯のまち駅まで戻り、

 

「コレでようやく旅の続きができる…。

てか疲れたし体も服も汗でベタベタ。

温泉に入りたい…」

 

という気分で部屋に入りました。

 

 

 

 

部屋が古い?いろいろ難点がある?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807223048j:plain

 

こんな感じの部屋。

ちょっと古いです。

 

鍵も古く、かかりにくくて手こずりました😅

 

そして、

 

部屋の前の廊下がギシギシ鳴る…。

 

隣近所の部屋の人に気を使って歩きました😅

 

トイレにウォッシュレットは付いてないし…、

 

ん?それは人による?

僕はウォッシュレットが付いてた方が良い人間なので…😅

 

 

 

 

 

 

素泊まりの値段がとても安い?

 

でも、良いんです。

 

なぜなら、

 

今回の宿代、

素泊まり5700円。

 

温泉地でこの値段で泊まれる宿、

なかなか無いですよね?

 

多分僕が泊まった長生館という建物が古いので、

安く出しているんだと思います。

他の館の部屋は新しくて綺麗そうでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉がたくさんあり広くて良い?

 

さらに、

 

温泉がなかなか広くて良い。

 

しかも、

 

男が入れる温泉は4ヶ所あります。

 

正確には、

 

全館で男湯3ヶ所、

女湯3ヶ所、

混浴1ヶ所。

 

混浴がある温泉には初めて来ました(笑)

流石に混浴に入ったら「下心見え見え」みたいで入る勇気はありません。

ただ後でインスタグラムで、

あわらグランドホテルを検索したら、

 

「混浴に入ったら奇跡が起きた」

 

みたいな投稿がありました(笑)

 

 

そう、古いのにWi-Fiはあって、

助かりました😉

 

夜に展望風呂、

朝に朝倉の湯?という湯に入りました。

とても気持ちが良かった。

古い部屋も慣れると落ち着いてきて良いもんでした。

 

 

 

 

朝早く目が覚めて芦原温泉を散歩?

 

そして次の日、温泉に入って元気になったか、

 

朝の4時に目が覚めました😅

 

その後全然寝られなかったんですよね〜。

朝から温泉に入りました。

 

早朝で誰もいないし、

程良く日光が入ってくる風呂。

気持ち良かったです。

 

その後朝食なしプランだったので、

コンビニを探すついでに芦原温泉を散歩。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807223117j:plain

 

与謝野晶子芦原温泉に来て、

短歌を詠んだそうです。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807223104j:plain

 

越の国

あはらの湯場の

雪にさす

いみじく清き

あけぼのの色

 

僕みたいに明け方に温泉に入ってたんでしょうね。

季節は冬で雪があったでしょうか。

とても爽やかな朝の日光だったんでしょう。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807223130j:plain

 

この記事を書いてる頃にやってるはずの、

 

あわら湯かけまつり。

 

WE WILL ROCK 湯ー。

 

(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あわらグランドホテルをチェックアウトする時の気持ちは?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807223146j:plain

 

あわらグランドホテルの玄関口です。

最初は部屋の古さに戸惑いましたが、

翌日チェックアウトする頃には、

 

とても満足。

 

ホテルを出るのが寂しい程でした。

 

 

 

 

まとめ

 

  1. あわらグランドホテル・長生館は部屋が古い
  2. 鍵もかかりにくい
  3. トイレにウォッシュレットがない
  4. 廊下がギシギシ
  5. しかし素泊まり5700円と安い
  6. 温泉がたくさんある。混浴も
  7. 意外に部屋にWi-Fiはある
  8. あわら湯のまち駅から徒歩10分
  9. 芦原温泉には与謝野晶子も来た
  10. WE WILL ROCK 湯ー。

 

そして早い内に起きれたのを利用して、

あわら湯のまち駅から東尋坊行きのバスに乗りました。

 

続きます。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

越前福井浪漫麦酒と「へしこ」は相性が抜群?えちぜん鉄道の電車と駅は?

 

 

こんにちは〜。

前回は越前大野から福井駅まで戻った所まで書きました。

今日はその続きで福井駅で飲み食いしたのと、

えちぜん鉄道についてです。

 

 

 

飲み食いしたのと電車の話。

そんな重要な事はないですね。

日記。

 

あと結構大きめなミスをしました😅

 

割と長くなったので独立した記事にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 8番らーめんは懐かしいけどハイテク?

 

バスで1時間のなかなか長い移動でしたが、

福井駅に戻ってきて一安心。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807222423j:plain

 

 

8番らーめんに行きました。

岡山にもお店がありますけど、

地元に昔お店があり懐かしかったんです。

 

さらにバスに乗ってる間に、

やたらと8番らーめんの看板が主張してくるので、

気になって食べました。

 

お隣の石川県の小松市に本店があるんですね。

距離的にはそこまで遠くないか。

電車で1時間半くらい?

 

豚骨醤油の「コクうまらーめん」を食べました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807222412j:plain

 

タブレットで注文するというハイテク。

個人的にはとても良いと思います。

福井駅の中で交通系ICも使えるから、

店員さんの負担が少ない。

 

 

 

 

 

越前福井浪漫麦酒って美味しい?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807222904j:plain

 

同じく福井駅内のNOMOSSAという立ち飲み屋で、

越前福井浪漫麦酒アンバーエールを飲みました。

 

サッパリして美味しかったです。

 

買って帰れば良かったかな?

 

 

 

 アンバーエールは広告が無かったです😅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「へしこ」って何?ビールとの相性は?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807222926j:plain

 

「へしこ」をツマミに飲みました。

 

鯖をぬか漬けしたもの。

 

塩分と旨味がギュッと詰まってて、

ビールとの相性バツグンでした😚

 

 

 

 

 

 

 

 

えちぜん鉄道の電車と駅はどんな感じ?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807222938j:plain

 

そして、この後はえちぜん鉄道三国芦原線で、

あわら湯のまち駅芦原温泉まで。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807223012j:plain

 

えちぜん鉄道福井駅

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807223024j:plain

 

新しい木の感じで綺麗です。

ただ切符を窓口で人から買うシステムには困りました😅

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807223036j:plain

 

30分に1本でも、「本数いっぱいある!」と安心(笑)

 

そして電車はのんびり、あわら湯のまちまで。

しかし電車が着く直前、とんでもない事を思い出しました。

 

 

 

 

 

 

ミスをして時間とお金をロスした?
 

 

痛恨のミス…😅

その後ホテルにチェックインしてから、

福井駅に電車で戻り荷物を取りに行きました。

 

3日間のうち貴重な2時間をロスしました…😅

お金も1340円もかかった…。

 

 

と思いました😅

 

福井駅でスパッと荷物を取り、

来た電車が折り返すのに乗ったので、

時間のロスは最低限で済みましたが…😅

これからはまず荷物を最初に取りに行く様にします😅

この日は暑い中歩いたので疲れたのもあるかな😅

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

  1. 8番らーめんタブレットで注文する
  2. 福井麦酒アンバーエールはサッパリして美味しい
  3. 「へしこ」は鯖の糠漬け。塩気と旨味が凝縮されてビールとの相性が抜群
  4. えちぜん鉄道福井駅は新しい木の感じでオシャレ
  5. ただ切符を買う窓口は人力なのがイケてない
  6. 預けた荷物は最初に取り出しましょう…

 

 

教訓みたいなのもありますが…😅

 

次は芦原温泉で泊まったホテルの事を紹介します。

それではまた明日〜! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【越前大野城】天空の城への登山道は?盆地で夏は暑い?

 

 

こんにちは〜。

前回は一乗谷から越美北線越前大野に向かった事まで書きました。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

一乗谷から越前大野までの電車は?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220902j:plain

 

一乗谷から越前大野まで電車で40分。

 

しかしロングシートだし、

初めての電車って長く感じるもので少し辛かったです😅

それに、

 

日差しが強くてカーテン閉めるから、

外があまり見れない。

 

退屈なんですよね。

見れても山ばかりですが😅

 

 

 

 

 

越前大野駅の雰囲気は?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220931j:plain

 

越前大野駅のホームの

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220949j:plain

 

越前大野駅、駅舎は割と綺麗。

そして越前大野城へのバスにすぐ乗れました。

しかし後から考えたら、

少ない越美北線の電車と接続していたんですね。

帰りはバスには乗れませんでした。

 

 

 

 

 

結ステーションとは?

 

5分程バスに乗って大野城の山のふもと、

結(ゆい)ステーションまで。

 

www.city.ono.fukui.jp

 

 

お土産屋と休憩所を兼ねた施設。

「結」が何を意味するのかは調べても良く分かりませんでした😅

 

 

 

 

 

 

越前大野城に登る前の心境は?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221026j:plain

 

麓からも越前大野がこんな感じで見えました。

凛々しい姿が見れて嬉しいけど、

 

下の方の木をもうちょっと、

切って欲しいな〜😅

 

天守閣の全体像をハッキリと見たいんです。

 

そして大野城までは徒歩20分の様。

しかし、

 

「この暑い中20分も、

山登りしないといけないのか…」

 

という気分と朝、一乗谷での、

 

「熊出没注意!」

 

の看板の恐怖がまだ尾を引いていて、

少し結ステーションで休憩してました😅

 

 

 

 

 

越前大野城とは?

 

ここで越前大野城について説明しましょう。

 

越前大野城は織田信長の家臣・金森長近が、

天正4(1576)年、戦国時代に築城。

兵庫県竹田城岡山県備中松山城と同じ様に、

「天空の城」と呼ばれる城です。

天守閣は1968年に再建されたものですが、

 

石垣は当時のまま。

 

歴代城主に福井の結城秀康の三男・松平直政や、

江戸幕府大老だった土井利勝の四男・利房などがいます。

 

個人的には、

 

「ちょっと遠いけどこの際だから、

福井県にある城は行ける時に行っときたい」

 

という気分で行く事にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

越前大野城までのルートは?夏は暑い?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221039j:plain

 

 

さて暑さと獣害の恐怖に何とか打ち勝ち登る事にしました。

ここでこの城に行かなければ大野に来た意味がない…。

 

結ステーションすぐ近く、

城山のふもとの神社・

柳廼社(やなぎのやしろ)から登ります。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221052j:plain

 

この神社も古めかしい。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221108j:plain

 

これは大野市民族資料館

明治時代の建物でしたか、

後で入りましたが中も古く、

 

明治時代にタイムスリップした気分になれます。

 

農業用具など、大野の庶民の生活に密着した展示がありました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221126j:plain

 

社(やなぎのやしろ)、

 

「廼」の字が難しい…。

 

しかもこの字、「の」の部分しか構成してない(笑)

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221139j:plain

 

この門から登ります。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221155j:plain

 

木が日差しを遮ってくれて、

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221207j:plain

 

思ったよりは暑くなかったです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221220j:plain

 

それでも汗はダラダラ出ましたが😅

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221246j:plain

 

なるほど、これが昔のままの石垣。

苔むして時代を感じさせます。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221257j:plain

 

この人は土井利忠。

藩政改革を行なった名君だったそう。

麓の柳社はこの人を祀った神社だそうです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221310j:plain

 

この自販機で飲み物を買いました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221324j:plain

 

結構勾配がキツめの石段。

手すりを持たないとキツイです😅

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221339j:plain

 

ようやく城門が見えてきました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221352j:plain

 

天守閣へ。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807221404j:plain

 

石垣がとても多い。

古い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

越前大野城の天守閣の中には何がある?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807222146j:plain

 

この辺は日差しがキツくて暑かったです😅

内部は大野城の資料館。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807222212j:plain

 

大人200円、中学生以下は無料。

 

一階は城と武具。

二階は大名の装い。

三階は大野城跡発掘資料。

 

 

 

 

天守閣4階からの展望は?

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807222223j:plain

 

そして最上階、四階は展望室。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807222235j:plain

 

火縄銃などが展示されてましたが、

いろいろ城を回ってると、

展示はどこも同じ様な物で新鮮味がないですね😅

火縄銃はこないだ堺市博物館でいっぱい見たしな〜😅

 

こういう展望が一番楽しいです。

 

越前大野は盆地。

冬はすごく雪が降るのかな?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807222247j:plain

 

石垣は本当に良いです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807222259j:plain

 

ただ、この城、天守閣を下から上までハッキリ見れるスポットが少ない。

天守の周りの木、

思い切って切ることは出来ないのかな〜?

古いから祟りがあるとか?😅

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807222310j:plain

 

そして夏は仕方ないけど逆光😅

 

 

 

 

 

越前大野の里芋アイスはどんな味?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807222330j:plain

 

下山して再び結ステーション。

里芋を混ぜたアイスを食べてみました。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807222346j:plain

 

上にはあんこ。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807222358j:plain

 

下に抹茶アイス。

里芋の繊維がしっかり感じられる味でした。

 

 

 

 

越前大野は盆地だから暑い?

 

この後、行きの様な結ステーションから大野駅まで行くバスに乗りたかったですが、

(それでも1日12本はある様でしたが…)

ちょうど良いバスがなく、

 

歩きました。

 

越前大野盆地なせいか、

 

この3日間で一番暑い場所だった気がする…😅

 

せいぜい15分の歩きでしたがハードでした。

 

そして大野の辺りの交通手段の少なさが精神的にきて疲れました😅

交通手段の本数の無い所って疲れるんですよね。

去年徳島に行った時がそうだった。

 

 

 

 

越前大野駅から福井駅に行くバスに乗ったけど?

 

そして越前大野駅から福井駅に行くバスに乗りました。

 

所要時間は1時間、970円。

 

隣に勝山行きのバスが来てたんですが今思えば、

 

そっちに乗ったら面白かったかな?

 

その時は「そのバスで勝山に行き、

えちぜん鉄道に乗り換えたら永平寺に行けるけど、

多分16時半には着けないだろう」と考えてました。

寺社や城は大抵、最終入場が16半なので。

車だったら行けたでしょうね。

 

ただ永平寺には行けなくても

 

「帰りは違うルートを通った方が、

面白かったかも?」

 

と思えてきたんですよね。

勝山の街をチラリと見るだけでも面白かったかも。

恐竜博物館や白山平泉寺も行ければ行きたかったですし。

 

それはともかくガラガラのバスはのんびりと福井市街地へ。

途中、ちょいちょいジャージ着た中学生が乗り降りしてきました。

 

移動時間多いですけど夏が終わってから、

良い思い出として思い出すのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

  1. 一乗谷から越前大野駅までは越美北線で40分(福井駅からは1時間)
  2. 越前大野城ふもとの結ステーションで休憩できる
  3. 結ステーション←→越前大野駅のバスは1日10往復程度でやや少ない
  4. 城までの登山道は徒歩20分
  5. 木陰を歩く道だから思いの外、暑くはない
  6. 越前大野城は戦国時代に作られた天空の城
  7. 天守閣周りの木を出来れば切って欲しい😅
  8. 越前大野は盆地で夏は暑い
  9. 越前大野駅から福井駅に行くバスもある
  10. 勝山にもバスで行ける
  11. 勝山からえちぜん鉄道永平寺へも行ける

 

割と重要な情報が多いでしょうか?

天守閣の周りの木、切ってよく見える様にして欲しい…。

 

次は福井駅でご飯食べて、

えちぜん鉄道あわら三国線に乗った話です。

 

今日はこの辺で失礼します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【一乗谷朝倉氏遺跡】武士と庶民の町並を再現!交通の弁は悪いがCMにも使われた?

 

 

 

こんにちは〜。

前の記事の続きです。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

福井旅行2日目。

 

2019年8月1日のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

越美北線は1日9往復?

 

前の記事でこういう写真をお見せしましたが、

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807120316j:plain

 

この日は時刻表にもある、

9時8分発の越美北線九頭竜線に乗り、

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807215651j:plain

 

一乗谷へ。

福井駅から一乗谷まではバスもあります。

ただこちらも本数はそんなにありません。

 

あと「九頭竜線」と聞いたらコレを思い出しますよね?

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807195214j:image

 

九頭龍閃。

 

完全に余談で失礼しました😅

 

福井駅から一乗谷までは17分

片道240円です。

 

 

 

 

 

雨が降った?熊が出る?朝倉資料館が休み?

 

電車が一乗谷に到着する時、予想外の出来事が。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807215706j:plain

 

写真だけで分かります?

 

雨が降ってきた!

 

1日晴れの予報だったのに〜!

朝から雲が多かったけど〜😅

折り畳み傘を差して、

すぐ近くの朝倉資料館に行きました!

 

が!!

 

朝倉資料館はこの日は休み…😵

 

7/30〜8/1の間、展示の入れ替えで休みだったそうです。

ここでレンタサイクル借りるつもりだったのにどうしよう😅

 

「歩くしかないのか…」と思い、

傘を差しながら西山光照寺の方へ。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807215717j:plain

 

人は他にいません。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807215729j:plain

 

は????? 

 

熊 出 没 注 意?????

 

観光地の最寄駅のすぐ近くで熊出るのかよ。

 

「周りに人がいないのでマジで熊出そう」

 

とビビりながら進みました。

 

西山光照寺と思しき場所に辿り着いたんですが、

 

かなり古びた仏像が、

何体も打ち捨てられてました。

 

人いないし熊出そうだし、

 

雰囲気が無茶苦茶怖い…。

 

しかも一乗谷に続くはずの道が見当たらない…。

早歩きで資料館の方に引き返しました。

 

 

 

 

 

平日はレンタサイクル?土日は周遊バスがある?

 

しかし、ここで引き返したのが幸い。

 

あれ?

 

資料館から自転車に乗った人が出てくる…?

 

そう。

 

資料館は休みですが、

レンタサイクルは借りられたんです。

 

というわけで、

 

 

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807215741j:plain

 

クロスバイク乗りなので、

あまりママチャリには乗りたくない。

けど、

 

平日に朝倉遺跡回るのに、

レンタサイクルは必須。

 

資料館で1日千円で借りれます。

 

千円は自転車を返した時に戻ってきます。

 

しかしサドルが上げられず足が窮屈でしんどかった😅

 

土日祝日は30分に1本、

一乗谷を周遊する無料シャトルバスが走ってる

 

らしくレンタサイクルを借りる必要はなさそうです。

https://bus.keifuku.co.jp/topix/20150314_asakura/daiya201904.pdf

 

幸いにも雨はこの辺りでやんでくれました。

ここから一乗谷朝倉氏遺跡まで、

緩やかな登り坂を登っていきます。

資料館から復元街並までは3km、

自転車で10分、

徒歩だったら40分程でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一乗谷朝倉氏遺跡とは?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807215755j:plain

 

「ところで、

その一乗谷朝倉氏遺跡って何なの?」

 

とそろそろ思われる方多いですよね?

説明します。

 

一乗谷は、

 

谷間に武家屋敷や御殿を構え、

谷の入り口を塞ぐ事で城郭の様な防備を持った町。

 

応仁の乱の頃に朝倉氏が本拠をここに移し、

京や奈良の貴族や文化人達がここに立ち寄り、

「北陸の小京都」と言われる程栄えていた様です。

織田信長により朝倉氏は滅亡。

一乗谷の町は焼かれました。

しかし昭和になり発掘調査が進められ、

 

武家屋敷や庶民の町並みが復元。

 

僕が目指しているのはその復元された町並です。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807215818j:plain

 

谷の入り口から土塁が何個も見て取れます。

この上から弓や鉄砲を構えた兵士が守っていたんでしょうね。

谷に敵を近づけさせない防備。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807215845j:plain

 

谷間を流れる一乗谷

この川が地面を削って谷間が出来るんでしたよね。

地学の話。

 

 

 

 

 

唐門の中には何がある?CMに使われた?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807215857j:plain

 

芝がしっかり刈られています。

奥にある門に行ってみます。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807215911j:plain

 

この唐門一乗谷

昔はソフトバンクのCMに使われてたらしいです。

 

www.youtube.com

 

バンドやる所は見た事ある気がします。

 

一乗谷でロックフェスやるなら、

行ってみたいなあ。

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807215925j:plain

 

門の中は朝倉家当主の館だったと思います。

 

朝倉館跡。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807215940j:plain

 

敷地がとても広い。

山を少し登ると庭園があるそうですが、

 

先程の「熊出没注意!」の看板が気になり、

山登りはしませんでした😅

 

この日は一日中、

熊とか山の動物にビビってた(笑)

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220019j:plain

 

朝倉義景墓所があったので、

 

「すいません、お邪魔します」

 

とよそのお宅にお邪魔する礼を言いました。

信長の野望では使い物にならない能力ですいませんが、

こんな面白い場所を残してくれてありがたいです。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220037j:plain

 

門の横の水路に

この辺り、草は綺麗に刈られてるし、

とても綺麗に整備されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 復元町並の雰囲気は?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220051j:plain

 

そして、この後は復元街並へ。

 

復元街並だけ有料。

 

大人210円。

 

団体20名以上割引有り。

 

中学生以下、身体障害者、満70才以上無料

 

だそうです。

安いなあ。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220107j:plain

 

武家や町人の屋敷が復元されています。

 

西側に朝倉氏の重臣武家

東側に町人や庶民の家があります。

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220120j:plain

 

古い井戸。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220137j:plain

 

何となく分かるかもしれませんが、

 

これはトイレです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220426j:plain

 

家屋の中もリアルに再現。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220438j:plain

 

人形で人の座っている様子を。

 

囲炉裏が長かった。

 

昔は囲炉裏を使う事が今より多いから、

 

何個も鍋を並べる事が多かったんでしょうか?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220450j:plain

 

この遺跡の出土品に将棋の駒があったそうです。

今と少し違う文字が掘られていて役割も違うそう。

 

上にある刀は真柄某?の刀。

真柄直澄?直隆?という武将が信長の野望にいましたが、

どちらかな?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220503j:plain

 

ここには能舞台があったそうです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220517j:plain

 

こちらは庶民の家が並んでいる通り。

 

屋根は共同だけど家自体は繋がっていない作り。

 

一番右の家でガイドさんが色々説明してて、

しばらくその後に付いて聞いていました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220530j:plain

 

この大きな石、

下方の杭を打った跡で、

室町時代の物だという事が分かったそうです。

朝倉氏が一乗谷に来たのは応仁の乱の時、

室町時代だから、その後にこの石が置かれたんですね。

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220557j:plain

 

お店があったんでしょうか?

 

「実際にここで飲み物とかお土産とか、

売ってれば面白い」

 

とか思いましたが、

 

冷房効かないし、

冷蔵庫を置いたら、

雰囲気が台無しになるかもしれない

 

ので無理ですね😅

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220611j:plain

 

甕(かめ)。

 

昔は醤油とか味噌とか、

これに入れて売っていたんでしょうか?

 

温度の管理とか大変だったでしょうな…。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220623j:plain

 

屋根は全部茅葺き(かやぶき)でした。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220543j:plain

 

一通り見て休憩所に戻ってきました。

これはメガネの廃材で作られたそうです。

近くにある、

 

鯖江市はメガネのフレーム生産の

シェアが90%

 

だそうです。

 

 

 

 

 

電車までの時間潰しにそばとビール?

 

しかし、確かこの時11時。

次は大野の方に向かうのですが、

先程の、

 

越美北線一乗谷駅から

大野行きの次の電車は13時7分。

 

一乗谷から大野に行くバスはありません。

福井駅に行くバスはある)

 

あと2時間位この辺で、

時間を潰さないといけない。

 

どうしよう😅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220637j:plain

 

 

時間があるので坂を登って一乗滝の方へ行こうかと思いましたが、

 

坂がキツイし暑いし、

一乗滝までの距離が全然減らないしで断念😅

 

一乗滝は佐々木小次郎燕返しを取得した場所らしいです。

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220659j:plain

 

 

お腹はそんなに減ってなかったですが、

時間潰しと涼を取るためにそばを食べました。

 

一乗谷レストラント。

 

前日の今庄そばと、

この日の朝のホテルの朝食バイキングで、

越前おろしそばを続けて食べたので、

ざるそばにしました。

美味しい。

 

福井は越前そばが有名なんです。

 

ブルーノメンデス。

 

福井に来てから、ひたすらそば食べてました。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220712j:plain

 

ここになるべく長く居たかったので、

そばとコーヒーだけでは悪い気がする。

 

それに平日はとてもお客さんが少ない…😅

 

僕と家族連れ1組だけ😅

 

というわけでビールを飲みました😙

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220728j:plain

 

このビール、福井だけで売ってるわけじゃないですが、

とてもサッパリした味で美味しかったです。

 

グランドキリン・ジャパンペールエールラガー。

 

名前がカタカナで長い😅

岡山でも飲めるのかな〜?

 

 

 

おっ!

 

缶ビールがあるんですね!

 

一乗谷、朝倉遺跡のお土産屋もレストランも、

というか後で行く大野城近くのお店や、

永平寺のそば屋でも、

 

クレジットカードや、

交通系電子マネー等が使えました。

 

キャッシュレスが進んでいる。

なぜ?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190808124750j:image

 

ついでに復元町並のお土産屋で買ったタオルを載せます(笑)

 

 

 

 

谷を降りて向かった先は? 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220740j:plain

 

この後は谷を降りた所にある「あさくら水の駅」に行きました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220753j:plain

 

自転車道が整備されています。

クロスバイク輪行してくれば面白いかも。

 

この後、朝倉資料館に自転車を返却。

 

最初に払った千円が戻ってきました。

 

ただ、しっかり自転車を使ったのに、

全額帰ってくるのは悪い気がします😅

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220806j:plain

 

そして一乗谷へ。

こういう田舎の駅の雰囲気、好きな人いますよね?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220832j:plain

 

この待合室の中、熱が篭って地獄でした😅

つまりは、

 

待ってる間日差しを避けられず。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220848j:plain

 

そしてさらに地獄の様な時刻表。

 

地獄表。

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807220902j:plain

 

しかし13時7分の電車(電化してないので汽車ですが)

には乗れました。

 

もちろん冷房効いてて涼しい。

 

ただ、ロングシート…。

 

姿勢が制御できずしんどい😅

 

ともかくここから40分程電車に揺られます。

運賃は500円。

 

 

 

 

 

まとめ

  1. 越美北線九頭竜線)は1日9往復しかないので乗るときは要チェック!
  2. 資料館の近くは熊が出るので注意!
  3. 朝倉資料館でレンタサイクルが借りれる
  4. 土日は周遊バスがある
  5. 唐門はソフトバンクのCMに使われた
  6. 復元町並で室町時代〜戦国時代の雰囲気が感じられる
  7. 一乗谷レストラントでお金を使ってあげて!😅

 

こんな感じでしょうか。

 

福井県、良い観光地が多いのに、

交通の便が良くなくて観光客が少ない…。

 

北陸新幹線敦賀まで伸びたら、

金沢の様に観光爆発して欲しいです!

 

 

 

続きます。

それでは次の記事でお会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【福井の街を歩く】福井県庁は福井城址に建ってる?ソースカツ丼ってどんな味?

 

 

こんにちは〜。

前回は丸岡城に行ってバスで福井駅まで帰った所まで書きました。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

今日はその続きで福井市内を歩いた事を書きたいと思います。

 

 

という疑問に答えたいと思います。

 

 

 

 

 

福井県庁は福井城址に建っている?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115108j:plain

 

福井駅に戻ってきました。

これから福井県の方へ歩いていきます。

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115148j:plain

 

「なぜ県庁?」と思う人いますよね?

 

福井県庁は福井城址に建っているんです。

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115206j:plain

 

1981年にこの城の跡に県庁を建てたそう。

 

「勿体ないけど合理的。

藩の中心だった所に県庁があるのは、

当たり前?」

 

と複雑な気分です😅

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115219j:plain

 

しかし夕日に照らされた石垣とテレビ塔?が、

妙に映えます。

 

 

 

 

 

門や天守台、井戸、藩主の像などが残ってる?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115233j:plain

 

県庁の堀(?)の南側から北西の方に回ってきました。

 

橋を渡って石垣の中に入れます。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115244j:plain

 

門が復元されています。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115304j:plain

 

若干新し目の木ですが立派ですよね。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115315j:plain

 

城郭の中に入り、少し登った城の北西の角に、

天守があります。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115326j:plain

 

天守台の横に「福の井」という井戸があります。

 

この井戸が「福井」の地名の由来だそう。

 

徳川家康の息子・結城秀康が福井城を築くより、

前にあったそうです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115708j:plain

 

井戸の辺りから県庁を見る。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115719j:plain

 

先程の廊下をまた戻りました。

和歌山城にもある「御橋廊下」だったかな?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115730j:plain

 

これは城のすぐ近くの福井神社にある、

幕末四賢公の1人、

 

松平春嶽(しゅんがく) の像。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115800j:plain

 

遠目からもう一度福井県庁を。

 

ところで福井県庁、

2031年に移転する計画がある様ですね。

 

www.fukuishimbun.co.jp

 

1982年に建てられた福井県庁は2031年には50年。

財務省によるとそれ以上は使えないそう。 

跡地にはやはり城址公園を整備するらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福井の信号は縦?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115843j:plain

 

この後はご飯を食べようと南西の方に向かって歩きました。

 

福井の信号は縦。

 

雪が積もった重みで信号が壊れない様にしたんですね。

(雪国の皆様にはお馴染み?😅)

 

クソ暑い時期に行ったので、

福井に雪が降る実感がありませんが…😅

 

 

 

 

 

ソースカツ丼ってどんな食べ物?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115924j:plain

 

その後ソースカツ丼の名店」の、

ヨーロッパ軒に行きました。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115854j:plain

 

暑かったので食前にビールを😝

サーバーがよく掃除されてたか、

暑いのもありとても美味しかったです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115910j:plain

 

そしてコレがソースカツ丼のセット。

逆に意外でしたが、

 

「ソース+カツ+ご飯」のイメージ通りの味。

 

違うとすればチキンカツな事。

しかし不思議な美味しさがありバクバク食べました。

後でもう一回食べたソースカツ丼は少し甘みがあったので、

店ごとに味が違うんでしょうね。

 

ちなみに値段はたしか千円を少し越す位だったと思います。

 

 

 

 

 

足羽川沿いの雰囲気で何を思った?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807115937j:plain

 

その後は完全に散歩感覚で足羽川(あすわがわ)の方へ。

 

知らない街で日が暮れる。

その心細さが逆にとても好き。

知らない街に泊まる楽しみです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807120239j:plain

 

土手沿いを歩きました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807120250j:plain

 

雰囲気が高知の鏡川に似てる気がします。

坂本龍馬は福井に何度もお金を借りに来たはず。

この辺りを歩いて同じ事を思ったでしょうか?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807120302j:plain

 

こんな像がありました。

立ってる方が福井藩からアメリカ?に留学した学生で、

座ってる外人さんはその先生だったかな?

 

その後この日泊まるドーミーイン福井に荷物を置き、

次の日に乗る越美北線の時刻表を見るために、

また福井駅へ行きました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807120316j:plain

 

この時刻表…😅

 

1日9本とは😅

 

f:id:tatsuyakawakami:20190807120327j:plain

 

今日の宿にマンガ読めるコーナーがあり、

それが自分の部屋と同じ階。

ここぞとばかりにジャイアントキリングを、

寝る前ギリギリまで読みました。

 

あと何と大浴場も自分の部屋と同じ階!

 

ホテルに良い感じの大浴場があったら、

夜と朝の2回入りますよね?😋

 

と、こんな感じで福井1日目は終了です。

 

 

 

 

 

まとめ

 

  1. 福井県庁は福井城址に建っている
  2. 石垣、門、御橋廊下、天守台などが残ってる
  3. 天守台横の福の井が「福井」の由来?
  4. 福井の信号は縦長
  5. ソースカツ丼はチキンカツで後はイメージ通りの味。美味しい。
  6. 足羽川は高知の鏡川に似て良い雰囲気。

 

 こんな感じにまとまりました。

 

 次は2日目。

先程の越美北線に乗り、一乗谷へ向かいます。

 

それでは今日はこの辺で!