カワタツブログ

たた見たもの。いろいろなもの。

小前亮「西郷隆盛」は読みやすくて、大河ドラマ「西郷どん」の予習に最適?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大河ドラマ「西郷どん」が始まったけど…

 

こんにちは。

大河ドラマで「西郷どん」が始まりましたね。

 

 

 

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20180116221925j:plain

 

 

 

 

 

 

個人的には「そこ削って大丈夫?」的な所があって、

意図的に削ることにで脚本家の都合の良いように、

西郷隆盛像を脚色してる感があるんですが…。

あと上の画像の様に、

「元気で人に好かれる西郷どん」が描かれてる感じがして、

「いや、大河ドラマで描かれるべきはそこ?」と不安です。

 

いやしかし、配役が豪華なので見れそうな気も。

渡辺謙さんの島津斉彬がかっこいいですよね〜。

あと、鈴木亮平さんは好きです!

とにかく「真田丸」も「直虎」もおもしろかったので、

逆に今回はそこまで期待せずに見るつもりです…(酷)

 

 

 

 

 

 

 

小前亮西郷隆盛」は読みやすい小説?

 

で、何で「西郷どん」の話をしたかというと、

今日紹介する本のタイトルがそのまま、

 

西郷隆盛

 

なんです。

 

 

 

 

 f:id:tatsuyakawakami:20180117093353j:plain

 

 

 

 

 

小前亮さんの「西郷隆盛」。

 

分厚い本の割に文字数は少なめで読みやすく、

上下巻合わせて1週間ほどで読めたでしょうか。

 

上巻は西郷が島津斉彬に見出されて出世し、

薩長同盟からの第二次長州征伐まで、

 

下巻は大政奉還江戸開城

征韓論西南戦争などの内容。

 

しかし、何でもシンプルに作るのが1番難しいもので、

これだけライトだと逆に細かくまとめて書くの大変だったでしょうね。

でも、この作品にはおもしろさや盛り上がりもしっかりありましたし、

 

大河ドラマ「西郷どん」の予習に良いかもしれません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「西郷どん」の予習に司馬遼太郎翔ぶが如く」を読むのはオススメしない

 

同じ西郷隆盛大久保利通を描いた、

司馬遼太郎の「翔ぶが如く明治維新後の話ですし、

読むのに半年かかるので、

今から読んでも後半の展開には間に合わなそう。

 

「西郷どん」の予習に、

翔ぶが如く」はオススメしません!

 

しかし、征韓論の論争や西南戦争のことを、

詳しく知りたい人にはオススメ。

ただこの本で西郷どんは、

「西郷、アホちゃう?」くらいの勢いで書かれているんですけどね😅

 司馬さんは西郷どんがそんなに好きではなかったのかな?

司馬史観っておもしろいけど極端なんですよね。

僕もそうですけど、好きな人は惑わされそう。

 

 

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

訛りがなく標準語で書かれていて読みやすい

 

西郷隆盛」の話に戻りますが、

登場人物に鹿児島弁などの訛りがなく標準語

会話されているので読みやすいかもしれません。

 

西郷も大久保も、坂本龍馬も標準語。

 

「方言がないと物足りない!リアリティがない!」

っていう人もいるかもしれませんけど、とりあえず読みやすいです。

 

この本を読んだ後、池波さんや海音寺さんの本を読むのもいいかも。

 

 

西郷隆盛 新装版 (角川文庫)

西郷隆盛 新装版 (角川文庫)

 

 

 

 

新装版 西郷隆盛 一 (角川文庫)

新装版 西郷隆盛 一 (角川文庫)

 

 

 

「西郷どん」がもう始まったので微妙かもしれませんけどね。

しかし、西郷隆盛ほどメジャーな人物なら、

大河が終わった後でも楽しめるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥羽伏見の戦いの場面がバッチリ!

 

あと、鳥羽伏見の戦いの辺りは、この本を参考にした感じがありましたが、

どうなんでしょう?

 

 

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BRuIBg4lJwn/

野口武彦さんの「鳥羽伏見の戦い」、戦場の臨場感、迫力があって、読んでてすごく興奮した。歴史の本をもっと読みたい。#鳥羽伏見の戦い #幕末 #日本史 #歴史 #本

 

 

 

 

 

 

 

開戦の際の「押し通るぞ!」とかそんなやり取りは、

「ああ、小説にしたらこんな感じなのか!わかりやすい!

うまく自分のものにできてるな!」という感。

上の本もすごく面白いので、良かったら読んでみてください。

 

 

 

 

 

西郷隆盛<上>: 維新への道

西郷隆盛<上>: 維新への道

 
西郷隆盛<下>: 志士の夢

西郷隆盛<下>: 志士の夢

 

 

 

 

 

 

 

難しい本は小説と並行して読むべし!

 

これで最近買った本の中で、小説は全部読み切ってしまったんですが、

 

難しい内容の本と小説を並行して読むことで、

どちらもグイグイ読み進められたと思います。

 

小説&小説の時もありましたけどね。

まだ積ん読はあるんですが、

何か小説を図書館で借りてこようかな〜?

 

あと、はてなのアイコンを前に削除してしまって、

そこから設定できないんですけど、

どうすればいいか、わかる方教えてください…。

 

それでは今日はこの辺で失礼します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◯◯◯が異色だけど、現代の推理小説が読みたいならコレ!今村昌弘「屍人荘の殺人」

 

 

こんにちは。

まずは本題じゃない所から入るのですが、

 

土曜日の夜は久しぶりにクラブ営業でのYEBISU YA PRO

(岡山のライブハウス兼クラブ的なスペース)

の3周年のイベントに行ってきました。

久々に朝まで踊りましたが、テンションがぶっ飛んで楽しいですね。

 

卓球さん、これはヤバい…!練りに練られたループ感、言い方は悪いが、ゆるゆると「キマってる」。言葉がどんどん出てくる。#石野卓球 #yebisu_ya_pro

 

 

 

 

終わった後、すごくスッキリ。

数年前は聴き慣れていた卓球さんのDJでしたが、

今回初めて深い所まで理解できたのかも。

運動不足も解消!

3周年、おめでとうございます。

 

 

 

では本題へ。

 

綾辻行人さんがTwitterで「これはおもしろい!」と言ってた本があったので、

読んでみました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20180112100846j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ネタバレなし】◯◯◯が出てくる現代ならではの推理小説

 

一見普通の推理小説のようで、僕も最初はそう思って読みました。

 

実はこれ、○○○が出てくる異色の、現代の推理小説

もちろん○○○が何なのかを明かしてしまうとネタバレになりますので言えません(笑)

「若い人が書いた現代を舞台とした、たとえばスマホが出てくるような、

今の推理小説を読みたい!」と思って読んだんですが、

 

これは正に現代でなければあり得ない小説!

 

しかも、◯◯◯は閉鎖環境を作るだけでなく、

しっかりトリックの一端を担ってて、

ミステリーとして、しっかりしています。

クローズドサークル」など難しい用語にも説明があって、

分かりやすくて良かったですね。

これから少し時間を置いてから、2回目を読もうかと思っています。

何回でも読めそう。

 

では、改行してネタバレ事項を。

 

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ここからネタバレあり】

 

いや〜まさか、

 

ゾンビでクローズドサークルを作るなんて!

 

あ、クローズドサークルとは、

 

吹雪の山荘とか、絶海の孤島とか、

殺人が起こるのに最適な閉鎖的環境

 

のことを言います。

ホラーめいて僕も大好きな環境(笑)

 

ゾンビに襲われながら内部で起こる殺人に対処し、

極限で困惑する状況を楽しめる、今までにない感覚を味わえました。

 

で、探偵の比留子さんと葉村君のコンビの今後も気になります。

シリーズ化を期待しますが、

これ以上のものをさらに書くのは難しいですか?

「班目機関」がどんな機関か明らかにされていないので、

ここがどんどん悪い企み(?)をして戦っていく展開になるのかもしれませんね。

 ヒーロー物の展開。

 

 

 

 

 

屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

 

 

 

 

 

何だか感想が簡素な気もしますが、

「案外これ位でいいんじゃないか?」と最近思えています。

 

この本の魅力すべてを書き出してしまうと、

次に読む人がつまらない。

 

と思うんです。しかし、

 

「もうちょっと文字数書いてよ!」

という意見があればお待ちしてます。

 

さて、今日は暖かいらしいので、

これからレコードでも買いに行こうかな…。

月曜日にすいません、休みなんです(笑)

読書はどんどん進めてますんで、

またすぐ次のものを書きますね!

 

それでは、読んでくれてありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

phaさんの「知の整理術」は本を読まない人のための参考書にもなる?巻末の漫画の紹介も必見!

 

 

 

 

 こんばんは。

寒いですね〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 前の記事の企画は失敗

 

前の記で紹介をした本を「あげます!」と言ったものの、

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

全く反応がありませんでした…(笑)

 

中古の本を1冊プレゼントするだけなんで、

うま味ないですよね〜。

僕が読んだ人から、たくさん反応をもらえる人間だったら、

もっとレスポンスがあるのかもしれませんけどね。

 

よし、この本はヤフオクに出して、

本のプレゼント企画はもうやりません(笑)

 しかし、思い付いたことをやってみることは大事だと思ってて、

これからも何か良い企画を思いついたらやっていきたいと思います。

 

で、今日はこの本を紹介します。

 

 

 

 f:id:tatsuyakawakami:20180111173108j:plain

 

 

 

 

phaさんの「人生にゆとりを生み出す 知の整理術」。

 

カリスマニートのphaさんが書いた本で、

前に読んだこの本もおもしろかったです。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

 

思いの外マジメな本?

 

最初はphaさんにしては珍しく、

参考書のような、自己啓発本のような、真面目な本だと思いました。

なので逆に「これ、読むのしんどいな〜」とか思ったりしましたが、

この感想をphaさんは肯定してくれそうな気がする…(笑)

 

しかし、表紙も挿絵もphaさんが書いたんですか?

良い雰囲気が出てて、こちらの才能もあるんですね。

 

 

 

 

phaさんのTwitterの使い方は?

 

まずphaさんのTwitterの使い方や、

ブログの書き方みたいなことも書いてあって、参考になりました。

 

Twitterって、フォローする人を選びさえすれば、

良い知識をたくさん得ることは可能ですよね。

たとえば僕は最近、歴史鉄道のことをつぶやいてる人を、

次々とフォローしてるんですが、

 

歴史の方は大学の教授さんもたくさんフォローしていて、

普通は知らないような歴史の真実をつぶやいたりしてくれて勉強になります。

大河ドラマを見ながらTLを見ると、

ドラマの中の出来事が解説してあったりして、

わかりやすいですね。

 

鉄道の方は青春18きっぷで旅をしている人をひたすらフォローしてます。

びっくりする様なルートの選び方や使い方をしてる人がたくさんいて、

「僕もやってみたい!」と思うことが、ひっきりなしです。

余談ですが、もう18きっぷの期間が終わって寂しいですね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

phaさんにとってのブログは?

 

またphaさんにとってブログは「他人に読まれてもいい自分の勉強ノート」だとか。

僕がこの記事の様に、本の内容を後で見返すために記事を書くというのと似ています。

本を読んでる時には気づかないことも、

意外とブログに書けば気付いたりするんですよね。

 

 

 

本を読むのが苦手な人は漫画を読んで!

 

本を読むのが苦手な人は、

 

最後のphaさんのオススメ漫画を絶対読んで!

 

最近はマニアックなテーマの漫画が多くて、

これで充分知識がつくとのこと。

本が苦手な人はこういう漫画を読んで、

漫画じゃ物足りなくなったら、自分の興味のあるテーマなら何でも、

簡単な本でもいいんで読んでみればいいと思います。

 

 

 

 

普段本を読まない人はどんな本を読めばいい?

 

取っ付きやすければ麻雀の本でも良いらしく、僕もそう思います。

たとえば、女の子の大半はファッションが好きなんだから、

女性モデルの書いた本なんかだと入りやすいんじゃない?

と思うんですがどうでしょうか?

 

とまあ、この辺にしておきます。

phaさんは本が売れた収入で暮らしているので、

良かったらこの本を買ってあげてください。

 

 

 

 

人生にゆとりを生み出す 知の整理術

人生にゆとりを生み出す 知の整理術

 

 

 

 

冬は寒いので動きたくない

 

しかし、今日は寒いですね〜😅

ここしばらく、空いた時間は外に出ずに引きこもってる感じの僕です。

phaさんもTwitterで「冬はやる気が出ない」とつぶやいてましたし。

冬は引きこもってお金を貯めて、

春夏になってから、よく動けばいいんじゃないでしょうか?

 

あと、財布とメガネ、新調したんで今度記事にしましょうか。

それでは、今日はこの辺で失礼します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「未来の年表 人口減少社会でこれから起きること」を読んで絶望的な気持ちになった

 

 

こんにちは。

正月はどうお過ごしですか?

 

僕は退屈でなんだか飽きてきました…。

それでも働くのはイヤですけど(笑)

 

で、今日は今年初の読書記事。

新年早々、

 

絶望的な未来を書いた本

 

なんですが、こういう本を読みました。

 

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20180103135552j:plain

 

 

 

河合雅司さんの、

「未来の年表 人口減少社会でこれから起きること」。

 

読んでいて絶望的な感じがして、

「日本、大丈夫かな〜?」って思います(笑)

しかし、絶望的な未来でも、知ると知らないでは違うんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのようにこの本を紹介していく?

 

何が起こるかをいちいち書いていてはキリがないので、

 

目次に書いてある内容で気になったものを、

箇条書きで上げ、さらに気になったものに対して、

僕の個人的な意見を書いていく

 

というスタイルで書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未来の日本でどんなことが起こる?

 

2019年 IT技術者が不足しはじめ、技術大国の地位揺らぐ

 

2020年 女性の2人に1人が50歳以上に

 

 

2030年 百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える

 

2040年 自治体の半数が消滅の危機に

 

2065年〜 外国人が無人の国土を占領する

 

目次の内容で気になったのはこんな所です。

 

 

 

 

若年労働者が減って特に地方でサービスが破綻

 

まず今も結構そうなんですけど、

 

働く人口、若い人の数がどんどん減っていってる

 

らしいんですよね。

高齢者がどんどん増えて国の医療費や介護費用なんかを圧迫する上に、

何年か後には労働力、つまりは医師や介護士なんかも不足して、

サービスが破綻するらしいです。

 

 

 

 

 

女性の高齢化から人口減少へ

 

女性の2人に1人が高齢化することで、

子供を産める女性が少なくなって、

子供が減る、さらには人口が減る。

1人の女性が2人以上子供を産まないと、

人口の現状維持もできないらしいです。

 

で、2030年くらいの地方では、

少子化と若者の都会への流出で生産力が不足し、

これにより税収も減り、住むのに不可欠なサービスも維持できなくなり、

 

ハンバーガー店すら存在を維持できない

 

ような自治体も出てくるらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

限界集落を外国人が占拠する?

 

限界集落では日本人がいなくなって、

代わりに中国人などの外国人が土地を買って住むようになり、

実質的に、

 

外国人が無人の集落を占拠する

 

状態になるらしいです。

 

「人が住まない所なら外国人が住んでもいいんじゃない?」

と思う人もいるかもしれませんが、

 

日本の文化を理解できない外国人が、

日本の文化を壊してしまうかもしれない。

 

らしいです。

日本を嫌いな中国人なんかが神社を、

「いらない」と破壊してしまうかもしれませんね。

その時日本人は少数派だから、これを止められない。

 

僕は「自分の祖母が住んでいるような親しみのある田舎が、

そんな風に外国人に占拠されたらイヤだな〜」と具体的に考えちゃいますけど、

実際にそうなってしまうんでしょうね。

 

 

 

 

これらの課題への対策は?

 

しかし、絶望的になってしまいますが、

 

この本には、これらの未来の課題に対する対策も、

書いてあります!

 

が、この先はここに載せるより、

本を読んでもらった方が良いと思うので、

本を読んでくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

この本をあげます!

 

あと、さらに初めての試みをしてみようと思うんですが、

 

僕が読んだこの本を、

このブログを読んでくれた人にあげようと思います!

 

こういう本はいつも、よほど愛着のある本でなければ、

ヤフオクで売ってしまうんですが、

(世間でよく売れてる本は読んですぐヤフオクに出すと、

半額くらいはお金を取り戻せるんです)

今回はこのブログを読んだ人にあげちゃおうかなと。

 

あ、でも、送料180円くらいは負担してもらいますね。

岡山県内くらいなら手渡しできるかもです。

で、1週間くらい何の反応もなければヤフオクに出しますんで、

 

期限は1/10まで!

 

ただの思いつきなんで、今後他の本でやるかは未定です。

もちろんこの記事で何のリアクションもなければ、

今後やりません(笑)

 

できれば僕のTwitterアカウントをフォローして、

DMを頂ければ助かります!

 

ということでよろしくお願いします。

 

それでは、正月休みも残り少なくなってきたと思いますが、

お楽しみください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年にやりたいこと

明けましておめでとうございます。

 

…と僕はたとえブログ上でも、

堅苦しい挨拶があまり好きではないんですが…(笑)

今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

正月はどう過ごしてる?

 

飲食店員ですが、

今年は奇跡的に1/1と2日が休みでダラダラ(笑)

と言っても、ウォーキングに筋トレ、掃除とか割としてます。

正月はいろいろ食べるせいか、逆にじっとできません。

 

 

 

 

2018年やりたいこと

 

で、今週のはてなブログのお題が「2018年の抱負」ということで、

久々にお題に乗ってみようかと。

というか「やりたいこと」

小さなことだと思われるかもしれませんが、

 まずは

 

横浜・鎌倉に新幹線で旅行する

 

こと。去年11月に横浜にMUSEのライブを見に行き、

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

ライブの翌日に横浜・鎌倉観光の予定でしたが、

翌日は朝早く岡山に帰らないといけない羽目に。

その機会を逃したのがすごく残念で、

横浜・鎌倉に行きたくて、たまらないのです。

さらに新幹線に往復で乗るのが楽しかったので、

また新幹線で旅をしたい。

もし行けそうなら小田原と箱根も行きたいです。

 

 

 

 

 

 

2つ目は、

 

財布とメガネを新調する

 

こと。

僕、財布は10年、メガネは8年使ってます。

いや、

 

「財布が古いと金運が逃げていく」

 

ってよく言われてるじゃないですか?

うちの店に占いができて、運勢にも詳しい人がいるんですが、

その人に財布を見てもらって「これってヤバいんですか?」と聞いてみると、

 

「絶対ダメ!!」

 

と言われたもので😓

というのも、

 

財布はもちろん、普段から身に付けるものは、

少し汚れただけでも取り替えた方が

良いらしいです(スマホケースとかでも)。

 

で、財布以外で僕が普段身に付けている古い物といえば…、

 

8年使ってるメガネ。

 

これも取り替えた方がいいんでしょうね。

まあメガネは度がキツくなってる気がするので、

(ウォーキングをよくやってて、

遠くを見ることが多いから視力が良くなってきてる?)

新しいのにするには良いタイミングかな?。

 

まあ、1つ目も2つ目も

 

「貯金ができるかどうか」

 

の問題。

 

「それ位のお金、どうにかならないの?」

 

と思う人いますよね?

 

あまり収入が高くないのに、

貯金して、生活と、やりたいことやるのにお金使って、

さらに残ったお金を横浜旅行や財布・メガネに使おうっていうので、

ハードな感じなんです。

まあ財布は金運の問題なんで、元々ある貯金を使います。

むしろ、正月が明けたらすぐ位で早くせねば。

金運が良くなるなら、貯金を多少使っても…?

 

 

 

 

 

3つ目は、

 

人に会うこと。

 

去年は一人旅ばかりして、

クラブ行ったりとか、人に会うことにお金を使ってなかったんで、

今年はもう少し人に会いに行きたいと思います。

 

マジで最近会えてない人、絡めてない人、

ご不沙汰してます!(笑)

 

決してあなたに会いたくないわけじゃなくて…、

ただお金がないだけです…(笑)

今年は人に会いに行きます。

 

とまあ、3つもやりたいことがあれば充分ですね。

今年はロードバイク買うお金もとうとう溜まりそうなんで楽しみです。

W杯もありますね〜!

 

以上、今年のやりたいことを書いてみました。

今回も読んでくれてありがとうございます!

 

そして、今年もよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年の9冊

 

 

またまた「良いお年を」の次の次の記事まで更新してしまって、

すいません。

今回は前々回の記事の本の部分だけを切り抜いたものです。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

上の記事の文字数を少なくするためだけの記事で、

一部分をコピペしただけの様な記事ですが、

良かったらお付合いしてください(告白するみたいだな)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は本の記事をいくつ書いた?おもしろかった本の数は?

 

 今年もいろいろ本の記事を書きましたが、

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

のような、おもしろかった本だけ記事にしてるんですよね。

というわけで、

 

記事の数=今年読んだおもしろかった本の数

 

ということになり、どれだけ読書1冊の記事を書いたか?

 

今年書いた読書紹介記事の数は24記事でした。

 

意外と少ないような感がありますが、

 

おもしろい本に24冊出会えた

 

と思うと良い気も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年おもしろかった本9選

 

  特に面白かったと思うのを厳選すると、

(「今年発売の本」ではなく、

あくまで「今年読んだ本」ですので…)

 

上の「忠臣蔵」に加えて、

 

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

 

辺りですかね。

これに昨日上げた武川佑さんの「虎の牙」を追加して9冊目。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

マジでおもしろいです。

 

ベタどこの歴史小説

読み尽くしてしまった人にはオススメ!

 

これは「忠臣蔵」「白村江」

「宇喜多の捨て嫁」「尻啖え孫市」にも当てはまりますね。

小説に飽きてしまった人は「応仁の乱」「観応の擾乱」もどうぞ!

 

 

 

あと、

来年は漫画も集めたい

と思ってます。

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BdMFhQYA8xE/

久々に漫画を買いました。Twitter経由で読んで、かなりツボだった「戦国コミケ」。オタクの今野タケシが戦国時代にタイムスリップして、信長・秀吉の元、コミケで得たオタク能力を活かし出世(?)する話で、ネットからだとタダで読めるんですが「おもしろい物にはお金を払わないと」と思い購入。最近小説ばかりでしたが「漫画は気楽に読めていい」と改めて思いました。#戦国コミケ #横山了一 #戦国時代#漫画 #マンガ

 

 

 

 

この漫画がかなりツボだったので、

巻数短いものから集められたらいいですね。

しかし、上の漫画を足したら10選でキリが良かったですかね…?(笑)

 

 

終わりに

 

来年もおもしろい本に巡り合えたら良いですな。

現在も何冊も読んでいるので、

来月中に紹介できると思います。

今回はサボり記事ですいません(笑)

来年は漫画も紹介できるといいですね。

 

それでは、ここまで読んで頂いてありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信虎の印象が変わる?登場人物に感情移入し過ぎて辛い、武川佑「虎の牙」とは?

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

昨日「良いお年を」とか言ってなかったっけ?

 

と思ってくれた人はありがとうございます(笑)

昨日ので今年最後の記事の予定でしたが、

直後に1冊おもしろい本を読み終えたので、記事にしたいと思いました。

読んだのは、

 

武川佑さんの「虎の牙」。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20171228183306j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

「虎の牙」の主人公は誰?どんな小説?

 

武田信虎ってご存知ですか?

武田信玄の父で、気分次第で家臣を斬り殺したりして、

実の子の信玄に追放されちゃう人なんですね。

その信虎と山の者のアケヨ

下総の千葉家を追い出されて武田家臣になった原虎胤(とらたね)、

 この3人を中心にこの物語は展開されます。

 

信虎の時期の武田家が甲州の諸豪族や北条・今川家などと戦う様子を、

山の神などのスピリチュアルな存在を交えて展開する、

歴史小説に少しファンタジー感を加えたような感じの小説です。

 

 

 

 

 

 

 

 

読んでみてどう思った?

 

しかし、読後の感想をもう言ってしまうならば、

 

アケヨや虎胤などの登場人物に感情移入し過ぎて、

最後が寂しい、辛い。

 

でしょうか。

歴史もの、特に戦国ものにはよくある話ですが、

 

主人公が若い頃から成長・出世して、

主家を助けて一緒に成長する

 

という話。

こういう話は主人公の成長が読んでる側も嬉しく、

主人公が辛く困難な目にあった時は自分も辛くなり、

困難を乗り越えることにより一緒に困難を乗り越えたように感じるものですよね。

信虎とアケヨ、虎胤がよくケンカするので、

仲直りする度に「良かったなあ〜!」と思ったもんです。

 

 

 

 

 

 

 

武田信虎の印象が変わった?

 

あと、小説とはいえ、

 

武田信虎の印象も少し変わった

 

と思います。

 

暴君なだけではない人なんじゃないか?

 

と思わせられました。

もちろん小説なので、しかも主人公の1人、

ある程度脚色はされていると思うんですが、

作中で武田家臣が、敵対する豪族や北条氏の家臣に向けて、

 

「お屋形様が本当に暴君なだけの人なら、

付いていくわけがない!」

 

みたいな台詞が出てくるんですよね。

家臣は信虎がどんな人かをよくわかっていて、

信虎は慕われていた。

 

人を簡単に斬るのは事実だったと思うんですが、

信虎の時代には信玄の時代のように甲斐は統一されておらず、

今川や北条からも圧迫され、

 

信虎はその内外各方面と戦うストレスと戦っていたから、

暴君になってしまった

 

わけで、そこも考慮に入れてあげた方がいいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、

 

信虎はツンデレ

 

なのがこの作品での魅力だと思います(笑)

 

家臣にキレたかと思ったら、後ですごく優しくする

 

とかそんな行為が多いです。

戦国ものの歴史小説では珍しく、作者が女性なのも、

全体的な優しさを感じさせられる要因でもあるでしょうか?

その割に戦場の過酷さもしっかり描かれていました。

 

まあ、これ以上具体的に書くとネタバレになってしまうんで、

続きは本を読んでくださいね!

 

 

 

 

虎の牙

虎の牙

 

 

 

 

 

↑この広告をAmazonだけじゃなく、

楽天やYahooショッピングでも買えるものにしたいんですが…、

「カエレバ」っていうんですかね?

やはり、楽天もYahooもアフィリエイトの契約をしないといけないですよね?

それが面倒でこのままやってます…(笑)

 

 

 

 

終わりに

 

いやしかし、「虎の牙」は本当におもしろかったです!

この記事が今年最後の予定ですが、

外出せず読書三昧なので、また年内中に1記事書くかもしれないです(笑)

年内の休みは今日までなんですが、

1/1・2が飲食店員には珍しく休みなので。

「良いお年を」はもう良いですよね(笑)

それでは、今回も読んでくれてありがとうございます!