読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カワタツブログ

読書、歩く事、音楽など日常身の回りにある物を。

サマソニ大阪日曜日(東京土曜日)にはどんなアーティストが出るの?

以前もこういう記事を書きましたが、

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

今回は有名でないアーティストを検証して予習してみる記事。

その前に、少し前に日割りが発表されましたね。

 

f:id:tatsuyakawakami:20170423223016j:plain

 

東京参加の方にはすいません、

私が毎年大阪の方に参加しているので、

大阪のアーティストについて書かせて頂こうかと。

大阪日曜日にブラックアイドピーズが追加されたので、

テンションが上がってます。

 

しかし、日曜日が好きなアーティストばかりになって、

土曜日に行く必要が今の所ないので、

今年は1日だけ参加になるかもしれません。

 

ただ、明らかに土曜日のアーティスト数が少ないので、

これからかなり追加されるんじゃないですか?

取り敢えず、そういうことですので、

大阪日曜日(つまりは東京土曜日も)のアーティストを中心に見ていこうと思います。

 

好きなアーティストを見る間の空いた時間を有効に活用するために、

この記事が役に立ってくれると嬉しいです。

 

 

DECLAN MCKENNA

 


Declan McKenna - Brazil (Official Video)

 

イケメンなのでポップスターかと思いましたが、

気だるげなギターポップな感じが良いですね。

METRONOMYの2ndと似た音な感じがします。

 

JOSE JAMES

 


José James - Always There

 

この人はいいですね〜!

なんだか暗い感じに聞こえる人もいるかと思いますが、

動画の様に夕暮れの海でのんびりと聴きたい感じ。

ソニックなど屋内で聴けたら良い感じでトリップできそう。

(クスリをやっているわけではないです(笑))

 

HIGH TYDE

 


High Tyde - Keep On (Lyric Video)

 

動画がめちゃめちゃクールですね!

昔のブロックパーティーに似てて、

サビ以外はUKっぽくて、

サビになるとUSっぽくなる感じが。

このバンド、今年のサマソニの後でグッと人気が出る様な気がします!

 

 

 

 

 

 

 

HONNE

 


HONNE - WARM ON A COLD NIGHT | A COLORS SHOW

 

ヒップホップですね〜。

ただ、ギンギンした人じゃないので、

こういう雰囲気は大好きです。

ポップな感じもありますし、

ちょっとWEEKENDっぽい感じもあるかな?

TWENTY ONE PILOTSにも似てるといえば似てますね。

(ルックスの面?(笑))

これものんびりと聴けそう。

ただヒップホップは大概外のステージなので、

灼熱の太陽の下でどんなライブをしてくれるのか?

 

KALEO

 


Kaleo - Way Down We Go (Official Video)

 

シガーロスとかと同じアイスランドバンドで、

やはりというか良い意味でドーンと暗めな感じ。

しかしその割にはボーカルが荒々しげなのが面白い所でしょうか。

屋内で聴きたいですね〜。

 

LANY


LANY - ILYSB (lyric video)

 

これまた爽やかな感じで、

今年はこんな感じの人が多いですね。

ギターがいなくてピアノが入った静かな音。

 

SUNDARA KARMA

 


Sundara Karma - Flame (Official Audio)

 

このバンドも少しドーンとしてますね(笑)

しかし、ちょっとフランツ・フェルディナンドみたいな感じも。

動画でボーカルがイケメンなのに、

目の周りにピエロみたいなメイクしてるのも面白い。

 

 

 

まとめて見ての感想

 

今年はロックとかヒップホップとか、

ジャンル問わずに良いアーティストが揃っているんですけど、

ただ、みんなちょっと暗めなイメージがありましたね(笑)

暗い音もソニックステージとか屋内で聴けばすごく良いものなんで、

(暑いからソニックで涼むのにも良い音かもしれませんし)

誰をどのステージに配置するかかなり気にして欲しい所ですね。

 

あと、この中で一番売れそうなのを予想するとしたら、

HIGH TYDEな気がします。

(ちなみに女性ポップシンガーみたいな人は、

私的にすべて同じ様な音に聞こえてよくわからないので、

ここでは取り上げませんでした)

 

以上です!

この記事を読んで気になるアーティストが見つかって、

ステージを回る参考になったりしたら嬉しいです!

それでは失礼します!

 

 

 

 

 

35歳フリーターだからって心配するのは大きなお世話だ

いや〜もうなんかイライラと絶望感が同時にきてるというか、

そんな感じがしてます。

 

以前、むかしお世話になった人がうちの店に来て、

その人は頭がすごく良いし頑張ってる人なんですけど、

来るたびに35歳フリーターの僕をバカにするんですよね(^^;

いや〜まあ仕方ないんですけど、

僕は今のバイト先でバイトしてもうすぐ10年になるんですが、

 

お前まだいるの!?うわははは!

大丈夫?もう他に行く所ないでしょ?

え?まだ実家に住んでるの?

 

とかそんな感じで言われました…(^^;

いや、なんか口悪いんですけど、

本人的には心配してくれているそうです。

 

しかし、どうも、僕にはバカにされてるとしか聞こえなかったんです。

というか、

 

心配するとか大きなお世話!

 

なんですよね全く。

まあたしかに今の歳で正社員になるのは無理ですが、

それを承知でフリーターやってるんです。

 

給料20万くらい稼いで、

実家から出てないと生きてたらいけないんですか?

 

まあ多分、こういうことを言ったら、

 

「そんなやつ見たことないよ」

 

とか言われるんでしょう。

それに反論するならば、

 

そういう人は大概、大多数の論理に押されて、

自殺するか、人前に出ないか、

どっちかなんです。

 

僕みたいな人間は、

正社員で10何時間も働くより、

もっと好きなことをしたい。

そのためには社会的には恥と言われても、

バイトのままでいい。

いつまでバブル時代の様な、

「お金を稼いだやつが王様」な風潮が続くんでしょうね。

 

人には向き不向きがあって、

それがお金になるかどうかは、

時代によって変わるんです。

戦争のあった時代は軍人が必要とされて、

戦争が終われば必要でなくなるように…。

僕みたいなお金にできないことが好きなやつはいっぱいいるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり僕には飲食店を開業するしか道はないようです。

お金をあともう少し貯めて、

「歴史カフェ」やりたいです。

音楽好きにはライブハウスやクラブで、

共通の音楽の趣味を持った者同士集まりやすいですが、

歴史とかだとそうはいかない。

(ちなみに当ブログでは歴史の本について記事を書いてますので、

歴史好きの読者さん募集中です!(笑))

そういう歴史好きの集まれる場所になったらいいなと思ってます。

 

あと、やはり実家にいるのはよくないのか…。

僕はそんなに多くはないですが生活費も払ってますし、

歯ブラシとかシャンプーとか必要な物は全部自分で買ってますし、

休みの日は家事もしますが、

(飲食店員は料理はもちろん洗濯・掃除も全然こなせます)

それでもたまに「どこか就職しないの?」

みたいなことをさらっと言われます。

まあ、僕は有名私立と呼ばれるような大学に行かせてもらったので、

大学の学費を投資と考えれば、

「少しでも戻って来れば」

と思うんでしょうね。

 

でも、残念ながら僕は、

 

大学には、特に経済学部には行くべきではなかった

 

と思っているのです。

だから、経済学部から行くような進路には全く就きたくなかったし、

ももちろんそうです。

 

どうにか自分の好きなことでお金を稼いで生きられないか…?

 

と今もなお模索中です。

どうして好きなことをして生きていったらダメなんだ。

みんなやりたいことに蓋をして生きてるから、

お金ばかり稼ごうとしてしまうんだ。

お金持ってる人って暇がないから、

大抵食べ物やお酒、車とかにお金を使ってるけど、

本当にそれで楽しい?

 

マジで日本の社会はつまらない。

こんな国は潰れろ。

 

 

 

怒りに任せて書いてしまいました。

あ、僕が年長フリーターだから嫌になったりした人は、

読者をやめてくれても全然OKですので。

駄文失礼しました。

読んでくれた人はありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

坂口恭平「けものになること」は音楽の様にさらっと読めるけど、断片的な映像を想像させられるのが楽しい

坂口恭平総理の「けものになること」、読み終えました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20170416225615j:plain

 

 

けものになること

けものになること

 

 

 

ようやく、2月に買った本を全部読み終えました…(笑)

 

「現実宿り」に続き、「音楽のように聞き流す」流儀の、

言葉の羅列による快感をなんとなく聞き流す小説になっていますね。

しかし、今回は「現実宿り」より想像がしやすくなっているような。

文字から想像をしてしまうと、

流せなくなって頭がこんがらがってしまうのですが、

そこはやはり小説というものを読む時の、

クセ(というか当たり前のことではあるのですが)で、

どんな風景かを想像してしまうんですよね。

しかし、言葉をさらっと流して読んでいく内に、

自然と想像ができるような、そんな感じです。

 

かなりカオスですが、

人間の脳味噌っていろいろと考えていることが混ざってカオスな思考を持っているものだと思うので、

カオスではあるものの、坂口恭平総理の頭の中を覗き込める様な感覚を、読んでて感じます。

 

あまり本の内容を考えてはいけないのです。

音楽の様に聞き流す。

言葉が整然としてなく、それでも心地よく感じられるのは、

テクノとか電子音楽の様に、形はない様であって、

ただひたすら心地良い要素を詰め込んだものであるから。

…とか書いたのですが、よく考えたら全ての音楽がそういう風な感じではありますね。

 

しかし、自然と想像してしまうのもあって、

野球選手とか、リン・ハーとか、1730年のマイルス・デイビスとか、

1番印象的なのが、

中国人の双子がコンビニのレジをやってて、

2人で1人の動きをして、

次のお客さんを名前で呼んで、

(なんとなく僕は「春日一郎」って呼んだんだと思ったんですが、

他に読んだ人はどんな名前を思い浮かんだでしょうか?)

そこでレジしながらコップに日本酒をついで乾杯をし始めること。

そういうのが宇川直宏さんのVJの様に唐突もなく浮かぶ所もあります。

 

 

 

 

 

 

 

あと終盤にやたらと坂口恭平総理の電話番号が出てきますね。

(恭平総理は「新政府いのちの電話」(今は違う名前でしたっけ?)と称して自分の携帯電話の番号を公開しています。

ウィキペディアにも載っているという(笑))

この電話番号は「死にたいと思っている人が緊急的に避難するための電話」なので、

もし死にたいと思ってる人は電話を!

って前にも書きましたが。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

あと恭平総理はまた新しい本が出る様ですね。

今年に入ってもう3冊。

ペースが速いな〜。

 

 

しみ

しみ

 

 

 

しかし、溜まってた積ん読本を読み終えて、

今、次は何を読もうか?

という感じです。

頭を休ませるために少し読書を休んでもいいかもしれませんが。

 

ではこの辺で失礼します。

読んでくれてありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

サマソニ2017で見たいアーティスト

今年もSUMMER SONICの出演アーティストが続々と発表されていますね。

少し前にこういう記事を書いたのですが、

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

大阪会場は変わることなく舞洲でしたね。

去年の舞洲はメインステージの遠さがかなり不便でしたが、

今年は解決してくれるのでしょうか?

取り敢えずそれは置いといて、

サマソニ関連の記事は需要があると思うので、

今回は今の所(2017年4月10日現在で)発表されているアーティストで、

僕が見たいアーティストを紹介したいと思います。

ジャンルは結構バラバラです。

 

※「見たいアーティスト」=「アルバムを何枚も聴いているアーティスト」

ではないので、悪しからず。

興味本位で見たいアーティストも入れていますので。

 

 

JUSITICE

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410173851j:plain

 

※アーティストの写真は全てサマソニホームページから拝借しました。

 

 

僕が今年のサマソニで1番見たいアーティストです。

かつての2000年代エレクトロ全盛期を代表する二人組で、

僕は未だに彼らのライブを見たことがないのです。

というわけでJUSTICEかダフトパンクが来れば、

今年のサマソニに行こうと決めていました。

(ただし、まだ1日だけか2日行くかは決めていません)

 

で、去年11月に出た最新作WOMANが、

R&Bを取り入れた様な歌もの多めのアルバムで、

6年(でしたっけ?)前とかにもかかわらず、

2ndアルバムからの流れから続き物だという感じが受け取れます。

 

 

WOMAN

WOMAN

 

 

 

そのアルバムから、

RANDYの動画を貼ってみます。

 


JUSTICE - RANDY (A live installation by Thomas Jumin)

 

冒頭のバリバリっとした昔のエレクトロを思わすイントロから、

ふわっとした空気感があってふわっとしたボーカルが入るのが、

今の流行りも取り入れているようでかなり良いですよね。

 

このアルバムについては去年出たアルバムをまとめた記事にも書いてますので、

良かったらこちらもどうぞ。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

PHOENIX

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410174011j:plain

 


Phoenix - Lisztomania

 

以前見た時はソニックでトリのトリで時間がめちゃめちゃ遅かったため、

最後まで見ることができませんでした。

なので今回は野外ステージで、

夕方か夜の時間あたりでライブを見てみたいですね。

ただ、実はこの「WOLFGANG AMADEUS〜」以外のアルバムを、

聴いてなかったりしますが…(笑)

他のアルバムを買おう買おうと思いつつも購入に至らず。

 

 

Wolfgang Amadeus Phoenix

Wolfgang Amadeus Phoenix

 

 

 

R3HAB

 


R3hab - Samurai (Go Hard) [Official Video]

 

東京オンリーで僕は見れないのですが、

昔重たくてバリバリしたエレクトロハウスが好きだった時に好きだった人で、

(というかEDMかな?(笑))

ライブ見れるなら見たいな〜と思うので紹介。

ズンズンバリバリと突き落とす様な感じの音なので、

ロック好きにも受け入れられる音なのではないでしようか?

EDMはそんなに好きじゃないんですが、

ロックフェスだとなぜか結構聴けるという不思議。

 

 

 

 

 

 

 

CIRCA WAVES

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410174059j:plain

 


Circa Waves - Get Away

 

ここ近年よくサマソニに出演してますよね。

軽快なロックバンドです。

僕もサマソニで2回見てるんですが、

とても良いライブをするので、

若手のロックバンドを見たい人にはオススメです。

このアルバム、良いですよ。

 

Young Chasers

Young Chasers

 

 

 と思ったら新しいアルバムが出てた。

知らなかった…(笑)

 

 

Different Creatures

Different Creatures

 

 

前よりさらにクールでキレキレですね!

サマソニ前に買うか、

ライブが終わってから買うか、

迷う所です。

 


Circa Waves - Stuck (Parr Street Studios 360 Session)

SUM41

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410174148j:plain

 

↑デリック、老けたなあ…。

 

昔ギターが抜けた位からあまり聴かなくなったんですが、

時間が空けばまた見たいバンドという感じですね。

というか、抜けたギターがまた戻ってきたという話も聞いた様な…どうでしたっけ?

それでアルバム「CHUCK」の曲が聴けたりしたら僕は嬉しいんですけどね。

というのも、このバンドは「DOES THIS LOOK INFECTED?」と、

「CHUCK」の二枚のアルバムだけが好きだったりするんですよね(笑)

メタルっぽくて重たいのに軽快なのが好きでした。

 

 

Does This Look Infected

Does This Look Infected

 

 

 

Chuck

Chuck

 

 

 


Sum 41 - Still Waiting [Lyrics & High Quality]

 

今のSUM41ってどんな感じなんですか…?

 

KUNGS

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410174306j:plain

 


Kungs vs Cookin’ on 3 Burners - This Girl

 

この人は若干アゲアゲな感じがあるんですが、

曲がふわっと抜ける感じがして、

アゲ過ぎなくて、なおかつエモーショナル感じがあるのが好きです。

ライブはどんな感じなのか気になります。

やっぱりスイッチ押すだけな感じなのか…?(笑)

外の暑い中やるよりかは屋内を希望。

 

 

Layers

Layers

 

 

 

 

 

 

 

Nulbarich

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410174344j:plain

 

正直あまり知らないのですが、

うちの店の大学生に教えてもらったバンド。

動画見たら良かったので、気になります。

 


Nulbarich - Lipstick (Official Music Video) [YouTube Ver.]

 

suchmos(東京オンリーで出ますが今回は割愛)みたいな、

ジャジーで黒人音楽を取り入れたようなバンドですね。

いやしかし、このPV、セクシーでいいですよね…(笑)

アルバムも欲しくなります。

アルバムのジャケットはジャミロクワイを意識した感じ?

 

 

Guess Who?

Guess Who?

 

 

 

PENNYWISE

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410174430j:plain

 

久々に名前を聞きました(笑)

激っ速メロコアバンドですね。

暑い中にはいいんじゃないでしょうか?

ただし、多分おっさんばかりでしょうな(笑)

 


Pennywise - Unknown Road - 01 - Unknown Road

 

「Full circle」と「Unknown road」が好きです。

あ、ここで買わなくても、

ブックオフで500円で多分ありますよ(笑)

ていうか、今年のラインナップ、

500円で見つかりそうなアーティストばっかりって言われてますよね。 

 

Full Circle

Full Circle

 
Unknown Road

Unknown Road

 

 

 

ピコ太郎

 

f:id:tatsuyakawakami:20170410173600j:plain

 

 なんかオチみたいになりましたが、

もはや動画なんて貼らなくていいですよね…(笑)

見れるなら期待してますが、

何分持つんだろう…?(笑)

ただ、海外の人にも受けてるから、

出演する他のアーティストとコラボって何曲もやる感じですかね?

 

 

あとがき

 

今年も見たいアーティストは多いですね。

しかし、実はソニックマニアの方も豪華で、

僕の好きなKASABIANも来るので、

そちらも迷うところです。

でも、JUSTICEを外で聴きたいので、

KASABIANサマソニ大阪にも追加されないかなあ?とも思うところです。

 

また、無名なアーティストも、

動画を見て予習したりして、

(毎年やってますので)

良いアーティストがいたらブログ記事にして紹介するかもしれません。

 

では、長くなりましたが、

この辺で失礼したいと思います。

ここまで読んでくれてありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

呉座勇一「応仁の乱」で描かれたのはカオスで地味な大乱?

最近かなり売れているという本、

 

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱」

 

 

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

 

 

 

読み終わりました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20170405233715j:plain

 
応仁の乱って、
 
室町幕府の8代将軍義政の嫁の日野富子が義政の子を擁立し、
義政の弟の義視(よしみ)と将軍の後継者争いをし、
それを細川勝元山名宗全がそれぞれを支持して東軍西軍に別れて戦い、
京都を中心に10年以上の大乱が続いた」
 
っていうのが教科書に載ってる内容だと思うんですけど、
この本読んでわかったことは、
 
そんな数行の説明で語れるもんじゃない。
 
ということ。
マジで本一冊できるほどの内容があります。
なぜなら、
 
奈良の寺社同士の争いとか、畠山氏とかの後継者とかの小さな争いが、
何重にも、いや、何十重にも重なって、
ハッキリ言ってわけのわからない、
 
カオスな戦乱
 
になっている。
そんな感じです。
実際、この本に出てくる登場人物が多過ぎて、誰が誰だかわからない…。
…けど、それでも話の流れがよく分かって面白いんですけどね。
 
てか実際、小さい事件の火種になった話とか遡ると、
10年間どころじゃ済まないんですよね。
3代将軍足利義満の所からこの本は始まりますしね。
根が深い戦乱だったということになりますか。
 
 
 

 

 

 

 
あと、例えば桶狭間の戦いでは織田信長とか、
その辺の戦国時代の大戦と比べると、
 
突出した英雄みたいな人が全く出てこない。
 
将軍家の足利義昭・義視(よしみ)も、
東軍・西軍両総帥の細川勝元山名宗全も、
突出した才能を持った人物とまでは言えない。
主人公的な扱いの興福寺の僧、
経覚(きょうがく)や、
尋尊(じんそん、と読むのですが、
平仮名にすると、
なんだか「ジョンソン」みたいな外人っぽい名前になりますね…(笑))も、
観察・書記者としては有能そうですが、
戦闘も政治もそうではなさそうな。
 
唯一、畠山義就(はたけやまよしひろ)がめっぽう戦闘に強そうですが、
まあ、英雄というほどじゃないですよね。
なんとなくですが、吉川元春くらいかな?
 
さらには、
 
勝者も敗者もいない。
京都と奈良が燃えただけ。
 
というのも、地味ですがこの乱の特徴ですね。
 
後は、応仁の乱までは各地の守護を監視するために、
守護を京に集め、
領地には守護代を置いていたのですが、
乱後に室町幕府勢力が弱まり、
守護を拘束する力も弱り、
守護がみんな領地に帰っていって、
朝倉孝景など戦国大名が現れて、
さらには明応の政変足利義材(よしき)が京都から締め出されて、
さらに幕府の力が弱まり、
群雄割拠の戦国時代が出現した。
ということが強調されています。
 
歴史的に有名な人とかがいないので、
読むのに時間がかかりましたが、
早く続きが読みたくなるほどに面白かったです。
歴史好きで本を読むのが好きな人にはかなりオススメの本です!
 
 ちょっと言葉にできない面白さがあって、
文字数はそんなに書けてないんですが、
良かったら読んでみてください。
 
歴史の本といえば、
この本が面白かったので、
 
それでは、読んでくれてありがとうございます!
 
 
 

 

 

 

 

青春18きっぷで岡山市から愛知県犬山市までを1日で往復してきました

タイトルの通りなんですが、

3月28日に岡山県岡山市中区東岡山駅から、

愛知県犬山市犬山駅まで、

青春18きっぷで往復してきました。

 

東岡山←→岐阜間のJRを11時間、

岐阜←→犬山間は名鉄に乗って1時間位。

計12時間電車に乗っていましたか。


東岡山駅から犬山駅までは345kmあります。

お住まいの地域から345kmあればどこまで行けるか、想像してみてください!(笑)

 

 

 

金券ショップで18きっぷを購入

 

青春18きっぷは、岡山駅前にある金券ショップで、

4回分の回数が残った18きっぷを、

まず4回分の値段で買い、

使い終わった後で残りの回数を引いた額で買い取ってくれる、

というシステムがあるので、それを利用しました。

青春18きっぷ5回分をまとめて買うと1万円超すので、

ちょっと手が出にくいですからね。

一回分の値段が200円位高くなりますが、

使い勝手が良いのでアリだと思います。

 

行き(東岡山→犬山)

 

f:id:tatsuyakawakami:20170328184630j:plain

 

これは行きの分の乗り換え予定だったんですが、

この通りの乗り換えで行くことが出来ました。

割と乗り換えがキツキツですが、

もし遅延とかがあって1本でも乗れなかったら、

30分とか1時間のロスが出来て、

犬山に着いてからの散策時間が減ってしまうので良かったです。

 

出発→東岡山網干近江塩津行きの新快速に乗る

 

朝5時に起きて6時に出発。

兵庫県網干(あぼし)で乗り換えた時は、

この駅、車庫がある始発駅なので、

乗り換え客は結構いると思うんですが、

ベンチが一つもなかったのが辛かったです。

この時点で僕の他にも、

18きっぷで旅してると思われる、

近江塩津行きの新快速を待ってる人が多かったですね。

みんな立ってた(笑)

 

野洲行きの新快速もあったんですが、

これだとどの道また乗り換えがありますからね。

京阪神に行くならこれでもいいんですけど、

端っこの米原まで行かないといけませんからね。

 

 

 

 

 

 

新快速は楽しい

 

 

で、その新快速は9時頃大阪辺りの混むエリアに差し掛かりましたが、

案外混まなくて楽でした。

 

 

新快速は歴史的にもいろいろあるとこばっかり走るので、

ただ走ってるだけで楽しいです。

滋賀県に入って、草津を過ぎた辺りからガラガラになり、

尿意を催し車内のトイレへ。

というのも、次の米原で乗り換える時は乗り換え時間が5分しかなく、

トイレにいけないかもしれないので。

で、新快速は一番姫路寄りの車両にトイレがあることがわかり、

用を足しガラガラなのでまた座れました。

 

米原で大垣行きに乗り換えると18きっぷの人が多い

 

しかし、米原で降りたら乗り換える人がすごく多くて、

大垣行きの電車はパンパンに。

 

 

と思いましたが、多分ほぼそうでしょうな。

席の争奪戦。

呑気に駅弁とか買ってるオシャレカップルもいたけど、

あの駅弁はどこで食べたんでしょうね…?

 

大垣から岐阜へ、ラムーと金ぴか織田信長

 

https://www.instagram.com/p/BSIATo_Dj5Q/

#大垣 #東海道線 #青春18きっぷ

 

 

大垣に岡山のスーパーがあってテンション上がったけど、

その後、案外東北とかにもあると知って驚きました…(笑)

大垣で乗り換えて3駅で岐阜に着。

初めての県庁所在地で面白かったです。

 

https://www.instagram.com/p/BSICzdbjeOQ/

岐阜駅にて、織田信長の金ピカの像。#岐阜駅 #織田信長

 

f:id:tatsuyakawakami:20170328230626j:plain

 

岐阜駅は2階が改札で3階がホームになってて、

貨物列車がやけに高い所を走ってるのが個人的に面白かったです。

 

名鉄でのどかに犬山へ

 

https://www.instagram.com/p/BSIERpnjmxK/

名鉄に乗るのって、10年以上ぶりかな…。 #名鉄 #岐阜 #岐阜駅 #名鉄各務ヶ原線

 

そして名鉄各務ヶ原線に乗って犬山へ。

ここまで順調。

各務ヶ原線の景色はのどか…。

そして、30分ほどで目的地の犬山に到着。

ここまで6時間ほど電車に乗ったことになります。

 

犬山城

犬山遊園駅から犬山城

犬山駅の手前の犬山遊園駅で降りてみると、

(こちらの方が近そうだったので)

木曽川の眺め。

 

f:id:tatsuyakawakami:20170328231654j:plain

 

こちらは裏手だったようで、

犬山城の手前の稲荷神社には若い女の子がたくさん。

恋愛成就の神様でもいるのか…?と思いましたが、

なんか居づらいのと、狐が怖いので、

賽銭をあげただけで上に登りました。

神社を出たすぐの階段でイケイケの女子二人組が、

 

「城行く?」

「いや興味ないからいいや〜」

 

という会話をしててイラッとしました(笑)

 

 

犬山城天守

 

f:id:tatsuyakawakami:20170328231921j:plain

 

いやあ、立派な門。

テンション上がります。

ちなみに、この城は入場券を交通系ICカードで買えるという最先端さ(笑)

 

そして、この門をくぐると天守閣が。 

 

f:id:tatsuyakawakami:20170328232306j:plain

 

f:id:tatsuyakawakami:20170328232413j:plain

 

いやあ〜かっこいいですね!

 

現存12天守という認識でここに来ましたが、

国宝5天守というのもあるんですね。

ちなみに、松本城以外の、姫路城、彦根城松江城は制覇してます!

 

中もいい。

 

f:id:tatsuyakawakami:20170328232745j:plain

 

松江城と同じで石垣部分から入るという。

これ最高。

 

f:id:tatsuyakawakami:20170328232855j:plain

 

頂上から名古屋方面を望む。

右の真ん中辺りに小さく霞んで名古屋駅前のビルが見えるのわかります?

 

f:id:tatsuyakawakami:20170328233137j:plain

 

こちらは木曽川方面。

 

そして、案外犬山城は早めに終了。

6時間もかけてきたのに、

でも、早く終われば余裕が出来て助かるので、

 

複雑な気分(笑)

 

城下の道は女の子ばかりだったが油そばは美味しかった

 

その後朝から何も食べてないので、

何か食べようかと思いましたが、

犬山城下の道はすごい人通りで、

しかも若い女の子ばかりで、

飲食店はすべて行列。

後でインスタで「#犬山城下町」で検索してみると、

見事にピンクの画像ばかりでした…。

イチゴのスイーツとかね(笑)

 

こんなの望んでなかったので、

雰囲気の良い道ではあるんですけど、

この道はスーッと通り過ぎて、

犬山駅前で見つけた歌志軒という油そば屋へ。

 

https://www.instagram.com/p/BSISGw2DYaZ/

犬山城から犬山駅までの道は、春休みとはいえ月曜日なのに若い女の子でいっぱい(犬山城手前に神社があるからだと思うけど)。だから食べ物屋はどこも行列で愛知県の景気の良さも感じる。で、流石にお腹ぎ減って寄った犬山駅まえの油そば、美味しかった。#油そば #犬山 #何気に今日一食目

 

あまり期待してなかったけど、

これ、美味しかったです!

しかし、愛知県に来ると、

本当に景気の良さを感じます…。

ご飯時の飲食店は大概並んでるイメージ。

 

帰り

犬山→岐阜→大垣で怪奇現象 

 

そして、滞在時間1時間半程で、

目的地だった犬山を後に。

スパッと終わって余裕が出来たから岐阜でもウロウロしようかと思いましたが、

岐阜城は山登りになって時間かかるから却下。

他に行きたい所もないので、

大垣行きの電車に乗る。

 

そして、大垣に着くと怪奇現象が…。

 

 

「乗ってた電車が着いたから乗り換えよう」って思ってたら、

降りたときにこの電車の行き先表示が「米原」に変わってたんですよね。

切り離し作業があったわけでもなく。

JR東海だとよくあることなんですかね?

 

 

 

 

 

 

関ヶ原

 

そして関ヶ原を再び通る。

 

https://www.instagram.com/p/BSIdeIsjFir/

#関ヶ原駅 #関ヶ原の戦い #東海道線 #青春18きっぷ

 

京都駅でスパッとラーメン食べる

 

行きと違って、

岐阜から京都までしっかり座れました。

京都で降りたのは、

「京都のラーメン食べたいな〜」と思ったからで。

(背脂が乗ったこってりラーメンが京都には多い)

で、京都駅ビルの10階にある拉麺小路までスパッと登りました。

 

https://www.instagram.com/p/BSIpq8xjpY4/

京都駅で降りてサッと京都のラーメン食べるなら、やっぱりラーメン小路の「ますたに」だな…!だしが効いてて優しいとんこつ醤油。#ラーメン #京都駅 #京都 #ますたに #京都ラーメン

 

3月終わりかけの新快速はエモーショナル

 

ラーメン食べてすぐにまた新快速に乗り、

滞在時間はたしか40分くらいだった気がします。

で、この新快速車内は混んでて立ってたわけですが、

ここで印象深い光景が。

 

 

3月の終わり頃で、

自分にもそういう引越しの移動の時期があって、

自分の思い出と重ねてしまったでしょうか。

僕の場合は大学時代はあまり授業にも出てなくて、

4年で卒業できなくて就職も決まらず岡山に帰ることになり、

「落ち延びた」って感じでしたが。

いやしかし、六甲山にほのかに灯る家の灯りが、

本当にきれいでした…。

 

相変わらず姫路の駅そばはうまい

 

そして姫路では名物・駅そば。

これを食べるための時間をわざわざ作った感じです(笑)

 

https://www.instagram.com/p/BSI3I7sjO7v/

今日3発目の麺になってしまったが、やっぱり姫路での乗り換えに時間があった、えきそば食べないとな。#姫路 #姫路駅 #えきそば

 

うどんの汁にラーメンみたいな麺が入ってて、

大学生時代からお世話になってるんですが、

天ぷらもフニャフニャで麺もしっかりしてなくて、

注文してから30秒ぐらいでできるのに、

 

なんでこんなに美味いんだろう…?

 

と毎回思います。

で、姫路発の黄色い電車に乗ると、

(岡山・広島エリアの電車は黄色一色の塗装がしてあるものが多い)

「ほぼ帰ってきた」感がありました。

 

今回使ったお金

 

青春18きっぷ1回分(金券ショップで購入):2600

岐阜・犬山間往復(名鉄):900

網干駅で買ったコーヒー:120

犬山城入場料:550

犬山城クリアファイルとお土産:900

歌志軒の油そば:830

ますたにのラーメン:630

姫路えきそば:360

 

計:6260

 

愛知県まで行ったのに、

安くつくもんですよね…(笑)

味をしめて夏にまたどこかへ行こうかと計画中です。

帰ってきた直後は「逆方向の広島山口方面へ行こうか?」

と思ってましたが、

2枚と2泊3日で上田・長野・松本方面に行くのを考えてます。

真田丸」、いやそれ以前にもこの辺りは行きたかったので。

 

次にこういう旅をするときも読んでいただけるとありがたいです。

かなり長くなったのに、

読んで頂いて本当にありがとうございます!

それではこの辺で失礼します!

 

 

 

 

 

 

タイトルの意味は見れば納得?岡山県民が「ひるね姫」を見て思ったこと

 

 

 

 https://www.instagram.com/p/BRpyJkpFnHd/

ひるね姫ラッピング電車。岡山が舞台なので。#ひるね姫 #岡山 #山陽本線 #赤穂線

 

これは少し前に撮った写真です。

岡山では今、このひるね姫電車が走ってて、

あと、ファジアーノ電車とか、

お隣広島の、カープ電車にサンフレッチェ電車とか、

いろいろ走ってるんですよね…(笑)

(広島に行く電車も走っているため)

 

で、28日に「ひるね姫」を見てきました。

前日に青春18きっぷで丸1日電車に乗ってたためか、

体が重かったですが…(笑)

前後しますが、こちらも早い内に記事にします!

 

さて、ここからネタバレ事項なんで、

ひるね姫」をまだ見てなくて内容を知りたくない方は、

一旦撤退することをオススメします。

ただ、読んでから映画を見てもそんなに問題はない気もします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局あのSF側世界は本質の話には関係あったの?

 

って思いました。

取り敢えず、冒頭がいきなりSFから始まったのが意外でした。

もっと現実的でSFはおまけな感じのアニメかと思っていたので。

まあ、結局おまけだったってことになりますか…(笑)

SF世界が無かったらすごく地味な話になるとは思うんですけど、

結末にはそんなに関係無かったと思うので…(笑)

 

岡山県内が舞台なのに?

 

なんで岡山県内の下津井港が舞台なのに、

岡山県内の岡山空港じゃなくて高松空港に行ったの?と思ったんですが、

あれはよく考えたら、

「バイクで瀬戸大橋を渡る」という演出のためですね。

わかるんですが、岡山県民は納得いかない人も多いかも(笑)

 

ココネは話の半分くらい寝てる?だから「ひるね姫」?

 

しかし、あの魔法とか鬼とかの SF側の話は実際に起こってなくて、

全部ココネが寝てた時の夢だったってことですかね?

まあ、それだと「ひるね姫」ってタイトルに納得がいきますけど。

 

お祖父さんが真剣な話してる最中に寝るなよ!(笑)

 

大阪に行っちゃった時も、車?バイク?に自動運転の機能があったから、

寝てる間に(なぜか)大阪に行っちゃったってことですね。

 

スタッフはガンダムエヴァが好き?

あと、渡辺の部下は出来ない奴ばかりで少しかわいそうでした…(笑)

 さらに気になった点として、

このアニメの製作陣はエヴァガンダムが好きなんでしょうねえ。

「鬼」はめちゃめちゃ使徒だし、

ちょっとシン・ゴジラっぽくもありました。

翼生えるのもウイン◯ゼロみたいでしたし(笑)

 

ココネのお母さんが死んだ原因は?

 

あと、ココネのお母さんが死んだ本当の原因は、

自動運転の実験が失敗したからですかね?

エンディングの所で車に乗って、

お母さんはそのまま帰ってこなかったってことなんですかね…?

実験が成功してたら、

自動運転はもう完成してるはずですもんね。

そう見たら、エンディングが余計に寂しくて懐かしいものに思えます。

 

 

高畑充希ちゃんは声優も歌も良し

 

あと、よくCMとかである、

ただ歌が上手いだけの女の子が有名な曲をカバーするパターン、

嫌いなんですけど、

高畑充希ちゃんはミュージカルとかやってるだけあって、

良かったですね。

CM見たときは「なんか、なんかなあ?」と思ってたんですけど(笑)

 

映画が終わったあとに思ったこと

 

あと、映画終わった後、

泣いてる人がいっぱいいたのは、

すいませんが僕にはよくわかりませんでした…。

というのも「この世界の片隅に」と比べたら、

全く泣くような内容ではなかったので。

ひるね姫」は面白かったけど、

あくまでエンタテイメント的な話だと感じました。

 

個人的には、

君の名は。」とは同じくらい面白かったですけど、

この世界の片隅に」には及ばない感じですかね。

でも、充分に面白かったと思います!

ただ、もしかしたら他の都道府県の人はそうでもないんでしょうか…?(笑)

 

それでは、この辺で失礼します。

読んでくれてありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

よろしければこちらもどうぞ。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com