カワタツブログ

読書、歴史、音楽、旅行他、いろいろ手を出す雑記

2019年6月 弥高山山小屋

 

 

 

今日も日記みたいな感じです。

 

前の土日、

先輩の会社の保養施設に遊びに行ってきました。

先輩の様な会社の中の人がいれば、

社外の人がいても大丈夫の様で、

DJ機材とレコードCD、

食材を大量に毎回持ち込んで遊ばせてもらってます。

 

いつもはサラッと写真載せて軽く説明して終わりなんですが、

今回は僕がどんな準備をしてるか

裏側まで書いてみたいと思います。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190611141448j:plain

 

 

毎回腐らない物を早めに買ってます。

当日に一気に物を買うと買い忘れる物がありそうですし、

なるべく早い内にやる事を減らしておきたい性分なので。

 

しかし今回、ビールはバラバラで良い物を買ったし、

(6本入りのセットとかではないという意味で)

オリーブオイルもスペイン産の贅沢な物を使いました。

お金は使いましたが、

良い物を使えてとても楽しかったので、

たまには良いと思います(笑)

 

他に準備といえば、DJの準備

レコードをたくさんカバンに詰めたりする作業もあり、

結構大変😅

しかし、この時は車。

レコードを楽にたくさん運べて楽しいです。

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190611141440j:plain

 

 

土曜日の14時ごろ到着し、

日曜日の17時くらいまでいました。

 

行く途中、

地元のスーパーで野菜以外の食材を買い、

到着前に産地直売所で野菜を買いました。

せっかく田舎で料理するんだから、

 

その土地の野菜を美味しく食べよう

 

という思い。

高梁市川上町は僕の父の実家がある所でもあるので、

 

「少しでもお金を落としたい」

 

という気持ちもあります。

いわゆる限界集落ですし。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190611141431j:plain

 

この窓の外の景色を見てください。

 

標高が高いので、

南側の他の山が低く見える絶景。

 

この日はとても天気が良く、

福山の工業地帯の煙突まで見えました。

 

空気も水も綺麗で、

食べ物もお酒も美味しい。

 

音楽もあるので、すごくお酒が進むんです(笑)

 

f:id:tatsuyakawakami:20190611141423j:plain

 

ベーコンの代わりに、

鶏肉を使ったカルボナーラを作ってみました。

産直で買った鶏肉を使ってみたんですが、

親鶏だったか、

 

ちょっと固かったですね〜😅

 

しかしパスタのソースの味は良かったと思います。

卵も産直で買った物を使いました。

翌日、セオリー通りにベーコンで作ったカルボナーラも作りました。

(写真なし)

前回は店でやってる通りに計量してやってましたが、

今回パスタはきっちり袋の半分の量を鍋に放り込み、

ベーコンとか味の決め手になるものは、

たくさん入れる様にしました。

 

こういう場の料理は分量は適当に、

食材をしっかり使いきれる様に沢山使おうと思いました。

 

あと、これとは別にイカ墨を練りこんだ麺を使って、

ペペロンチーノを作ったんですが、

袋の表記より麺を茹でる時間が長かったですね。

 

 

 

 こういう感じのやつ。

普通の麺より甘みがあります。

 

食べても口の中が黒くなったりはしません。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190611141415j:plain

 

翌日も良い天気でした。

2日目は帰りの運転があるので、お酒は飲めません。

残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190611141654j:plain

 

先輩夫婦一家が持ってきた子供の雑誌の付録。

 

ラーメンの見本を、

厚紙とゴムで再現した模型のような物。

 

箸が宙に浮いてる様に見え、

ギコギコ上下に動くんです。

 

子供だけじゃなく大人も欲しくなる物ですね。

思わず僕も写真撮った(笑)

Twitterでバズったと聞きましたが、

知ってる方います?

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190611141646j:plain

 

16時ごろから撤収を始めました。

DJ機材を先輩の車に運んで、

綺麗に掃除をして土曜日に入った状態に戻しました。

よその会社の施設だから、綺麗にして返さないと。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190611141637j:plain

 

ちょっと帰りの道中のことを、

写真撮ったので少しだけ。

 

川上町の地頭という小さな町を出た所にある、

 

ログハウス風の自販機コーナー。

 

隣のガソリンスタンドでガソリンが安いのを先週母が発見してたので、

ガソリンを入れました(笑)

折角だからここでお茶を買いました。

上にも書きましたが、

少しでもこの町にお金を落とそうという思い。

 

うどんを売ってる自販機もあって、

食べようか少し迷いましたが、

山小屋でいろいろ食べたので、やめました😅

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190611141629j:plain

 

 

ここはいつも休憩する総社の黒尾のローソン。

なんとなく風景を撮ってみました。

 

この後、行きと違い高速には乗らず、

国道180号をのんびりと帰りました。

日曜日の夜は空いている。

 

 

 

 

 

と日記風に綴ってみました。

仲間内でやってることなので、

あまり伝わってないかもしれませんが…😅

とりあえず、ある程度書き残しておきたかったので。

「今度はパスタをもう一袋準備しよう」とか、

「自分のグラス準備しよう」とか改善点もありました。

ここに書いておく事で次はもっと楽しくやれたらいいな。

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南海キャンディーズ山ちゃんと蒼井優の電撃結婚!自分の結婚を考えた

 

 

 

 

こんにちは〜。

 今日は芸能人の結婚をネタに書いてみます😅

こんな事をネタにする事はあまりありません。

 

でも、流行りの話題をネタに、

どれだけ発展させられるか、

行き当たりばったりで書いてみる

 

のも自分の可能性を探る、

いや自分の思いを掘り出す意味で、

良いと思って書いてみます。

 

検索流入も考えなくはないですが、

余程面白い事を書かない限りは大したことない。

というのは経験済み…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

山ちゃんと蒼井優の結婚で思った事は?

 

タイトルの通り、

 

南海キャンディーズの山ちゃんと、

蒼井優が結婚しましたね。

 

mainichi.jp

 

 

 

正直この組み合わせは最初はビックリしました。

蒼井優は結構好きでしたし。

 

でも年の差は9歳だけなんですね。

芸能人同士の結婚って、

20歳離れてるのも珍しくない気がしますし、

健全?な気もします。

陣内智則藤原紀香みたいな不吉な感じも、

しないではないですが…😅

 

 

 

 

山ちゃんは実はハイスペック説に同意したい?

 

あと「山ちゃんは実はハイスペック」

っていうツイートをみました。

 

同意します。

 

テレビでめちゃめちゃイジられてますけど、

そんなにイジられる程の人ではないと思ってます。

東大王で司会やってますよね?

 

皆さん何かしらやった事ある人多いんじゃないかと思うんですが、

 

司会って難しいですよね😅

 

しかも毎週あるテレビ番組の司会。

 

全国の人が見てるというプレッシャー。

 

さらに番組をスムーズに進行させて、

人を傷つけない様にイジる。

 

しかもクイズ番組だから教養も必要。

 

毎週なるべく同じ事を喋らない。

 

とか難しい部分もあるんじゃないかと想像。

 

山ちゃんはスッキリの天の声でもお馴染みですが、

もうずーーーっとやってますよね。

何年も続けられるってのは何かしら、

確かな力量があるって事でしょう。

 

山ちゃんは実はすごい。

山ちゃんハイスペック説に同意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の結婚にも期待したい?

 

しかし今回の結婚、

 

「山ちゃんみたいに容姿がそうでもない男性でも、

女優みたいな可愛い女性と結婚できる」

 

と言う意味で、

世間の男性に希望を与えたパターン

じゃないでしょうか?

 

僕もちょっと、それが無くは無いですね〜😅

山ちゃんと3歳しか違わない事が分かりましたし、

 

蒼井優みたいな女性と結婚したい!」

と言う願望は正直、あります(笑)

 

しかし僕は収入少ないし、

実は30代後半の今まで女性と付き合った事がない😅

 

いろいろな方面のオタクなもので、

趣味ややりたい事にお金を使えるだけ、

つぎ込んでしまう…😅

 

そしてさらに、

それがいけない事だと全く思ってない(笑)

 

これでは彼女が出来たりしても、

デートに使えるお金が無い…。

 

すいません、ネガティブになりました(笑)

 

ただ昔、

「女の子と付き合うのにお金なんか必要ない!」

と言われた事はありますが、

 

いやいやあるでしょう?(笑)

 

公園デートとか、

何回か食事した後にできるモノじゃないですか?

 

さて何が言いたいかと言うと、

 

お金が欲しい!!

 

これに尽きますよね〜(笑)

山ちゃんもすごくお金稼いでそうだもんな〜。

 

今は低収入だけど40過ぎ位には、

どうにか結婚できんかな〜?

と考えているんですが😅

 

やはりお金貯めて独立するべきなのか…?

相手もこの先見つかるんだろうか?

 

年の近い女の子はどんどん結婚していって、

言い方悪いですが「残ってない」もんな〜😅

 

まあやりたい事をできるだけやって、

生きて生きましょう。

 

 

 

 

とかまあ、そんな風に思ったまま書いてみました。

 

言いたい事も言えないこんな世の中じゃねえ。

 

 

 

最近反町隆史をずっと聴いてるので、

載せてみます(笑)

 

オレはオレを騙す事なく生きていく(笑)

 

勢いで思った事を書いてみましたが、

いかがだったでしょうか?😅

 

正直、面白くないですよね?(笑)

 

ただ「こう言う書き方もアリかな〜?」

とは思いました。

また何か興味深い流行りのテーマがあったら、

こんな風に書いてみたいと思います。

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【日記】チャンピオンズリーグ決勝の感想と、祖母を訪ねるドライブ

 

 

 

 

 

こんにちは〜。

今日はほぼ日記です。

 

2019年6月2日の1日の事を、

日記の様に書いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

UEFAチャンピオンズリーグ決勝はどんな展開だった?

 

まず早朝から、

 

UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦

 

を見ました。

 

リバプール

トッテナム・ホットスパー

 

前日夜9時に寝て2日の朝3時45分に起きました。

去年の今頃だったW杯ではこれを繰り返していましたな…。

 

試合展開。

試合開始25秒トッテナムムサ・シソコが、

 

ペナルティエリア内でハンド。

 

 

PKをサラーが決め、

リバプールがいきなり先制しました。

 

その後は乱入があったりしましたが

 

 

ゴールが入らず。

 

 

このまま終わるかと思いきや、

終了間際に途中交代のオリギが追加点

2-0。

 

 

そのまま試合が終わり、

リバプールが優勝しました。

 

 

やはりクロップはCLを優勝出来る程の戦術を持った監督なんですね。

難しくて、よく分からないけど(笑)

ただ試合の展開はちょっと眠たかったです…😅

CL史上最低の決勝戦みたいに言ってる人もいるそう😅

 

 

 

 

 

来期は決勝以外も頑張って見る?

 

しかしDAZNチャンピオンズリーグを見るために加入したんですが、

 

今期は決勝しか見ませんでした…😅

 

やはり途中の試合も見ないといけませんね。

 

過程を見ずに決勝だけ見ると、

少しあっけない…😅

 

来季は頑張ります!

せめて強豪対決の試合だけでも見ないと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカー見た後に向かった場所は?

 

そして、その後はそのまま寝ずに、

岡山県高梁市広島県境の辺りにある、

父方の祖母の所へ。

車で片道2時間半かかります😅

 

しかし祖母に大分会ってなくて、

それが随分前から気掛かりでした。

 

90歳の祖母ですから…😅

 

ただ祖母が入っている介護施設が、

祖母の家から大分離れた山奥にあって、

自分1人では辿り着けない様な場所で、

億劫だったんです😅

 

山奥・遠い・知らない場所。

 

なので道に詳しい母に着いてきてもらいました。

 

去年の秋位までは祖母は田舎の家に1人で暮らしていたんですが、

少し前から体を悪くして入院。

退院した後は介護施設に入りました。

しかし、今回久々に会うと、

 

一人暮らしをしていた時よりも

元気そうで良かったです。

 

以前よりも歩ける様になってて、

髪の毛もしっかりキレイにしてもらってて。

90歳の祖母ですが、まだ元気そうで良かったです。

施設に入ると話し相手もいるのも違いますかね〜。

 

 

 

 

 

 

父の実家で何してた?

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190602181727j:image

 

その後は父の実家で昼ご飯を食べたりゆっくりしました。

正確には、父の実家の少し上にある家を借りています。

実家はそこから坂を下らないといけなくて、

祖母にはキツくて。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190602181735p:image

久々の山の中の空気。

何となくiPhone反町隆史を聴きました。

 

 

Forever

Forever

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190602181746j:image

 

田舎の車があまり通らない道。

 

猫が路上でくつろいでました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母方の祖母の施設で見たものは?

 

その後、割と近い所にある、

母方の祖母の所へも。

こちらの介護施設

 

f:id:tatsuyakawakami:20190602181754j:image

 

 

暗殺教室「殺せんせー」が、

入り口で迎えてくれました😅

 

アリなん?

 

介護施設に殺せんせー、

アリなん?

 

可愛いとも取れなくは無いですが。

 

ちなみに僕は暗殺教室は読んでないですが、

 

作者の松井優征さんの前作、

魔人探偵脳噛ネウロ 」は全巻持ってます。

 

話が逸れましたが、

母方の祖母はあまり調子が良くなく、

僕の事も残念ながら覚えていない様でした。

こちらも90歳過ぎてるんで、

「仕方ない」と思ってるんですけどね〜。

しかし、この調子でもう何年も施設に入ってるんで、

「まだ、どうにか」と思いたい所です。

 

結果として往復5時間近いドライブでした。

 

しかし両祖母に会いに行けない事が、

胸のつかえと言うか、

しばらくの間気がかりだったので、

それが取れて楽になった気がします。

 

早朝でサッカー見てその後出発したので、

 

5時間のドライブと言っても、

15時には家に着けました。

 

早起きは三文の得ですね。

運転は全部僕がしました。

 

ちなみに翌週も、

今度は先輩友人と父の実家の近くの施設で遊ぶ事になっています。

料理をするために産直の野菜にどんな物があるか、

見てきました。

ある程度形が見えてきて、

良い物が作れそうです。

 

 

 

 

とまあ、今日は完全に日記でしたが、

いかがでしたか?

文字数書けるのでこんなのもたまには良いかと思って。

検索は稼げなさそうですが😅

でもネタが無くて書けないよりは良いですよね。

これからもネタを探して頑張って書きます。

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四天王寺に関わる6つの時代の人々を書いた小説!木下昌輝「金剛の塔」

 

 

 

 

こんにちは〜。

6月に入って、暑さが少し落ち着いてきたでしょうか?

この記事を書いてる現在は曇り。

過ごしやすい気温です。

 

読書も進みそうな天気かは分かりませんが、

こんな本を読みました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190602165333j:image

 

木下昌輝さんの「金剛の塔」。

 

木下昌輝さんの小説は「宇喜多の捨て嫁」

「宇喜多の楽土」と読んできました。

「宇喜多の捨て嫁」を読んで - カワタツブログ

6月に読んだ本4冊! - カワタツブログ

 

「金剛の塔」というタイトル、

読む前はこないだ行った奈良の、

例えば法隆寺五重塔に関する小説かと思ってました。

 

しかし、そうではなく、

大阪の四天王寺にある五重塔が舞台。

 

現代と6つの時代の、

五重塔に関わる人達の話を、

8つに分けた小説。

 

四天王寺五重塔は、

戦火落雷により何度も焼失しました。

しかし、その都度、

魂剛組という集団の手によって、

建て直されました。

(実話では「金剛組」?)

 

 

そして、その魂剛組やその周りの人物

あるいは動物?について、

6つの時代を遡り、

短編のように、

6つの話に分けて書かれた小説です。

 

 

 

 

 

五重塔の建設に真面目に打ち込む人。

 

悪事に手を染めてしまう人。

 

自分の才能の無さに嘆く人。

 

突然の悲劇に嘆く人。

 

また最初に日本に、

五重塔建設の技術を伝えようとするも、

地震の多い日本での困難さに苦労する人。

 

いろいろな人の逸話が書かれています。

前述しましたが、

人ではない動物のことを書いた話も?

 

 

また四天王寺五重塔には、

 

現代の建築学でも

解明されてない謎もある?

 

これをここで説明すると、

ネタバレになってしまいますので、

ここまでにしますね😅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに四天王寺は、

去年のサマソニの後、

大阪を散歩した時に訪れました。

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

その時四天王寺を訪れた事が

背景を理解する助けになってます。

 

あ、でも五重塔見てない…(笑)

 

現代の四天王寺五重塔はコンクリート建築らしいですが、

また大阪に寄ったら見ておかないと。

 

しかし日本では地震が頻発しますが、

 

五重塔地震で一度も倒れた事がないそう。

 

阪神大震災でも無事だったらしいです。

日本の木造建築技術はすごいんですね…。

 

「どうすごいのか?」はこの本を読むと、

もっと理解できるかも?

 

歴史小説としても、

建築の事を書いた本としても、

面白いと思います!

 

ぜひ読んでみてください!

 

 

 

 

 

しかし今年の梅雨は雨がたくさん降るでしょうか?

岡山県民としては去年ほどは降らずに程々に…という気分です。

あれ?

こんな感じの事、前にも書いたかな?😅

まあいいです。

かなり不安に思ってる大事な事なので😅

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BIBLIOPHILICのブックカバーを買った

 

 

 

こんにちは〜。

ここ数日、大分暑かったですが、

今は落ち着いてきたでしょうか?

5月は大抵真夏みたいに暑い日があるんですが、

今年はちょっと暑い期間が多くて、

気温の上がり具合も大きかった気がしますね。

 

さて、それはさておき今日はブックカバーについての話。

 

 

 

 

 

 

 

新書用のブックカバーを買った理由は?

 

僕のブログを読んでくれる皆さん、

多少はともかく本を読まれる方、

多いのでは?と思います。

突然ですが、

 

本屋さんで本を買った時、

紙のブックカバーを付けてもらいますか?

 

僕は文庫本サイズのブックカバーは持っているので、

それ以上の大きさの本には、

紙のブックカバーを付けてもらっていました。

 

ただ紙のブックカバーって、

その本を読み終えた後、

大概捨ててしまう事になりますよね〜😅

直後に中古で買った本とかあれば、

その本に再利用しますが、

大抵は捨ててしまうしかない。

「もったいないな〜」と、

いつも思っていました。

 

さらに本屋の店員さんに、

紙のブックカバーを巻いてもらう手間がかかり、

申し訳ない気がします。

 

 

そこで決心。

 

もう少し大きいサイズの

ブックカバーを買おう!

 

となりました。

 

 

 

 

どんなブックカバーを買った?

 

以前から、いつも買う本が無くても

ブラブラしている三省堂書店で、

文庫本より大きめで

オシャレな感じのブックカバーがあったので、

買ってみました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190530170157j:plain

 

BIBLIOPHILICというブランドの、

新書サイズの青いブックカバー。

 

新書サイズより大きい物はない様なので、

コレにしました。

(もし、コレより大きいサイズがあるのなら、

教えてください)

 

新書より大きいサイズの本は、

紙のブックカバーをしてもらう

しかないですか?

 

まあ元々本のカバーって汚れても良い様にある物だと思います。

ただ読まなくなった本をヤフオクで売る

場合もよくあるので、

本自体の表紙が汚れたりするのは気になります。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190530170148j:plain

 

裏地は白。

生地の素材が滑らかで好きです。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190530170139j:plain

 

たたんでみると、すごくシンプル。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190530171010j:plain

 

試しに呉座勇一先生の

応仁の乱を入れてみました。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190530171000j:plain

 

カバー左側に特に固定する部位がない分、

ここを緩ませて、

いろいろな本の分厚さに対応する様です。

ちなみに平山優先生の「武田氏滅亡」とか、

700ページもある分厚い新書は

入りませんでした😅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中古レコード屋さんがやっているブックカバーのブランド?

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190530170130j:plain

 

ちなみに、このBIBLIOPHILICというブランド、

ディスクユニオンがやっているんですね。

 

diskunion.net

 

ディスクユニオンは東京・大阪・横浜などにお店がある、

中古レコードのお店。

僕も渋谷と横浜のお店には行った事があります。

レコード屋さんがブックカバーって意外ですが、

 

レコードと本のグッズって、

そんなに遠い物ではない気もする???

 

そんなに違和感ない?

 

さらに、少し前にTwitterでこのブックカバーを紹介すると、

BIBLIOPHILICの公式アカウントさんに

取り上げてもらえました。

 

 

折角取り上げて頂いたので、

物もとても良いし、

もっと丁寧に紹介してみよう!

 

という事で今回ブログ記事にしてみました。

 

とても良い物なので大切に使いますね!

 

 

 

Amazonの広告にブックカバーはコレしか無かった…。

(カエレバでは出てきませんでした)

 

 

BOOKSACK DENIM ブックサック デニム (BLACK)

BOOKSACK DENIM ブックサック デニム (BLACK)

 

 

ブックサックってあるんですね。

これも気になる。

 

まあここから買うと色が選べないんで、

どこか扱っている本屋さんや

雑貨屋さんで買うのが良いと思います。

オススメです!

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

【サマーソニック2019】激しいバンドばかりでアゲアゲ!大阪8/18の気になるアーティスト5組を紹介!

 

 

 

 

 

 

こんにちは〜。

前の記事にも書きましたが、

 

暑いですね〜😅

 

北海道は最高35度になってるらしいですね😅

クーラーとかあるのかな〜?

大変そう😅

 

しかし、これだけ暑いと、

フェスに行きたくなりません?

 

f:id:tatsuyakawakami:20190526145803p:plain

 

サマーソニックも、

こないだチケットが一般発売されました。

 

しかし東京のチケットは、

既に売り切れた日もある模様!😲

 

 

正直、売り切れるほど豪華なラインナップでは、

無いと思います😅

しかし、やはり「2020年のサマソニは開催されない」

東京オリンピックで夏に幕張メッセが使えない)

ので、

 

「今年の内に楽しんでおかないと!」

 

と考えてる人が多いんだと思います。

 

というわけで今日はサマソニ関連の記事を書いてみます。

去年もやりましたが、

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

サマソニ大阪の、

大阪8月18日の日曜日の、

無名アーティストを紹介してみる記事。

 

「なぜ、この日?」と言われると、

単純に僕が行こうとしてる日だから。

 

すいません。

流石に自分が行かない日のアーティストを調べるのは、

ちょっと面倒くさいです😅

 

東京の8月16日の金曜日と同じアーティスト

という事になりますかね。

ただ、全アーティストを紹介するのは手間なので、

5組だけ厳選したいと思います。

僕の好みでグルーヴの強いアーティストを選んだつもりでしたが、

思ったよりもロックでアゲアゲなバンドばかりになりました。

そこをご了承ください。

 

では、いきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Grace Carter

 

youtu.be

 

 

ダークで暗い感じのR&B

 

異世界に引き込まれる感じが良いです。

 

屋内の涼しいステージで聴きたい音ですね〜。

 

サマソニでは外に出される可能性も無くはないですが、

屋内で期待!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pale Waves

 

youtu.be

 

ボーカルの女の子がゴスっぽい濃いメイク。

 

荒々しいラウド系のバンドかと思いきや、

蓋を開けてみればポップなロックでした。

初期のThe VerveThe 1975を彷彿とさせる、

涼しい音ですね。

 

夏には合いそう。

 

 

 

 

 

 

The Struts

 

youtu.be

 

僕が働いてる飲食店に、

QUEENMR.BIGが好きな50代の女の人がいます。

その人がこのThe Strutsを見るために、

初めてサマソニに行く事を決めたみたいです。

(「日差しを避ける所が無くて暑いですよ〜」

と忠告はしました)

以前単独のライブを見て、

ものすごくハマったそう。

 

いや実はかなり人気が出てきているバンド

じゃないでしょうか?

僕もこの記事を書くために初めて動画を見ましたが、

 

音が太めのカッコいいロック。

 

しかも全員イケメンですね〜。

人気出ますよ、多分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Michael Monroe

 

youtu.be

 

フィンランドのバンドだそうです。

ちょっと今の好みの音ではないですが、

 

軽快で若者向けな音。

 

でも案外耳に馴染むので紹介してみます。

夏にはこういうバンドも楽しく聴けますしね。

おじさんになったので大人しいバンドが好みですが、

 

夏にはアゲアゲなバンドの曲も

聴いた方が楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

Psychedelic Porn Crunpets

 

youtu.be

 

 

ジミ・ヘンドリクスも引き合いに出される、

ハードで骨太なギターリフ」。

 

サマソニHPからの引用です。

このバンドも独自の世界観がありそうで、

ライブを見るのが楽しみです。

しかし上の動画、

良い意味でバカっぽくて面白い(笑)

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

書いている内にどんどんテンポを上げる感じの記事

になったと思いますが、

どうでしたか?

 

「最近の僕の好みで選んだらソウルやR&Bが多くなるのでは?」

とこの記事を書く前は思っていました。

しかし蓋を開けてみると、

 

激しくギターを掻き鳴らす様な

ロックバンドが多かったですね!

 

この夏はロックでアゲアゲな夏になりそう!

 

今年のサマソニがどんな感じになるか、

シミュレーション出来た気がします。

個人的には、これにB’zとThe 1975が加われば、

楽しい夏になりそうです。

この中で一枚位は前もってCDを買ってみましょうか。

 

では、今日はこの辺で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恩田陸「まひるの月を追いかけて」

 

 

 

こんにちは〜。

 

何だか5月なのに暑いですね😅

 

とりあえず岡山は最高31度です😅

5月でこの暑さだと、夏には気温いくらになるんだろうなあ…😅

 

暑いのが、あまり好きではないので辛い😅

 

暑いと読書も進まなくなりますよね〜😅

 

僕、基本的に風呂で読むんですが、

暑くて読めたもんじゃない😅

夏に長風呂は出来ないですね〜。

 

下手クソな導入😅でしたが、

今日は本の記事です。

 

この本を読みました。

 

 

 

 

f:id:tatsuyakawakami:20190524181033j:plain

 

恩田陸さんの「まひるの月を追いかけて」。

 

僕の読書記事をよく呼んでくれる人は、

 

「カワタツさん、

恩田陸なんて読むの?」

 

と意外に思ってくれるかもしれません。

 

思ってくれた人…いないか😅

 

いてくれたら、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

この小説を手に取ったきっかけは?

 

僕自身、恩田陸さんの小説は20代前半の頃、

15年前位に読んで以来です。

その時読んだタイトルは忘れました…😅

 

こないだ奈良に行った時に泊まったホテルに、

 

 

tatsuyakawakami.hatenablog.com

 

 

奈良に関係する本が集めてあり、

その中にこの本がありました。

主人公の女性が、

奈良県の観光地を旅行する小説なんですよね。

 

恩田陸、奈良を舞台にした小説も書いてるんだ〜。

今度読んでみようかな〜」と思い、

こないだブックオフでこの本を見つけ、

読む事にしました。

 

 

 

 

 

奈良をどう旅行する小説?

 

(おそらく)30代の女性が主人公。

 

異母兄恋人の女性と一緒に、

 

奈良で消息を絶った異母兄を探しに、

奈良を旅する話。

 

異母兄が奈良を旅したルートが書かれた手帳が、

恋人の女性の元に送られてくるんですが、

その手帳に書かれている通りに旅行をするのです。

 

明日香奈良市法隆寺など、

僕も旅した場所に加え、

橿原神宮藤原京今井山辺の道など、

奈良の各地を旅して回ります。

読んでて行きたくなる所ばかりでした…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日香の橘寺がポイント?

 

さらに言うなら僕も訪れた、

 

明日香・橘寺の前の、

田んぼに囲まれた道が印象的。

 

表紙にも橘寺の前の田んぼの道が載ってますね。

 

f:id:tatsuyakawakami:20190524181033j:plain

 

余談ですけど、明日香(僕は「飛鳥」の方が好きですが)は、

甘樫丘(あまかしのおか)とか、

行ってない場所がまだ残ってるんで、

また行きたいです。

 

一見田舎だけど古墳だらけ。

そして昔は都があったという不思議な雰囲気。

 

また味わってみたいです。

 

 

 

 

 

どんな結末を迎える?

 

恩田陸さんの小説、「ミステリアスな雰囲気がすごいけど、

ミステリーではない」っていうのが共通してる印象だと思うんですが、

この小説もそう言う感じ。

でもラストで「え〜!この人!?」

みたいな驚きがありました。

別に人が殺されたりはしないんですけど、

ミステリアスな驚きがあります。

読んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

終わりに

 

いや〜しかし本当にこれから暑くなると、

読書がしにくくなりますね😅

読書好きには困る〜😅

6月はいっぱい雨が降ってくれると良いですね…。

 

…いや去年岡山県は豪雨でひどい事になったんで、

ほどほどで😅

 

それでは今日はこの辺で失礼します〜!